クリエイティブ業界の注目情報や求人情報などを発信する、クリエイターのための総合情報サイトです。
転職に有利なポートフォリオの作り方と制作フロー

転職に有利なポートフォリオの作り方と制作フロー

Webデザイナーとして転職を考えたとき、ポートフォリオは必須のツールです。
履歴書や職務経歴書は社会人としての経歴を記すものですが、ポートフォリオはどんなデザインをしてきたのか、クリエイターとしての個性をアピールするためのものです。
ポートフォリオは自己表現のツールのため、決まったフォーマットがありません。そのためどうやって作ればいいのか迷うことも多いのではないでしょうか。

そこで、Webデザイナーの転職になぜポートフォリオが必要なのか、ポートフォリオ作成の基本構成や、選ばれるポートフォリオのポイントをご紹介します。

ポートフォリオは自分を表現するもの

そもそもポートフォリオ(Portfolio)とは、「紙ばさみ」を意味する英語からきています。
「画家・写真家・デザイナーなどが自分の作品を整理してまとめたもの」「モデルなどが売り込み用の自分の写真を入れるもの」が元々の意味合いでしたが、総じて「個人の作品集」、就職や教育分野でも「自分を表現するための資料一切合切」をポートフォリオと呼びます。
つまり、ポートフォリオは「自分を表現するもの」と言えます。

なぜWebデザイナーの転職にポートフォリオが必要なのか

クリエイターの採用では、採用担当者自身もクリエイターというケースが多々あります。同じ職種の人に、「自分はこういう事ができる」「自分はこういう考え方ができる」ということを相手に表現するためにポートフォリオは必要になります。

ポートフォリオ自体がひとつの作品と考えることが大切です。
単純に作品を羅列するだけでは作り手の意思が見えないので判断が難しい、というのが採用者の本音です。
あれもこれも盛り込んで万人受けを狙うよりも、「この人になら、こういう分野の仕事を任せられそうだ」という事を連想させるポートフォリオが必要になります。

最低限ポートフォリオに載せるべき情報

ポートフォリオの構成サンプル
UNDERLINE(http://u-d-l.jp/works/works02/)

UNDERLINE(http://u-d-l.jp/works/works02/)

1.作品のメインビジュアル

全体の構成とテイストが一目でわかるビジュアルを載せましょう。細部のデザインについては別枠を設けるなどして補足をします。

2.プロジェクト名

担当したプロジェクト名と、WebサイトであればURLも掲載して実際の画面を確認できるようにしましょう。 サービスが終了している場合はその旨も記載しておけば問題ありません。

3.制作担当

自分がそのプロジェクトのどこを担当したのかを記載します。
IllustratorやPhotoshop、イラスト作成などのデザイン経験だけでなく、コーディングもできるのか、JavaScriptなどのプログラム領域も任せられる人材なのかなど、採用側はその人の力量を計る術になります。
自社メディアを運用する企業であれば、Wordpressの構築や改修ができる人材は評価が高い傾向にあります。

4.コンセプト

その作品やデザインは誰に向けてどのような点を意識して作られたものなのかを記載する必要があります。
ビジュアルだけでは判断できないポイントを読み手に伝えることが必要です。

5.工夫点

問題解決のために実施した施策、デザインでこだわったところなど工夫した点をアピールしましょう。

ポートフォリオ制作フローとポイント

何を載せるかの決定

過去の制作実績の中でも特に制作過程にこだわったものや、成果が出たものなどご自身の主要な作品をピックアップします。

採用担当者は数多くの応募作品や書類に目を通さないといけません。基本的にはパラパラと流し見されることを念頭に置いて、インパクトのあるものを前半にレイアウトしましょう。まずは目を引いて手を止めさせることが第一段階です。

作品数はだいたい5~10程度を載せます。
多すぎる作品数はひとつひとつの印象が薄くなってしまうデメリットがありますが、逆に少なすぎても実力を十分に判断できないというデメリットになってしまいます。
作品数が少ない場合は、モックアップでもいいので作成したデザインを載せましょう。

どこまで情報を載せるかの決定

まず何が望まれているか、どんな人材やスキルが求められているかを求人票などから読み取り、そのオーダーを意識して制作します。 例えば、企画力を求めている会社、スマホのスキルが要求されている会社など、 それぞれが求めているであろう経験・スキルを踏まえて、見合うようなものを記載します。

どのように見せるかの決定

選考が一人だけというのは稀で、他の方と比較されることを考え、オリジナリティを出しましょう。 比較された場合にオリジナリティがあれば、結果として他との差別化になり、印象に残るのです。

最適なパッケージ(サイズ等)の決定

一般的にはA3,A4のサイズで、縦か横かは、自分がどう見てもらいたいかによって決めます。例えば、プロジェクトの流れを見てもらう場合、横長などです。

通過率をあげるアプローチ手法

課題の趣旨やその解釈、ロードマップをポートフォリオに盛り込み、企画力をアピールするために思考プロセスをグラフやチャートなどのインフォグラフ化して見せるのも、評価が高かった事例です。

ポートフォリオのお手本

PRESENThttp://presnt.jp/

余白を効果的に使い、インタラクション要素を程よく組み込み、
世界観を壊すことなく見るものを引き付ける。

PRESENT TOP
ENFACTORY
ENFACTORY詳細
ADKCATEGORY TEAM

UNDERLINEhttp://u-d-l.jp/

グリッド状にデザインをまとめて情報を整理し、
欲しい情報へ迷うことなくたどり着ける導線設計。

UNDERLINE TOP
Tartaruga (婦人靴のセミオーダーシューズショップ)
UNDERLINE作品一覧
UNDERLINE作者プロフィール

NAOKI FUKUSHIMAhttp://fukushimanaoki.com/

大胆に余白を使用することで作品を際立たせ、
ひとつひとつがギャラリーを見ているかのような整然さを感じさせる。

フクシマナオキ TOP
tidur?
KOYANAGI DENTAL CLINIC
Business Hotel SUZUSHO

rumisugai design workshttp://rumisugai.com/

ファーストビューに一切無駄な要素を加えない、
すっきりとしたデザイン。

RUMI SUGAI DESIGN WORKS
KIDS FUNK
tokyobike WEB SITE
作品一覧

HASEGAWAHIROSHI.JPhttps://hasegawahiroshi.jp/

各所にインタラクション要素を組み込み、
サイトを見ること、操作することそのものを楽しくさせるデザイン設計。

HASEGAWAHIROSHI.JP
ジェイピーエッジ株式会社
サービス内容
はないろ

まとめ

Webデザイナーの転職になぜポートフォリオが必要なのか、ポートフォリオ作成の基本構成や、選ばれるポートフォリオのポイントをご紹介しました。
最後に、転職に有利なポートフォリオ制作のために必要な3つのポイントをまとめます。

  1. 見る人のことを考えながら、何をどうやって見せるかを決定
  2. 単にキャプチャを貼るだけでなく、制作意図や担当フェーズ等も忘れずに記載
  3. 制作過程におけるこだわったポイント等でアピール

これまでの実績をしっかりと伝えられるよう、ポートフォリオの制作に臨みましょう。

こちらもオススメ

関連記事