ゲームクリエイター

ゲームプランナー・ゲームプロデューサー

ゲームプランナーとは、新しいゲームを作る時に必要な企画書や仕様書を準備する仕事です。

プロフェッショナル×つながる×メディア
CREATIVE VILLAGE

ゲームプランナー・ゲームプロデューサーとは

将来性 ★★★★☆
平均年収 350~900万円
関連資格 CGクリエイター検定
Illustrator®クリエイター能力認定試験
など
代表的なキャリアステップ ・ゲームディレクター
・ゲームプロデューサー

ゲームプランナーとは、新しいゲームを作る時に必要な企画書や仕様書を準備する仕事です。ゲーム全体に関係するルールやキャラクター、画面レイアウト、シナリオ作成など細かい部分の設定にも関わります。

ゲームの企画段階から活躍する職種としては、ほかにゲームプロデューサーやゲームディレクターがあります。

ゲームディレクターはゲーム開発の監督・リーダーです。開発に関わる制作スタッフをまとめ、企画から完成までのスケジュール管理などを担当します。

ゲームプロデューサーは、予算・スケジュール・人員編成などゲーム開発を統括する仕事です。ディレクターがゲーム開発において制作の現場を担当するのに対して、プロデューサーはプロジェクト全体を統括します。

ゲームプランナー・ゲームプロデューサーになるには

ゲームプランナー・ゲームプロデューサーになるのに必要な資格はありませんが、制作段階ではデザイナーやプログラマーとも連携しながら作業を進めていくため、デザインやCG、プログラミング知識も持っているとコミュニケーションがスムーズになります。

また、CGデザインに関わる資格をもっていると一定の評価を得られる会社もあります。
そうした資格としては「CGクリエイター検定」「Illustrator®クリエイター能力認定試験」「Photoshop®クリエイター能力試験」「基本情報技術者試験」などがあります。

ゲームプランナーはゲーム業界における経験と知識が不可欠です。未経験からゲームプランナーとして活躍するまでには時間と努力が必要です。
専門学校にゲームプランナー学科がある場合もあるので、学生の場合はそうした学校へ行くのがゲームプランナーへの近道といえます。

ゲームプロデューサーやディレクターもゲーム業界未経験からなるのは難しいです。
まずは業界での経験を積む必要があります。
プランナーやデザイナー、プログラマーとして活躍されている方が、マネジメントや制作の管理を学びキャリアチェンジすることが多いです。

ゲームプランナー・ゲームプロデューサーの最新記事 NEWEST POST

ゲームプランナー・ゲームプロデューサーの将来性

(画像引用:グローバルゲーム マーケットレポート2021)
株式会社角川アスキー総合研究所が発表した、世界のゲーム市場の調査レポート「グローバルゲームマーケットレポート2021」によると、世界のゲーム市場規模は毎年順調に成長しており、2023年には2065億ドルに到達するといわれています。

ゲームプランナー・ゲームプロデューサーは、制作のうえで欠かせない仕事なので、ゲームの制作本数が増えれば、ゲームプランナー・ゲームプロデューサーの需要も増加していきます。

また、ゲームの制作本数だけでなく、それぞれのゲームの開発費も高騰が続いており、ソーシャルゲームであっても、開発費が数億円規模で、家庭用ゲームに見劣りしないグラフィック表現が求められるケースも増えてきました。
プロジェクトが大きくなるにつれて、予算配分をはじめ全体の管理を行うプロデューサー、ディレクターの責任と重要性も高まります。
今後も開発費高騰の傾向は続くと見込まれているため、さらに責任とやりがいのある仕事になっていくでしょう。

ゲームプランナー・ゲームプロデューサーの年収とキャリアプラン

ゲームプランナーの年収は350から700万円、ゲームプロデューサーは400から900万円、ゲームディレクターは400から700万円といわれています。
ただし、いずれの職種も年功序列よりも実力重視の傾向が強く見られますので、経験や担当する作品によっては1000万円を超える年収も十分に狙えます。

無料
就業支援サービス
クリエイティブ業界に精通したエージェントが、お一人おひとりの転職活動をきめ細かくフォロー。会員にご登録いただくことで、社員や派遣から請負まで、さまざまな雇用形態の案件から最適な求人をご紹介します。
無料の就業支援サービスをご希望の方はこちら
より豊かなクリエイター人生を!
様々な知見・発見を得てください。
CREATIVE VILLAGEは、

クリエイターの生涯価値向上のため、
有益な各種コンテンツを発信しています。
BACK TO TOP クリエイター求人を探す