クリーク・アンド・リバー社(C&R社)は 2024年6月28日(金)テレビドラマの企画書に関するウェビナーを実施します。

漫画、テレビ、ゲームといったエンタメ業界でジャンルを超えて仕事をするには、採用される企画書の制作が不可欠です。
このウェビナーでは、テレビシナリオ・漫画原作・ゲームシナリオと、多岐に渡り活躍してきたクリエイターが、それぞれのメディアで必要とされるスキルと、採用される企画書の作り方について解説します。

一口にエンタメ業界と言っても、メディアごとに求められる企画書やスキルは異なります。

Vol.2の今回は、「テレビドラマの企画書」にスポットをあてて、業界ならではの企画書の特徴や採用される企画とはどんなものなのかなど、アイデアの出し方から企画書の作り方まで、講師の経験を通して実践的なノウハウをわかりやすくお届けします。
ウェビナーではドラマの企画書にスポットをあててお話を進めていきますが、マンガ原作や、企画意図などでゲーム企画書にも使えるテキストルールについても触れていきますので、ぜひ継続してご参加ください。


お申し込みはこちら

こんなことをお話します

  • エンタメ業界における企画書とは
  • テレビドラマの企画書の特徴
  • 流行りを取り入れる
  • アイデアの出し方

こんな方にオススメ!

  • エンタメ業界で仕事をされている方
  • シナリオや脚本の企画書作成で悩まれている方
  • アイデアを企画書に落とし込む方法を学びたい方
  • テレビドラマの企画書の書き方を知りたい方

開催概要

開催日時 2024年06月28日(金)19:00〜20:00
スケジュール 19:00~ C&R社からご案内
19:05~ ウェビナー開始
19:50~ 質疑応答
20:00  終了
開催形式 オンライン開催
登壇者
白石マミ(しらいし・まみ)氏
脚本家(シナリオライター)・ゲームプランナー・漫画原作者 日本工学院八王子専門学校、非常勤講師 江戸川大学、非常勤講師
参加対象者 エンタメ業界で働きたい方
脚本制作、プランナー志望の方
学生など
参加費 無料
定員 60名
主催 株式会社クリーク・アンド・リバー社
応募締め切り 2024年06月28日(金) 19:00
お申し込みはこちら

登壇者

脚本家(シナリオライター)・ゲームプランナー・漫画原作者 日本工学院八王子専門学校、非常勤講師 江戸川大学、非常勤講師
白石マミ(しらいし・まみ)氏

平成5年、『ティアフルムーン・涙ぐむ月』にて、第22回創作ラジオドラマ脚本コンクール佳作受賞。
平成6年『空色パラソル』にて講談社第一回オリジナルストーリー大賞受賞。以後、テレビドラマを始め、漫画原作、コンシューマーゲーム、モバイルゲームの企画・シナリオ、小説と活動は多岐に渡る。
TVドラマではフジテレビ系列で一条ゆかり原作の連続ドラマ『砂の城』。金曜エンターティメントでは、北大路欣也主演のスペシャルドラマ『男達の宿題』の脚本を執筆。テレ東では小早川警視正シリーズを。
NHKでは玉木宏主演、土曜ドラマ『氷壁』で企画・脚本協力。BSで『彼女のこんだて帖』の脚本を執筆。
ラジオドラマでは、NHKFM青春アドベンチャー『垂直の記憶』、『不思議や料理店』等の脚本。
FMシアターでは『やさしい歌を歌ってあげる』などの脚本を執筆する。

白石マミ(しらいし・まみ)写真

▼白石マミ氏に研修や講師を依頼されたい企業の方はこちらからお問い合わせください。
白石マミ氏:研修サービスお問い合わせフォーム

「このイベントは参加できないけど、今後のイベント情報は欲しい」
そんなあなたは、下記よりイベント情報メールマガジンにご登録ください

メールマガジンご登録はこちら

お問い合わせ

株式会社クリーク・アンド・リバー社
PEC事務局
Email:pec_seminar@pr.cri.co.jp