Webクリエイター

Webデザイナー

Web Designer

Webデザイナーは、Webサイトのデザインを担当する職種です。

プロフェッショナル×つながる×メディア
CREATIVE VILLAGE

Webデザイナーとは

将来性 ★★★☆☆
平均年収 440万円
関連資格 ウェブデザイン技能検定
Webクリエイター能力認定試験
など
代表的なキャリアステップ ・Webディレクター
・Webプロデューサー
・フリーランス(独立)

Webデザイナーとは、Webサイトのデザインを担当する職種です。
Webデザイナーの主な仕事内容は、大きく分類すると以下の4つです。

(1)サイトの要件を整理する
(2)ワイヤーフレームを作る
(3)デザインを作る
(4)コーディングする

(1)サイトの要件を整理する

要件の整理は、Webサイトのデザインで最も重要な作業です。
最初に「サイトのターゲットユーザー」「サイトの目的」「コンテンツの中身」を明確にすることで、デザインの方向性を決めます。

(2)ワイヤーフレームを作る

サイトの要件を元に、サイトのラフを作成します。サイトの完成図をイメージできるレベルで、ざっくりと書きます。

(3)デザインを作る

PhotoshopやIllustratorを使って、実際のWebサイトの見た目を作ります。スマホ時のデザイン、PC時のデザインと両方作成します。Webサイトにした時と、完全に同じ見た目になるように作るのがポイントです。

(4)コーディングする

HTMLやCSSなどを使って、実際のWebサイトを作成します。

Webデザイナーになるには

WebデザイナーはWeb業界未経験でも目指すことができる職種ですが、求人に応募する際に、必ずポートフォリオで過去の作品の提出が求められます。

未経験からWebデザイナーを目指す方も、作品を用意していくことになりますが、十分な質と量を確保できない場合も多いので、資格によって知識・スキルをアピールすることになります。

PhotoshopやIllustratorを使ってデザインするスキル、HTMLやCSSを使ってコーディングするスキルは身に付けておきましょう。

業務に関連する資格としては「ウェブデザイン技能検定」「Webクリエイター能力認定試験」「HTML5プロフェッショナル認定資格」「Photoshop®クリエイター能力認定試験」「Illustrator®クリエイター能力認定試験」「アドビ認定エキスパート」などがあります。
資格は必須ではありませんが、資格取得に際して得られる知識は、デザインやコーディングの幅を広げてくれます。
また、未経験者がWebデザイナーを目指す場合は、学習意欲があることをアピールするのにも役立つはずです。

Webデザイナーの将来性

経済産業省の『IT人材需給に関する調査(2019)』によると、IT人材の需給ギャップは、2030年には少なくとも16.4万人以上となる見込みです。国内の労働人口が減少する一方、IT需要は今後も増加傾向にあると推計されています。

なかでもWebデザイナーは需要の高い職種の一つです。
Webデザイナーの需要が急激に減少するとは考えにくいものの、Webデザイナー人口の増加やAIの普及によって、今後競争が激化するとは言われています。

長期的にWebデザイナーとして活躍したい方は、UI/UXデザインやマーケティングの知識のような付加価値を身に付けるなど、生き残りのための戦略が必要になるでしょう。

Webデザイナーの年収とキャリアプラン

Webデザイナーの平均年収は約440万円といわれています。
ただし、スキルや勤務先によって差がでやすいので、200万円ほど方もいれば、800万円近く稼がれる方もおり、年収には幅があります。

デザイン・制作のスキルに加えてUI/UXデザインやマーケティングの知識のような付加価値を身に付ければフリーランスデザイナーとして独立するのも選択肢になるでしょう。

デザイナーとしての知識とスキルを高めることで、年収の増加を目指しましょう。

またサイト制作の知見やノウハウを活かしてWebディレクターやWebプロデューサーにステップアップすることもできます。

無料
就業支援サービス
クリエイティブ業界に精通したエージェントが、お一人おひとりの転職活動をきめ細かくフォロー。会員にご登録いただくことで、社員や派遣から請負まで、さまざまな雇用形態の案件から最適な求人をご紹介します。
無料の就業支援サービスをご希望の方はこちら
より豊かなクリエイター人生を!
様々な知見・発見を得てください。
CREATIVE VILLAGEは、

クリエイターの生涯価値向上のため、
有益な各種コンテンツを発信しています。
BACK TO TOP クリエイター求人を探す