Webクリエイター

Webディレクター

Web Director

Webディレクターは、Webサイトを制作するにあたり指揮・管理を担当する職種です。

プロフェッショナル×つながる×メディア
CREATIVE VILLAGE

Webディレクターとは

将来性 ★★★★☆
平均年収 493万円
関連資格 Webディレクション検定
Web検定 – Webディレクション
など

など

代表的なキャリアステップ ・Webプロデューサー

Webディレクターは、Webサイトを制作するにあたり指揮・管理を担当する職種です。
Web制作の知識だけでなく、制作チームのスケジュール管理など、ディレクション能力が求められます。

Webディレクターになるには

Webディレクターの仕事には、WebデザイナーやWebエンジニア、プログラマーからキャリアアップして就く方が多いです。
しかし、Web業界未経験からの就職が不可能というわけではありません。Web制作の高度な技術や知識よりも、コミュニケーション能力や管理能力などが重要視される場合もあるためです。

必要なスキルとしては、プロジェクトの管理スキル、マーケティングスキル、コーディングスキル、どのようなサイトにするのか企画を提案するスキル、最先端のトレンドを感知するデザインスキルなどが挙げられます。

自分の持っていないスキルや能力があれば、積極的に勉強していくことが重要です。仕事の幅を広げられれば、採用のチャンスも増えるでしょう。

必須の資格はありませんが、「Webディレクション検定」「Web検定 – Webディレクション」「Googleアナリティクス個人資格(GAIQ)」などWebディレクターで活かせる資格は多数あります。

Webディレクターの将来性

経済産業省の『IT人材需給に関する調査(2019)』によると、IT人材の需給ギャップは、2030年には少なくとも16.4万人以上となる見込みです。国内の労働人口が減少する一方、IT需要は今後も増加傾向にあると推計されています。

新規にWeb業界に参入する人材が増えても、ある程度の経験が必要なWebディレクターが急激に増えることはありません。経験の浅いWebクリエイターをまとめる仕事として、今後さらにWebディレクターの需要が高まっていくことが予想されます。

Webディレクターの年収とキャリアプラン

Webディレクターの平均年収は493万円といわれています。
当然ながら会社によって幅はあります。特にここ十数年以内に設立したベンチャー企業と呼ばれる会社では給料に大きなばらつきがあります。

20代などWebディレクターを始めたばかりの場合は、まずアシスタントからキャリアを始めることが多いでしょう。先輩Webディレクターと共に行動して、どのような業務があるのかを学びながら業務のアシストをします。

Webディレクターに必要な能力が身についてきたら、まずは小規模のWebサイト制作でディレクターデビューをし、ゆくゆくは大きなプロジェクトに関わることになるでしょう。
経験を積み、担当するプロジェクトが大きくなるほど年収が上がっていきます。

その他、Webプロデューサーにキャリアアップすることで年収を上げる方法もあります。
Webプロデューサーは、Webサイトの企画立案と全体の管理をする職種です。Webディレクターは、Webサイトの制作に関する管理が担当ですので、より広い範囲のマネジメントをすることになります。根本的なWeb戦略から考えたいと思っている方は、プロデューサーを目指してみるのが良いでしょう。

無料
就業支援サービス
クリエイティブ業界に精通したエージェントが、お一人おひとりの転職活動をきめ細かくフォロー。会員にご登録いただくことで、社員や派遣から請負まで、さまざまな雇用形態の案件から最適な求人をご紹介します。
無料の就業支援サービスをご希望の方はこちら
より豊かなクリエイター人生を!
様々な知見・発見を得てください。
CREATIVE VILLAGEは、

クリエイターの生涯価値向上のため、
有益な各種コンテンツを発信しています。
BACK TO TOP クリエイター求人を探す