ゲームクリエイター

ゲームプログラマー

Game Programmer

ゲームプログラマーとは、企画や仕様に合わせてゲームが動くようにプログラムを組むクリエイターのことを指します。

プロフェッショナル×つながる×メディア
CREATIVE VILLAGE

ゲームプログラマーとは

将来性 ★★★★☆
平均年収 490万円
関連資格 C言語プログラミング能力認定試験
Java™プログラミング能力認定試験
など
代表的なキャリアステップ ・ゲームプランナー
・ゲームディレクター
・ゲームプロデューサー

ゲームプログラマーとは、企画や仕様に合わせてゲームが動くようにプログラムを組むクリエイターのことを指します。
ゲームの企画が実現可能か、企画などの上流工程から仕様の決定、開発まで幅広く業務に関わる場合もあります。

ゲームプログラマーになるには

ゲームプログラマーになるには、当然ですがプログラミングができることが必須です。
中小のメーカーでは慢性的な人手不足により初心者でも受け入れてくれる会社もありますが、やはりプログラミングを経験した人の方が就職には有利です。

プログラミングは独学で学ぶこともできますが、学校やスクールに通うのが良いでしょう。社会人の方でも働きながら通えるスクールもありますので、現職を辞めずに学習を進めることができます。

学習する言語については、自身が作りたいのがスマートフォンアプリなのか、コンシューマーゲームやブラウザゲームなのか、VRを使うのかなどによって変わってきます。
ゲーム業界でよく使われているのは、C#やC++、Unity などのプログラミング言語です。
携わりたいゲームの種類や入社したい会社をリサーチしてから学ぶ言語を決めましょう。

資格に関しては、ゲームプログラマーになるのに必須のものはありません。とはいえ、知識やスキルを示す手段として有効ですので、「基本情報技術者試験」「C言語プログラミング能力認定試験」「Java™プログラミング能力認定試験」などを取得するのも良いでしょう。

ゲームプログラマーの将来性

(画像引用:グローバルゲーム マーケットレポート2021)
株式会社角川アスキー総合研究所が発表した、世界のゲーム市場の調査レポート「グローバルゲームマーケットレポート2021」によると、世界のゲーム市場規模は毎年順調に成長しており、2023年には2065億ドルに到達するといわれています。

ゲーム制作に欠かせないゲームプログラマーの需要も、ゲーム業界の成長とともに増加していくと予想されています。

ゲームプログラマーの年収とキャリアプラン

ゲームプログラマー全体の平均年収は約490万円といわれています。
ゲームプログラマーはクリエイティブな業界の印象に反して、大手のゲーム会社は年功序列なことが多いです。
また、ソーシャルゲーム業界とコンシューマーゲーム業界の平均年収には差があり、ソーシャルゲーム業界の方がやや高くなっています。

年収に差が出るひとつの要因は、ヒット作の売り上げ規模にあります。売り切りのコンシューマーゲームと違い、ソーシャルゲームは、ゲーム性を大きく変えるほどのバージョンアップにより、数年にわたり同一ゲームで利益を生みだすことが可能です。そのため、1本のヒット作が莫大な利益をもたらすことも少なくありません。

どちらの業界も基本給は変わらなくとも、利益をボーナスという形で還元されることの多いソーシャルゲーム業界は、相対的に年収が高くなる傾向があります。

ゲームプログラマーとして年収を上げる方法は、スキルを高めてメインプログラマーとして開発チームの中心になる方法があります。

プログラマーから別の職種に転職する場合は、プランナーやディレクター、その先のプロデューサーなどの企画職を目指すこともできます。

無料
就業支援サービス
クリエイティブ業界に精通したエージェントが、お一人おひとりの転職活動をきめ細かくフォロー。会員にご登録いただくことで、社員や派遣から請負まで、さまざまな雇用形態の案件から最適な求人をご紹介します。
無料の就業支援サービスをご希望の方はこちら
より豊かなクリエイター人生を!
様々な知見・発見を得てください。
CREATIVE VILLAGEは、

クリエイターの生涯価値向上のため、
有益な各種コンテンツを発信しています。
BACK TO TOP クリエイター求人を探す