クリエイターの求人・転職エージェントならCREATIVE JOB(クリエイティブジョブ)|求人・転職情報掲載

CREATIVE JOB

powered by CREATIVE VILLAGE

フリーランスエンジニアの年収は?会社員と比較したメリット・デメリットと年収1,000万円を達成する5つのコツ

2020/03/04

AIやIoT技術の進化に伴い、年々需要が高まっているエンジニア。一般的に、エンジニアは会社員よりフリーランスの方が高収入だといわれており、会社員エンジニアの中にはフリーランスとして独立を考える人も少なくありません。

そこで今回は、フリーランスエンジニアの年収や、会社員と比較したメリット・デメリット、年収1,000万円を達成するためのコツについてご紹介します。

クリーク・アンド・リバー社が運営する「CREATIVE VILLAGE」「CREATIVE JOB」の情報も掲載しておりますので、クリエイティブ業界でフリーランスエンジニアを目指されている方はぜひ参考にしてくださいね。

フリーランスエンジニアの平均年収と会社員との比較

まずは、エンジニアの平均年収について見ていきましょう。

フリーランスエンジニアの平均年収

CREATIVE JOB」に掲載されているフリーランスエンジニアの平均年収は636.0万円です(※2020年3月現在)。個人の裁量によって年収額は左右されるため、調査資料や求人データから算出した数値に多少のばらつきはあるものの、高い技術力や豊富な経験があるほど高くなる傾向にあります。

「フリーランスの場合、得られる報酬は、本人の能力に比例する。最新の技術を保有し、高い開発能力を持つなど、需要が高い人材には高い報酬が支払われることになる」
※引用:『IT人材白書2016

また、エンジニアは他のクリエイティブ系職種のフリーランスと比較しても、平均年収は高めです。

システムエンジニア 600~960万円
プログラマー 720~840万円
Webデザイナー 600~960万円
コーダー 480~600万円

また、フリーランスエンジニアの年収を年代別で見てみると、40代の年収が最も高いことがわかります。

▲出典:『IT人材白書2016』「フリーランスの年収と企業IT技術者の年収」 ※クリックすると画像が拡大表示されます

20代 約700万円
30代 約800万円
40代 約860万円
50代 約630万円

しかし、IPA(独立行政法人情報処理推進機構)の調査では、30代以下のフリーランスエンジニアの約9%が年収1,000万円以上というデータもあり、実力さえあれば年齢を問わず高収入を狙うことが可能です。

会社員エンジニアの平均年収

会社員エンジニアの平均年収は、年齢・所属企業の規模によって異なりますが、およそ550.8万円といわれています。

全体の平均年収 約455.5万円と比較すると高収入ですが、それでもフリーランスエンジニアよりは低い印象です。

お仕事コラム『システムエンジニア(SE)の年収データ!1,000万円を目指す方法とは【2019年版】』では、年齢別・性別・企業規模別・業種別の会社員エンジニアの年収や、必要スキルなどについて詳しく紹介しています。

気になる方はぜひチェックしてみてください。

フリーランスエンジニアとして働く5つのメリット


フリーランスエンジニアには、自分らしく働けるという大きな魅力があります。ここでは、具体的なメリットについてご紹介しましょう。

1.収入アップが見込める

フリーランスはクライアントと自由に契約を結ぶことができるので、報酬も自分で設定することが可能です。また、報酬はクライアントから直接もらうことができるため、手数料やコストを差し引かれることもありません。

2.自由な時間が増える

特定の企業に所属するわけではないので、通勤の必要がありません。

さらに、勤務時間や休憩時間も自由に決められるので、自分の時間をしっかりと確保することができます。上手くスケジュール管理ができれば、仕事をしながら新しいスキルを学ぶことも可能です。

3.自分で仕事を選べる

フリーランスは、自分自身で仕事を選ぶことができます。そのため、報酬の高い仕事を優先的に選ぶ、関係が良好でない取引先との契約を終わらせることも自由です。自分の裁量や好みに合った仕事だけを選べるため、会社員に比べてストレスも少ないでしょう。

4.経費の計上で節税ができる場合がある

フリーランスの場合、自分で確定申告をするため、上手く経費計上ができれば節税することも可能です。

基本的に、事業に関する出費はほぼすべて経費として計上できるので、スキルアップのための書籍代や交通費、仕事の付き合いでの食事代なども経費となり、課税対象の所得を低くすることができます。

5.在宅など、好きな環境で働くことができる

フリーランスは企業に属していないため、仕事場も自由です。自宅で仕事をしている人が多いですが、お気に入りのカフェや公園、コアワーキングスペースなど、仕事ができる環境であればどこでも働くことができます。

フリーランスエンジニアとして働く3つのデメリット

フリーランスエンジニアには様々なメリットがありますが、デメリットもあります。総合的に判断するために、以下でデメリットもご紹介します。

1.収入が安定しない

フリーランスエンジニアは自分で仕事を受注する必要があるため、受注できなければ収入は0です。また、プロジェクトごとに業務委託契約を結ぶのが一般的なので、決まった年収などは一切約束されていません。

2.ボーナスや有休などの福利厚生がない

ボーナスや福利厚生がないのも、フリーランスの大きなデメリットといえるでしょう。
万が一、大きなけがや病気で仕事ができなくなった場合も保障はなく、その分、収入が減ることは避けられません。

3.メインの業務以外の雑務が増える

フリーランスエンジニアになると、税金の計算や申告、案件受注の営業など、本来の業務以外の雑務も自分で対応する必要があります。特に確定申告前は忙しく、「思うように仕事が進まない」という人も少なくないです。

フリーランスエンジニアが年収1,000万円を達成するための6つのコツ


フリーランスエンジニアが年収1,000万円を達成するコツは主に6つです。

1.営業力を磨く

フリーランスは自分で仕事を受注しなければならないため、営業力は必要不可欠です。

どんなに実力があったとしても、営業力がなければ案件を受注することは難しいでしょう。そのため、自分自身や商品・技術についてしっかりとアピールできる力を身に付けましょう。

2.学習し続けることを怠らない

エンジニアに求められるスキルは常に変化しているため、日々のスキルアップはエンジニアの務めといっても過言ではありません。学習を怠れば市場のニーズに適合できず、結果として仕事・収入は減少していくでしょう。

そうならないためにも、日頃から新しい技術などに関する情報収集を行い、自己学習を欠かさないことが重要です。

3.信頼獲得に尽力する

企業担当者の中には、フリーランスに対して「ルーズ、いい加減」等のマイナスイメージを持っている人も少なくありません。そのため、仕事を依頼してもらうためには相手の信頼を得ることが大前提となります。

取引先からの連絡や質問、お願い事などは、信頼獲得のチャンスと心得て、丁寧に対応するようにしましょう。

4.有益な人脈を増やす

フリーランスが仕事を受注する方法で最も多いのは「知人からの紹介」です。

▲出典:一般社団法人プロフェッショナル&パラレルキャリア・フリーランス協会「フリーランス白書 2019

『フリーランス白書2019』によると、全体の8割以上が「紹介で仕事を受注したことがある」と回答しています。

また、最近ではフリーランスエンジニアの数も増えてきているため、条件の良い案件などは競争率も高くなってきています。
そのため、ブログやSNSなども活用して仕事につながる有益な人脈を増やすことも大切です。

5.仕事を取捨選択する

年収1,000万円に到達するには、報酬面だけでなく仕事の効率も重要です。いくら報酬が高い案件でも、内容が複雑すぎて仕事に時間がかかるのであれば割に合いません。
そのため、効率的に進められる仕事を見極め、上手に取捨選択するようにしましょう。

6.遠慮せず、積極的に交渉する

フリーランスエンジニアの中には「交渉すると印象が悪くなる」と思い、クライアントから提示された安い報酬で案件を受注している人もいます。しかし、フリーランスだからといって遠慮する必要は全くありませんし、印象が悪くなるわけではありません。

年収1,000万円を目指すのであれば、クライアントと積極的に交渉し、自分が納得できる報酬で仕事を受けるようにしましょう。

まとめ


フリーランスエンジニアは、会社員エンジニアに比べて平均年収が高い、自由に働けるなど、様々なメリットがあります。しかし、収入が不安定、保証が一切ないデメリットもあるため、それらを十分に考慮したうえで今後の働き方を選んでいきましょう。

CREATIVE JOBでは、フリーランスエンジニア向け求人を数多く紹介しています。

新規の案件の開拓や、クリエイティブ系職種への転職を検討中の方は、ぜひご活用ください。また、フリーランス以外の求人紹介をご希望される方は「【無料】就業支援サービス」よりお気軽にご相談ください。

新着求人

新着求人一覧
LINE@ メールマガジン