タイ出身のカンヤーニーさんは、専門学校でゲーム制作技術を身につけ、2020年4月にクリーク・アンド・リバー社(以下C&R社)に入社しました。

入社3ヵ月ですでにメインエンジニアとして新タイトルのゲームを開発していると言います。その成長の秘訣はどこにあるのでしょうか。

また安全な日本の生活が気に入っているカンヤーニーさんですが、どうしても慣れないこともあるそうです。

C&R社 デジタルコンテンツ・グループ社員

株式会社クリーク・アンド・リバー社 デジタルコンテンツ・グループ(以下DG)
エンジニア/カンヤーニーさん(Kanyanee)


タイ・バンコク出身。アニメをきっかけに日本に興味を持ち、大学では専攻の英語とは別に日本語も学習、3年生のときに交換留学で青山学院大学へ。
留学中に日本でゲームの仕事をすることを決意し、タイの大学を卒業後、再来日して2年間、専門学校でゲーム制作を学んだ。

いつでも質問ができる環境で、自分でやってみることを意識

──入社して3か月。今のお仕事内容を教えてください。

DGのTechチーム(ゲームプログラムを専業で行っている)に所属しています。

C&R社 デジタルコンテンツ・グループ社員

現在担当しているのは、物を気持ちよく破壊してストレス解消になるような「破壊ゲーム」です。改修ではなく、ゼロから開発を行っています。

──早くも本格的な開発を任されているのですね

基礎的なプログラミングは身につけていましたが、新人でこんなにすぐに実際のゲーム開発ができるとは思っていませんでした。とても充実しています。

開発にはUnityというゲームエンジンを使用します。とても機能が多く、専門学校ではあまり詳しくは学ばなかったので、毎日調べながら奮闘しています。

──仕事を始めたばかりで、調べてもわからないことも多くあるのではないですか。

私がメインプログラマーですが、サポートしてくれる方とチームを組んでいますので、行き詰まったときには助けていただいています。

C&R社 デジタルコンテンツ・グループ社員

部署全体が「いつでも質問するように」という方針で、サポート体制が整っています。

でも、最初から聞いてしまうよりも、まずは自分でやってみることが大事だと感じています。

プログラミングがうまくいかないことは毎日のようにありますが、そのときに、自分で調べて勉強すると頭によく残ります。

わからないときには、いつでも先輩や上司が助けてくれる安心感があるなかで、「まずは自分で」を心がけて、成長できていると思います。

尊敬できる上司のもとでチャレンジができる

──他にも気をつけていることはありますか。

プログラミングでは「何のために」を考えるようにしています。きちんと構造を考えながらコードを書かないと、理屈がないめちゃくちゃなものになってしまいます。

C&R社 デジタルコンテンツ・グループ社員

開発はチームで行うもので、他人が読んで構造が理解できるものにしなくてはいけません。そういうことは専門学校でも指導されましたが、仕事をする中でより強く感じるようになりました。

先輩や上司に指摘されて、きれいなコードが書けていないと気づくことも多いです。先輩が書いたコードを見るのも勉強になります。

──目標とする先輩や上司はいますか。

はい。今の上司はすごい人です!Unityのことはもちろん、各種プログラミング言語、サーバーなど、幅広く深い知識があり、質問すると即座に答えが帰ってきます。

C&R社 デジタルコンテンツ・グループ社員

技術があるだけでなく、教え方も上手いです。

私の場合は、技術面だけでなく、日本語面でわからないときもありますが、具体的な例を出してわかりやすく説明してもらえます。

1度目の例でわからなければ別の例を挙げて、わかるまで教えてもらえますし、「大丈夫。どんどん失敗していこう」といつも言ってもらえるので、新人でもチャレンジができたと思います。

豊かなストーリーのあるアニメやゲームが好き

──なぜ、日本でゲームの仕事をしようと思ったのでしょうか。

もともとゲームやパソコンが好きで、いつかゲーム業界で働きたいという夢を持っていました。

C&R社 デジタルコンテンツ・グループ社員

アニメをきっかけに日本に興味を持って、交換留学で日本に来てみたらとても居心地がよく、ゲーム会社の多い日本でゲームの仕事がしたいと考えるようになりました。

留学中に専門学校の見学をして、進学することにしたのです。

──アニメは何が好きでしたか。

子どもの頃は『ドラえもん』や『ドラゴンボール』が好きでしたが、日本語を勉強するきっかけは高校生の頃に観た『魔法少女まどか☆マギカ』です。

大人も楽しめる意外な展開や豊かなストーリーが気に入っています。

──ゲームでもストーリーの豊かさが気になる方ですか。

はい、そうですね。

C&R社 デジタルコンテンツ・グループ社員

『ペルソナ』や『モンスターハンター』などのRPGや『牧場物語』シリーズが特に好きですが、どれも思いもつかないような展開があって、「もっと知りたい」と、クリアに向かって夢中になれるところが魅力だと思います。

「寝る前にちょっとだけ」と思ってプレイして、気づくと朝なんてこともよくあります。ゲームの中で、枝分かれして複数用意されているストーリーは全部確かめたいと思います。

夜中にふと買い物に出られる日本の安全さがいい

──日本とタイで、違うと思うところは?

タイでは22:00時過ぎに出歩くのは危険ですが、日本なら02:00にアイスを食べたくなってコンビニに行くこともできて、安全なのがいいと思います。

C&R社 デジタルコンテンツ・グループ社員

また、日本は時間に正確ですね。タイでは友達と約束すると、30分くらい遅れて集まるのが普通です。

──正確すぎて窮屈ではありませんか。

最近は慣れましたし、日本のように正確だと計画が立てやすいと思います。

C&R社 デジタルコンテンツ・グループ社員

いまだに慣れないのは、東京のスピードの速さです。新宿などの大きな街では、なぜかどの人もすごく速く歩いていますね。

2年以上住んでいますが、私の歩き方では全然追いつきません。

──今後の目標を聞かせてください。

技術を学んで磨きながら、将来は、ヒットするコンシューマーゲームの制作に参加できるようなプログラマーになりたいです。

C&R社 デジタルコンテンツ・グループ社員

AIに興味があり、専門学校の卒業制作でもAIを使ったものをつくりました。AIを使ったゲームの制作もできたらいいなと思っています。

取材・ライティング:あんどうちよ/撮影:SYN.PRODUCT/編集:田中祥子(CREATIVE VILLAGE編集部)

現在募集中のエンジニアの求人はこちら

関連記事