プロフェッショナル×つながる×メディア
CREATIVE VILLAGE

ゲームプログラマーになるには?有利な資格や求められる能力を紹介

ゲームを作れる「ゲームプログラマー」に憧れている方は多いです。しかし、ゲームプログラマーになるには、様々なスキルを習得する必要があります。また、本職にするべく求職活動を成功させる上で、有利になる資格も把握しておくべきです。そこで本記事では、これからゲーム開発を学び始める方向けに、ゲームプログラマーを目指す上で知っておくべき情報を一通りお伝えします。

ゲームプログラマーとは

打ち合わせ風景

企業でのゲーム開発では、様々なメンバーが役割分担しながら1つのゲームを作り上げていきます。その中でも、ゲームのプログラム作成を担当する仕事がゲームプログラマーです。ゲームプログラマーは、プログラミング言語やゲーム開発に役立つプログラム、いわゆるゲームエンジンなどを用いて、プログラムを記述していきます。

とはいえ、作るゲームの内容や方向性をゲームプログラマーが決めるわけではありません。ゲームプログラマーは、「ゲームプランナー」が作成した企画書や仕様書に沿ってプログラムを記述します。それゆえに、ゲームプランナーが仕様を作成する際には、ゲームプログラマーと打ち合わせを行うことも珍しくなく、主に技術的な見地でアドバイスを行うなどします。

ゲームプログラマーが作成したプログラムは、別のメンバーがバグをなくす作業であるデバッグやテストを行うことが多いでしょう。それほど大規模でない開発チームでは、ゲームプログラマーがデバッグなどを兼任することもあります。ゲームプログラマーの仕事内容や年収についてもっと詳しく知りたい方は、こちらの記事もご覧ください。

関連記事:ゲームプログラマーの真実 | 仕事・年収について語る

ゲームプログラマーになるには

PCを囲む人々

ゲームプログラマーとしての働き方には、大きく分けて「チーム開発」「個人開発」の2種類あります。チーム開発は、ゲーム開発会社へ就職・転職して、開発チームに所属する働き方です。一方の個人開発は、フリーランスとして自ら案件を受注、または独自に開発したゲームを販売する働き方です。

ただし後者については、基本的に自分だけで仕事獲得や収益化をしていく必要があり、ハードルはかなり高いといえます。個人開発を始めるとしても、チーム開発でそれなりに経験を積んだ方が独立するケースが多いでしょう。

よってゲーム開発初心者・未経験者には、前者のチーム開発を目標として狙いにいくことを推奨します。ゲーム開発会社に就職・転職してチーム開発を実現する方法は、主に下記の3つです。

  • 独学でプログラミング言語を学ぶ
  • 大学や短大の情報系学科で学ぶ
  • 専門学校でプログラミングを学ぶ

1つずつ、順番に解説します。

独学でプログラミング言語を学ぶ

ゲームプログラミングを学べる参考書や学習サイトは、時代とともに多くなっています。こうした教材を用いれば、ゲーム開発に必要なスキルを独学で学ぶことも可能です。

独学のメリットとしては、コストを抑えやすい点や、自分のペースで学べる点が挙げられます。一方で、周りのサポートを受けられないために挫折しやすいのが最大のデメリットです。独学の場合は、教材選びから学習計画、進捗管理、問題の解決まで、全て自分だけで行わなければなりません。

またスキルの習得に成功したとしても、求職活動も自分で行う必要があります。ゲーム開発会社に上手くアピールできないと、ゲーム開発の実務経験を持たない方が求職活動を成功させることは難しいでしょう。スキル習得や求職活動に不安のある方には、スクールの利用をおすすめします。

大学や短大の情報系学科で学ぶ

大学や短大の情報系学科では多くの場合、プログラミングを学べます。これから進路を決める方であれば、プログラミングを学べる情報系学科に進学するのも1つの手段です。

ただし、あくまで学問としてプログラミングを学ぶという側面が大きく、専門学校ほど実践的なスキルは習得できないこともあります。また、かつてそれほど活発ではなかった分野であるため、専門学校ほど企業とのつながりなく、独学と同様に求職活動のサポートをほとんど受けられないのもデメリットです。一方で、ゲームプログラミング以外のことも学べるメリットはあります。「興味はあるけど、まだゲームプログラマーだけには絞れない」という方におすすめです。

専門学校でプログラミングを学ぶ

プログラミングを学べる専門学校に入学するのも有力な手段です。ゲーム開発を実践できる学科もあり、大学や短大と比べて専門的なスキルを身につけられるメリットがあります。また、就職サポートが充実している専門学校も多く、ゲーム開発会社への就職・転職を成功させやすいでしょう。

一方で、プログラミング以外のことはほとんど学べないデメリットもあります。目標がまだ明確になっていない学生の方は、大学や短大の情報系学科に進学することも考えると良いでしょう。なお高校を卒業していれば、社会人でも専門学校には入学できます。

ゲームプログラマーになるために有利な資格

資格(ファイリング)

ゲームプログラマーに必須の資格はありませんが、持っていると求職活動が有利に働く資格はあります。ここでは、ゲームプログラマーを目指す方におすすめの資格を3つご紹介します。

基本情報技術者試験

高い知名度を持つ国家資格で、ITに関する幅広い知識を証明できます。ゲームプログラマーに限らず、IT業界を目指す方なら持っておきたい資格です。

C言語プログラミング能力認定試験

サーティファイ情報処理能力認定委員会が認定している資格です。C言語の知識やプログラミングスキルを証明できます。C言語は、ゲーム開発で良く使われる「C++」や「C#」のベースとなっているプログラミング言語です。そのため、持っていれば幅広い現場で役に立つでしょう。

Java™️プログラミング能力認定試験

こちらも、サーティファイ情報処理能力認定委員会が認定している資格です。Javaの知識やプログラミングスキルを証明できます。Javaは汎用性が高く、Webブラウザを用いる「ブラウザゲーム」などのゲーム開発で使われることもあるプログラミング言語です。ゲーム以外の開発分野にも興味がある方は持っておくと良いでしょう。

ゲームプログラマーに求められる能力

打ち合わせ風景

ゲームプログラマーに求められる主な能力は、下記の3つです。

  • プログラミング言語の知識
  • ゲーム開発の技術
  • コミュニケーション能力

それぞれ、順番に解説します。

プログラミング言語の知識

昨今では「ゲームエンジン」を用いることで、プログラミングなしでもある程度はゲーム開発が可能となりました。とはいえ、高品質なゲームを開発する上でプログラミング言語の知識やスキルは、やはり欠かせません。

開発するゲームの種類によって、必要となるプログラミング言語は異なります。たとえば、家庭用ゲーム機を用いる「コンシューマーゲーム」なら、前述したC++やC#が使われることが一般的です。ブラウザゲームなら「JavaScript」や「PHP」、前述のJavaなどが使われます。

このようにゲームの開発言語は多岐にわたるため、全てを取得しようとすると途方もない時間がかかってしまいます。どんなゲームを開発するのか明確にして、学ぶプログラミング言語を絞りましょう。

ゲーム開発の技術

当然ながら、プログラミング言語だけでなくゲーム開発の知識やスキルも必要不可欠です。開発するゲームの種類に応じた知識はもちろん、Unityなどのゲームエンジンを使うスキルも求められます。

特に求職活動では、実践的なスキルが重視されるケースがほとんどです。ゲーム開発の実践スキルを証明するために、ポートフォリオとしてオリジナルゲームの提出を求める企業もあります。それほど自分でゲームを作れるように実践経験を重ねることが、ゲームプログラマーになることにおいて大切です。

コミュニケーション能力

開発の現場でゲームプログラマーとして働くなら、コミュニケーション能力も必須です。ゲームプランナーを始めとした多くのメンバーと上手く連携できなければ、完成度の高いゲームは開発できません。

それゆえに、仕事上ミーティングで仕様をすり合わせる場面も多くあります。相手の意見をヒアリングしたり、自分の意見を正確に伝えたりしながら、円滑なコミュニケーションを取ることが大切です。

ゲームプログラマーに向いている人

絵を書く子供

ゲームプログラマーに向いている人の主な特徴は、下記の3つです。

ゲームが好き

当然ながら、ゲームが好きであることは大前提です。ゲーム開発に限らず、好きではない仕事でモチベーションを維持することは容易ではありません。

忍耐力がある

チームで1つのゲームを作り上げていく過程で、多くの苦労がともないます。時にはチームメンバーと対立したり、残業が続いたりすることもあるでしょう。様々な苦労を乗り越えるために、忍耐力がある人の方が向いています。

人と関わるのが好き

前述の通り、現場でゲームを開発していく上で、チームメンバーとの関わりが欠かせません。人と関わるのが好きでない人だと、日々のコミュニケーションが苦行に感じてしまうこともあります。

未経験からでもゲームプログラマーになれるか

結論からいえば、未経験からでもゲームプログラマーにはなれます。ただし、プログラミングなどの必須スキルを身につけることが絶対条件です。ゲーム開発について学べる教材も多く存在するものの、独学では周りに相談できず挫折してしまう方がほとんどです。

また、ゲーム開発の実務経験がないと、求職活動ではどうしても不利になりやすいといえます。資格やポートフォリオ(自分のプログラム作品集)を用意して、上手くアピールポイントを作ることも欠かせません。

未経験の方が、スキル習得や求職活動を自力で成功させるのは至難の業です。やはり専門学校などで人から教わる方が賢明でしょう。

ゲームプログラマーになるならGame Engineer Academy

ゲームエンジニアアカデミー

ゲーム開発を学べる専門学校も多く存在するものの、入学金や授業料など多くのコストがかかります。また、専門学校だと2年程度は通い続ける必要があり、すぐにゲームプログラマーになることはできません。

コストをかけずに、かつ短期間でゲームプログラマーになるなら、「Game Engineer Academy」がおすすめです。完全無料&完全オンラインでゲーム開発を学べるスクールで、就職支援も充実しています。数か月の徹底した学習で夢を叶えられるでしょう。

「1日でも早く、お金をかけずにゲームプログラマーになりたい」という方は、ぜひGame Engineer Academyをご利用ください。

まとめ

今回は、これからゲーム開発を学び始める方向けに、ゲームプログラマーを目指す上で知っておくべき情報を一通りお伝えしました。

ゲームプログラマーとは、ゲームのプログラムを作成する仕事です。プログラミングやゲーム開発のスキルはもちろん、チームメンバーと円滑にコミュニケーションを取る能力も求められます。また、目指している方におすすめの資格としては、基本情報技術者試験やC言語プログラミング能力認定試験などが挙げられます。

独学でゲーム開発を学ぶ方法もありますが、周りに相談できないため挫折しやすいのが難点です。挫折せずにゲームプログラマーを目指すなら、専門学校などで人に教わる方が良いでしょう。ただし、専門学校だとそれなりのコストや時間がかかります。コストをかけずに短期間でゲームプログラマーを目指す方は、完全無料&完全オンラインのGame Engineer Academyの利用を考えましょう。

著者情報
株式会社クリーク・アンド・リバー社
メディア・セクション
CREATIVE VILLAGEは、クリーク・アンド・リバー社※が運営する クリエイティブ業界に特化した情報を扱うメディアです。 クリエイターへのインタビューやコラム、各種セミナー、イベントなど、 ここでしか知ることのできない情報をお届けします。
監修
CREATIVE VILLAGE編集部
ゲームエンジニアアカデミー

C&R Game Engineer Academy

C&R Game Engineer Academy では、C++の学習から Unreal Engine4 の応用までゲームプログラミングの基礎的な知識から実用的なスキルまでを無償で学ぶことができます。

より豊かなクリエイター人生を!
様々な知見・発見を得てください。
CREATIVE VILLAGEは、

クリエイターの生涯価値向上のため、
有益な各種コンテンツを発信しています。
BACK TO TOP クリエイター求人を探す