プロフェッショナル×つながる×メディア
CREATIVE VILLAGE

フリーランスで映像クリエイターの仕事をする時のメリット

フリーランスとして映像クリエイターの仕事がしたいけれど、「フリーランスにはどのようなメリット・デメリットがあるのか」「フリーランスになる場合に仕事はどうやって獲得すれば良いのか」など不安に感じる方も多いですよね。

フリーランスは自由に仕事ができることが魅力ですが、その反面、営業など仕事に関わるすべての工程を自分でこなす必要があり、収入面においての個人差が大きい働き方です。

そこで今回は、これからフリーランスの映像クリエイターを目指す方が知っておきたいメリット・デメリット、仕事の獲得方法などをご紹介します

1 フリーランスの映像クリエイターになるメリット・デメリットは?

1つの企業にとらわれず自分のペースで働けるフリーランスは、自由に仕事ができることがメリットですが、すべての工程を自分で行なわなければならないなどのデメリットもあるでしょう。

ここでは、フリーランスになったときのメリット・デメリットを詳しく紹介します。

1.1 フリーランスのメリット

映像クリエイター フリーランス

フリーランスになると企画から製作まで自分で行なうことができるため、大きなやりがいと感じられるでしょう。

また、実力と営業力を身に付ければ大きく稼げる可能性があり、会社員より高収入を得ることも夢ではありません。さらに、働き方や生活スタイルを自分で決められる点も魅力的です。

1.2 フリーランスのデメリット

企業に所属していたときと違い、フリーランスは自力で仕事を獲得しなければならないため収入が不安定になりやすいことがデメリットです。

効果的なポートフォリオを制作してアピール力を高めたり、新しいスキルを習得したりするなど自助努力が必要になります。フリーランスになる前段階として、企業で実績や経験を積むのもよいでしょう。

また、仕事上でのトラブルについても、すべて自分で対処しなければならないのがフリーランスです。

例えば、体調不良や機械のトラブルなどで納期に間に合わないケース、著作権や支払いなど契約上の問題などが考えられます。

すべてのトラブルを未然に防ぐことはできませんが、トラブルに備えて対処法を考えておく必要があるでしょう。

2 フリーランスの人はどうやって仕事を獲得しているの?

フリーランスにとって、仕事の獲得は生活に直結する重要事項です。ここでは、実際にフリーランスがどうやって仕事を獲得しているのかを紹介します。

2.1 クラウドソーシングを利用する

フリーランスとして仕事の実績が作りやすいのは、仕事を頼みたい人と受けたい人のマッチングができるクラウドソーシングです。

手数料が発生するところが多く一つひとつの単価は安めになりますが、初心者でも仕事が見つけやすいことが特徴です。

実績を積むことで単価が上がり、収入アップにつながったり企業へ直接交渉するときの強みになったりするでしょう。

評価が上がれば継続的に依頼が来ることもあり、収入を安定させやすいこともメリットです。

2.2 直接企業に営業をかける

映像クリエイター フリーランス

すでに映像クリエイターとしての実績があれば、直接の企業に営業するのも有効な方法です。

直接企業に営業をかける場合は、興味がある企業をリサーチし、メールや問い合わせフォームなどで連絡を取ります。

その際、過去に手がけた作品を企業に見せられるようにポートフォリオを用意しておきましょう。

Web上でポートフォリオを制作すれば、企業にURLを送るだけで作品を見てもらえます。

2.3 知人からの紹介で仕事を獲得

映像業界に知り合いを作っておくと、横のつながりで仕事を紹介してもらえることがあります。

業界内で仕事を紹介することは少なくないので、映像クリエイターのコミュニティに所属しておくとよいでしょう。

コミュニティは多く存在しているため、自分と合いそうなコミュニティを探してください。

紹介から仕事につながるのは喜ばしいことですが、知人からの紹介といえ口約束で依頼を受けるとトラブルの原因になる恐れがあります。

契約書を交わすことを忘れないようにしましょう。

2.4 ブログやSNSで発信

制作した映像をブログやSNSで発信すれば、目にとまった企業やクライアントから直接依頼が来ることがあります。

ブログやSNSは、自分のスキルやセンスを活かして自由に制作でき、実力をアピールしやすいことが魅力です。ブログ内に実績がわかるポートフォリオを制作しておくのもよいでしょう。

YouTubeやInstagram、TwitterなどSNSは拡散力が高いため、人気が出れば多くの人の目にとまります。

ブログやSNSは無料で開設できるものも多くあるので、映像クリエイターとしての活動を発信していきましょう。

3 フリーランスの映像クリエイターに必要なスキルって?

フリーランスの映像クリエイターになる場合、どのようなスキルが必要なのでしょうか。ここでは、すべて自分で行なうフリーランスだからこそ必要なスキルを4つ紹介します。

3.1 映像編集のスキル

映像クリエイターとして活動するなら必須のスキルです。映像編集の技術は日々進歩しているため、常に最新の技術をリサーチして取り入れるなどアップデートが必要となってきます。

編集スキルを磨くうえで、YouTubeの広告やアニメーションなど得意なジャンルを作っておけば、仕事を獲得するときのアピールにもつながるでしょう。

また、多くの映像クリエイターが使用しているAdobe系のソフトを使いこなせるようになると、クオリティの高い映像を制作できます。

3.2 撮影スキル

編集スキルと同様に重要なのが撮影スキルです。ある程度良い機材を使えば撮影自体は可能ですが、それでも最低限の撮り方などは学んでおかないと、満足のいく映像を撮影できません。

操作方法を覚えたら手振れを防ぐ方法や、被写体をよりきれいに撮影する技術も覚えていきましょう。安定して撮影ができれば、動画編集での調整などの作業を減らせるので制作効率も良くなります。

3.3 音響スキル

映像の制作には音響も重要なスキルです。音響は作品のイメージを左右する要素となるため、こだわって撮影や編集をした映像の音響が雑だと、一気にクオリティが下がってしまいます。

映像の制作には最低限の音響に関する知識が必須です。そのうえで、よりクオリティの高い映像を作るため徐々に音響スキルを向上させましょう。

3.4 営業スキル

営業スキルは仕事中だけでなく、仕事を獲得するときにも重要です。コミュニケーションがとれないと仕事の獲得が難しくなり、契約できたとしてもクライアントとのやり取りにも影響が出ます。

フリーランスになると基本的には自分一人で制作しますが、クライアントによってはチームで制作することもあるでしょう。いろいろな人と関わるため、接客スキルや営業スキルを学んでおくとスムーズに仕事を進められます。

4 映像クリエイターのフリーランス案件を見てみよう!

映像クリエイターとしてフリーランスになると自由に仕事ができるだけでなく、企業に所属しているときよりも収入を増やせる可能性もあります。

ただし、フリーランスとして多くの収入を得るためには映像制作のスキルはもちろん、営業力を磨いて仕事を獲得していかなければなりません。

フリーランスになったあとに「うまく仕事が獲得できない」ということにならないよう、クリエイティブ業界に精通している「CREATIVE VILLAGE」で悩みや不安を相談してみてはいかがですか。

映像クリエイターのフリーランス案件も多くあるので、希望や適性に合った納得のいく案件を見つけることができるでしょう。

著者情報
株式会社クリーク・アンド・リバー社
メディア・セクション
CREATIVE VILLAGEは、クリーク・アンド・リバー社※が運営する クリエイティブ業界に特化した情報を扱うメディアです。 クリエイターへのインタビューやコラム、各種セミナー、イベントなど、 ここでしか知ることのできない情報をお届けします。
監修
CREATIVE VILLAGE編集部
無料
就業支援サービス
クリエイティブ業界に精通したエージェントが、お一人おひとりの転職活動をきめ細かくフォロー。会員にご登録いただくことで、社員や派遣から請負まで、さまざまな雇用形態の案件から最適な求人をご紹介します。
無料の就業支援サービスをご希望の方はこちら

いま、映像クリエイターの求人が増えています。

多くの企業で人材難となっている映像クリエイター。
「急成長につき、ADや動画クリエイターがとにかく足りない」「優秀なディレクターを高待遇で探している」そんな企業からのご相談が多数寄せられています。

移り変わりの早い転職市場。キャリアアップ・年収アップのチャンスをお見逃し無く!

より豊かなクリエイター人生を!
様々な知見・発見を得てください。
CREATIVE VILLAGEは、

クリエイターの生涯価値向上のため、
有益な各種コンテンツを発信しています。
BACK TO TOP クリエイター求人を探す