Webクリエイター

Webプロデューサー

Web Producer

Webプロデューサーは、Webサイトの企画立案や全体の管理をする職種です。

プロフェッショナル×つながる×メディア
CREATIVE VILLAGE

Webデザイナーとは

将来性 ★★★★☆
平均年収 450~600万円
関連資格 Webプロデュース試験
マーケティング・ビジネス実務検定
など
代表的なキャリアステップ ・Webコンサルタント

Webサイトの制作といっても、売り上げを伸ばすことを目的にECサイトを作る場合や、会社の知名度を上げるためにブランドサイト・新商品のPRサイトを作る場合もあります。

クライアントの要望をヒアリングして、Webサイトで何を実現したいのかを明確にすることで、適切なWeb戦略を立て、プロジェクト自体の方針を決めることがWebプロデューサーの需要な役割です。

Webプロデューサーになるには

Webプロデューサーになるには、Webマーケティングの知識やプロモーション戦略の知識があることが第一条件です。
加えて、プロジェクトをまとめてスムーズに進行するためのマネジメントスキルも必要です。

そのため、Web業界でWebプロデューサーになる方は、Webディレクターからのキャリアチェンジがほとんどです。

しかし、必ずしも前職がWeb関係である必要はありません。広告代理店などでの営業経験を武器にして、Webプロデューサーに転職するケースもあります。
営業職としてのマーケティングの知識や、クライアントの要望を把握するためのスキルは高く評価される場合もあるので、Web関連の知識もあることをしっかりアピールできれば、業界未経験でも転職することができます。

Webプロデューサーに必須の資格はありませんが、「Webプロデュース試験」「マーケティング・ビジネス実務検定」「ネットマーケティング検定」「ウェブ解析士」などの取得にあたって得られる知識は業務のうえで大いに役立つでしょう。

また、デザインや技術に関する知識や自分で手を動かせるスキルがあれば、現場でのクリエイターとの連携がスムーズになるというメリットもありますので、「ウェブデザイン技能検定」「基本情報技術者試験」などの取得も良いでしょう。

Webプロデューサーの将来性

経済産業省の『IT人材需給に関する調査(2019)』によると、IT人材の需給ギャップは、2030年には少なくとも16.4万人以上となる見込みです。国内の労働人口が減少する一方、IT需要は今後も増加傾向にあると推計されています。

新規にWeb業界に参入する人材が増えても、ある程度の経験が必要なWebプロデューサーが急激に増えることはありません。
Web戦略が多様化する中で、広い知識を持って適切な運用方針を決定し、経験の浅いWebクリエイターをまとめる仕事として、今後さらにWebプロデューサーの需要が高まっていくことが予想されます。

Webプロデューサーの年収

Webプロデューサーの平均年収は、約450~600万円というケースが多いです。
Webプロデューサーの仕事は幅広く、スキルと経験がものをいう仕事です。
そのため、スキルの高いWebプロデューサーは、1000万円近い高収入になる場合もあります。
実力主義の大変さはありますが、自分の意欲と能力次第で収入アップが期待できる仕事だといえるでしょう。

無料
就業支援サービス
クリエイティブ業界に精通したエージェントが、お一人おひとりの転職活動をきめ細かくフォロー。会員にご登録いただくことで、社員や派遣から請負まで、さまざまな雇用形態の案件から最適な求人をご紹介します。
無料の就業支援サービスをご希望の方はこちら
より豊かなクリエイター人生を!
様々な知見・発見を得てください。
CREATIVE VILLAGEは、

クリエイターの生涯価値向上のため、
有益な各種コンテンツを発信しています。
BACK TO TOP クリエイター求人を探す