Webクリエイター

Webプログラマー・エンジニア

Web Programmer

Webサイトの設計・開発と運用・保守を担当する職種です。
Webエンジニアのなかでも、仕様書をもとに実際にプログラミングを行うのがWebプログラマーです。

プロフェッショナル×つながる×メディア
CREATIVE VILLAGE

Webプログラマーとは

将来性 ★★★★☆
平均年収 420万円
関連資格 情報処理技術者試験
システムアーキテクト試験
など
代表的なキャリアステップ ・Webディレクター
・Webプロデューサー

Webエンジニアとは、Webサイトの設計・開発と運用・保守を担当する職種です。
Webエンジニアのなかで、仕様書をもとに実際にプログラミングを行うのがWebプログラマーです。

Webプログラマー・エンジニアになるには

Webプログラマー・エンジニアになるには、当然ながらプログラミングスキルの習得が必要です。HTMLやCSSはもちろん、JavaScriptやPHPなどのプログラミング言語を扱えることが条件です。

必須の資格はありませんが、就職・転職に役立つ資格としては「情報処理技術者試験」「オラクルマスター」「システムアーキテクト試験」などがあります。
プログラミングの知識やこうした資格の取得に向けて独学で学ぶこともできますが、専門のスクールに通って、体系的に学習するのがWebプログラマー・エンジニアになる近道です。

実務が未経験であっても、学校での学習や独学で学んだ知識のみで受け入れてくれる企業もありますので、ある程度の知識が付いたらまずは業界に飛び込んでみるのが良いでしょう。

Webプログラマー・エンジニア向け採用説明会 RECRUITING BRIEFING

Webプログラマー・エンジニアの将来性

経済産業省の『IT人材需給に関する調査(2019)』によると、IT人材の需給ギャップは、2030年には少なくとも16.4万人以上となる見込みです。国内の労働人口が減少する一方、IT需要は今後も増加傾向にあると推計されています。
それに伴ってWebプログラマー・エンジニアの需要も増加傾向にあります。

Webプログラマー・エンジニアの年収とキャリアプラン

Webプログラマー・エンジニアの年収は約420万円です。
年代ごとにみると20代では約350万円、30代では約460万円、40代では約510万円となっています。
高単価な案件を受注できるスキルがあれば、1000万円以上稼ぐこともできる職種です。

年収を上げるためには、開発の上流から下流の工程まで、全体に関与できるスキルを身に付ける方法があります。
また、プログラマー・エンジニアとしてチームを指揮した経験を活かして、Webディレクターにキャリアチェンジする方も多いです。プログラミングの知識に理解があるディレクターは非常に需要が高いので、高年収が狙いやすい傾向にあります。

無料
就業支援サービス
クリエイティブ業界に精通したエージェントが、お一人おひとりの転職活動をきめ細かくフォロー。会員にご登録いただくことで、社員や派遣から請負まで、さまざまな雇用形態の案件から最適な求人をご紹介します。
無料の就業支援サービスをご希望の方はこちら
より豊かなクリエイター人生を!
様々な知見・発見を得てください。
CREATIVE VILLAGEは、

クリエイターの生涯価値向上のため、
有益な各種コンテンツを発信しています。
BACK TO TOP クリエイター求人を探す