クリエイティブ業界の注目情報や求人情報などを発信する、クリエイターのための総合情報サイトです。
ゲームプログラマーの真実 | 仕事・年収について語る

ゲームプログラマーの真実 | 仕事・年収について語る

ゲーム開発やプログラミングに興味がある人は、ゲームプログラマーという言葉を聞いたことがあると思います。
しかし、仕事の詳細な内容や開発環境について知っている人はあまり多くはありません。
ゲームプログラマーとは一体、どのような職業なのでしょうか?そして、ゲームプログラマーになるにはどうすればよいのでしょうか?

この記事では、ゲームプログラマーの定義、その現状、必要なプログラミング言語やツールなどを紹介していきます。

これを読めば、ゲームプログラマーに求められている能力、身につけるべき知識・スキルが丸わかり!ゲームプログラマーを目指している人は、ぜひご一読ください。

ゲームプログラマーとは?仕事内容を知る

ゲームプログラマーとは、企画や仕様に合わせてゲームが動くようにプログラムを組むクリエイターのことを指します。

ゲームが仕様通りに動くよう、キャラクターの動き・ゲーム内のBGMや効果音などサウンドの設定・エフェクト・システム構築まですべての工程をプログラムする必要があります。
ゲームの企画が実現可能か、企画などの上流工程から仕様の決定、開発まで幅広く業務に関わる場合もあります。

ゲームプログラマーの年収

業界 平均年収
ソーシャルゲーム業界 350万円~450万円
コンシューマーゲーム業界 300万円~400万円

上記の図は26歳第二新卒者の平均年収例です。(クリーク・アンド・リバー社調べ)
ソーシャルゲーム業界とコンシューマーゲーム業界で平均年収の最低・最高額に差があることがわかります。
年収に差が出るひとつの要因は、ヒット作の売り上げ規模にあります。コンシューマーゲームは、一度パッケージという形で販売をしたら大幅なアップデートがされることはほとんどありません。対してソーシャルゲームは、ゲーム性を大きく変えるほどのバージョンアップにより、数年にわたり同一ゲームで利益を生みだすことも可能です。
そのため、1本のヒット作が莫大な利益をもたらすことも少なくありません。

どちらの業界も基本給は変わらなくとも、利益をボーナスという形で還元されることの多いソーシャルゲーム業界は、相対的に年収が高くなる傾向があります。

年収が高いゲームプログラマーはどんな人?
業界によって年収額に差が出るとお伝えしましたが、近年の傾向としてコンシューマーゲームの開発経験者がソーシャルゲーム業界に転職すると、年収が大幅にアップするケースが多くなってきています。

スマートフォン端末の機能(スペック)が年々向上し、迫力のあるCG表現や高い技術性を持ったソーシャルゲームの開発が可能になってきています。
数年前はスマートフォンでは実現が難しかったクオリティの高いゲームが次々とリリースされ、開発の規模も大きくなり続けています。

コンシューマーゲームの開発は大規模な案件が多く、CGの開発やゲームプログラミングに関しても高いスキルが求められます。
コンシューマーゲーム開発で培ったスキルや経験が、高度化・複雑化するソーシャルゲームの開発現場では求められているため、年収もそれに比例して高額になります。

この傾向は今後数年続くことが予想され、コンシューマーゲーム開発者はソーシャルゲーム業界へと転職することで、大幅に年収をアップさせるチャンスがあると言えるでしょう。

ゲームプログラミングの開発言語

ゲームプログラミングに使われる代表的な言語についてそれぞれの特徴をご紹介します。

C++

C言語にオブジェクト指向などの機能を追加してより高度化した言語です。コンピュータが理解しやすい言葉で記述するため、人にとっては理解しにくく、習得するのが難しいのが特徴です。

C#

C++よりは比較的簡単な言語だと言えます。Unityなどの開発環境が揃っているので難易度は高くはありません。
最近ではiOSやAndroidアプリでも使用されています。
Unity3Dの主要言語、ゲームエンジンにも使用され、需要は今後も高まることが予想されます。

JavaScript

ゲームだけでなくWebサイトの開発にも使われるため、コーディングを経験した人にはなじみのある言語です。
参考書も多く出版されているため、初心者にも取っつきやすい言語ですが、ゲームとしてリッチな表現をするためには他ツールとの組み合わせを把握する必要があります。

Swift

Apple製品用のアプリ開発用言語。これまでApple製品用の開発言語は「Objective-C」が一般的でしたが、より理解しやすい言語として開発されました。初心者には多少難易度が高いですが、凝ったアプリも開発できます。

Ruby

スタートアップ企業で使用されることが多い言語です。ソーシャルゲームの開発で利用されることで注目を集めています。Unityよりは難易度が高いですが、比較的習得しやすい言語。
開発コミュニティが活発なのも特徴なので、つまづいたところを質問できたり、セミナーに参加して仲間を増やしたり、習得しやすい環境が整っています。

転職エージェントが教える!今習得すべきプログラミング言語

ゲーム開発にはさまざまな言語が使用されていますが、コンシューマーゲームの開発はC++、ソーシャルゲームの開発はC#が使用されるのが2017年現在の傾向です。
どの言語を学べばいいか迷う場合は、業界の傾向に合わせて技術を習得してみてはいかがでしょうか。
ただし、今後新たな技術が生まれトレンドが変化することも十分予想されるため、常に業界の動きをチェックしておきましょう。

クリーク・アンド・リバー社ではゲーム業界のトレンドについても、専任エージェントがアドバイスを行っています。お気軽にご相談ください。

コンシューマーゲームの開発はC++、ソーシャルゲームの開発はC#が2017年現在の傾向です!

ゲームプログラマーになるには

必要なスキル

まず最低限学ぶ必要があるのがベクトル・三角関数・行列、物理の力学です。

ゲームキャラクターのジャンプの軌道は基礎的な三角関数が必要で、3Dゲームでは行列の知識が求められます。このように、重力や物体の動きなどを理解できなければ、キャラクターの動きを作ることはできません。
文系の人には頭の痛くなる話ですが、数学と物理はゲームプログラミングと切っても切り離せない関係にあります。

学校・スクールに通う

ゲームプログラマーになるためには、まずはゲームプログラムが学べる学校に通うことをお勧めします。
学校に通うと聞くと学生向けと思われがちですが、社会人であってもゲームプログラマーを目指す場合は、学校やスクールに通うことをお勧めします。

就職・転職どちらのケースも、全くプログラミングに触ったことのない未経験者を採用することはほとんどありません。
まずはプログラミングに関する基本的な知識を学び、実際に手を動かしてプログラムを組んだ経験が求められます。

学校に通うことで基礎から実践まで一通りの流れを経験できるため、未経験者にとってはゲームプログラマーになるための一番の近道です。
ゲームプログラミングを学べる学校は下記のサイトを参考にしてください。
ゲームプログラマーを目指せる専門学校の一覧

すでに働いている社会人の場合、会社を辞めて専門学校やスクールに通うことはあまり現実的ではありません。社会人でも働きながら通えるプログラミングスクールは下記のサイトを参考にしてください。
【初心者も安心!】社会人でも通いやすいプログラミングスクール14選

独学で学ぶ

ゲームプログラマーになるためにはプログラミングが学べる学校やスクールに通うことが近道ですが、独学でもプログラミングを学ぶことはできます。
いざ始めようとしたときに何から手を付ければいいのかわからない。
そんな人はこれからご紹介する方法を試してみてください。どれもプログラミング初心者に向けた情報をまとめています。

ドットインストール

ドットインストール
http://dotinstall.com/
「3分動画でマスターするプログラミングサイト」として、ホームページを作る、JavaScriptを使用してプログラミングを実践するなど、さまざまなテーマのレッスン動画が公開されています。
ひとつの動画が3分で終わるので、初心者や飽きっぽい人も手軽に実践できます。

ゲームプログラミングに挑戦してみよう


schoo

schoohttps://schoo.jp/
無料の生放送授業が毎日受けられるオンライン学習サイトとして、生放送の無料授業と有料版のオンデマンド授業が受講できます。デザインやプログラミングなどを講師の説明を見ながら学習できます。

セミナーで学ぶ

dots.

dots.
https://eventdots.jp/

「最新テクノロジーが集まる勉強会・イベント情報サイト」dots.にて、アプリ開発のセミナーが紹介されています。
ひとりでは行き詰まってしまい解決するのが難しくても、セミナー形式ならその都度質問しながら進めていけるので、モチベーションを保ったまま実践できます。

ゲームプログラマーへの就職・転職成功率を上げるには

先述の通り、ゲームプログラマーへの就職・転職には実際にプログラミングを行った経験が最低限求められます。
ここからはもっと踏み込んで、就職・転職の成功率を上げる方法をご紹介します。

GitHubにコードを公開する

GitHub はプログラムコードを共有・公開できるWebサービスです。
ひとつのプロジェクトを複数人で担当することでリソースを分担したり、バージョンの管理ができるなどプログラマーやエンジニアには必須のツールです。

プログラマーの就職・転職では履歴書、職務経歴書を提出するだけのケースがほとんどのため、書類だけでは応募者にどれほどのスキルがあるのかを客観的に判断することができません。
そのため、GitHubにコードを掲載することで自分のスキルを知ってもらうための判断材料になります。

また、GitHubはプログラマーやエンジニアには必須のツールですが、個人でアカウントを持っている人は多くありません。
コードを公開すること自体が、プログラミング初心者にとってはライバルの一歩先を行くプラス要素になります。

アプリを作る

アプリ開発はゲーム業界への就職・転職を希望している未経験者にとって武器になり得ます。

ゲーム業界経験者が転職する場合、参画したプロジェクトの実績をもとに選考を進めるため、自分でアプリを作ってアピールする人は多くありません。
逆に言うと未経験者は実績がないため、アプリ開発を行うことでゲーム業界に入りたいという熱意を伝える手段の一つとなり、プログラミング言語に対する理解を深めることにも役立ちます。

また、会社によっては入社試験の一環としてプログラミングのテストを義務付けている場合もあるので、アプリ開発の経験は就職・転職に役立つと言えます。

アプリ開発について詳しく知りたい方は、「知識ほぼゼロ!プログラミング初心者が始めるアプリ開発」をご覧ください。

ゲームプログラマーの募集求人

実際に募集されている求人を見ることで、企業がどんな人材を求めているのかが見えてきます。
求人の一例を紹介しますので、詳細情報をチェックしてみましょう。

ゲームプログラマーの求人.1株式会社ボルテージ

職種 プログラマー
雇用形態 正社員
業務内容 【iOS,Androidアプリの開発・運用】
ネイティブ・プラットフォーム(AppStore,GooglePlay等)向けの恋愛ドラマアプリについて、スマートフォンアプリの開発…<続きを読む>

ゲームプログラマーの求人.2株式会社ジーン

職種 プログラマー
雇用形態 正社員
業務内容 アーケードゲーム、家庭用コンシューマーゲーム、スマートフォン向けアプリケーション…等、各種コンピューターゲームソフトのプログラム制作に携わって頂きま…<続きを読む>


コンシューマーゲーム業界プログラマーの求人一覧コンシューマーゲーム業界プログラマーの求人一覧|クリエイターのための総合情報サイト CREATIVE VILLAGE

ソーシャルゲーム業界プログラマーの求人一覧ソーシャルゲーム業界プログラマーの求人一覧|クリエイターのための総合情報サイト CREATIVE VILLAGE

まとめ

ゲームプログラマーの仕事内容と、ゲームプログラマーになるために有利な経験・スキルなどをご紹介しました。

ゲームプログラマーになるための第一歩はまず実践してみること。この記事を読んで可能性を感じた方はチャンレンジしてみてはいかがでしょうか。

仕事内容についてもっと詳しく聞きたい。自分のスキルでも応募できるか知りたい。そんな方はクリーク・アンド・リバー社の転職サポートにご相談ください。
ゲーム業界に特化したエージェントがゲームプログラマーの実情についてはもちろん、応募企業が求めている人物像までアドバイスします。

お仕事紹介サービス
クリーク・アンド・リバー社では、登録クリエイターの皆さまに、よりよい環境で高いパフォーマンスを発揮していただくため、さまざまなサポート体制を整えています。
ご登録いただく事で、当社に寄せられる求人への応募や、会員だけがお受けいただける会員優待などのサービスをご利用いただけます。

就業支援サービス詳細はこちらクリーク・アンド・リバー社の就業支援サービス

関連記事