デジタルマーケティングとは?事例でわかりやすく解説!

近年、さまざまな場面で耳にする機会の多いデジタルマーケティング。しかし、「具体的にはどのようなものかわからない」という方も多いのではないでしょうか。デジタルマーケティングは、デジタル技術を用いたマーケティングの総称です。この記事では、デジタルマーケティングの概要や事例紹介を通して、効果や勉強方法を解説します。

デジタルマーケティングについて知りたい方は、ぜひ参考にしてください。

デジタルマーケティングとは?

デジタルマーケティングとは、Webサイト・メール・SNSなどのさまざまなデジタルテクノロジーを活用したマーケティングを指します。明確に定義されているわけではありませんが、Webサイトを通じて行なわれる「Webマーケティング」よりも幅広い手法(チャネル)を使ったマーケティング手法です。

デジタルマーケティングが必要とされる理由

近年、ますますデジタルマーケティングが必要とされるようになってきていますが、それには、おもに次のような理由が挙げられます。

・顧客の多くがスマートフォンで情報収集をしている
・顧客に合わせた情報を届けやすい
・顧客のデータを収集、蓄積できる
・潜在顧客と接触しやすい

それぞれ詳しく見ていきましょう。

顧客の多くがスマートフォンで情報収集をしている

パソコンやスマートフォンが普及する以前は、雑誌や口コミといったオフラインでの情報収集が主流でしたが、近年ではオンラインやデジタルでの情報収集が主流です。さらに、いまや情報収集の場はパソコンからスマートフォンに移行しています。検索エンジンからだけでなく、SNSやモバイルアプリなどからの情報収集が多くなっているため、幅広い手法に対応したマーケティングが必要なのです。

顧客に合わせた情報を届けやすい

情報過多になりやすい昨今では、顧客は常に情報の取捨選択を迫られています。一方、情報を発信する側はこれまでよりもいっそう、顧客に対して的確に情報を伝える必要があります。顧客一人ひとりに合わせた情報発信が不可欠であり、そのためにはデジタルマーケティングが欠かせません。

顧客のデータを収集、蓄積できる

デジタルマーケティングでは、顧客とのやり取りをするなかで、データ収集・蓄積が可能です。収集したデータを分析することで、より顧客の嗜好に合わせた情報の発信ができるようになります。

さらに、データの分析を進めることで、潜在顧客に対しての情報発信も可能になり接触しやすくなるでしょう。

デジタルマーケティングの手法

デジタルマーケティングで利用される手法は多種多様です。一般的な手法としてはおもに次のようなものが挙げられます。

・オウンドメディア(Webサイト、ブログ、オンラインカタログなど)
・SNS
・動画
・デジタル広告
・Eメール

以下で簡単に見ていきましょう。

オウンドメディア(Webサイト、ブログ、オンラインカタログなど)

オウンドメディアとは、自社で独自に運用するメディアを指します。現在では、サービスや商品を購入する際、Webサイトやブログなどを見て情報収集をすることが一般的になってきました。あるいは、Webサイトから直接商品を購入したり、サービスを契約したりできることも少なくありません。そのため、デジタルマーケティングにおいては、オウンドメディアをうまく運用することが重要となります。

SNS

TwitterやInstagramなどのSNSを利用した、デジタルマーケティングの手法です。昨今では、SMSで情報収集を行なうユーザーが多くいます。顧客と気軽にやり取りできるのはSNSの魅力でしょう。拡散力も高いため、口コミによって新たな顧客獲得のチャンスにもなります。

動画

動画サイトにコンテンツを投稿して、自社サービスの訴求を行なう手法です。音声と映像でアピールできるため、サービスに対して深く理解が得やすく、顧客の心をつかみやすいといえるでしょう。

デジタル広告

WebサイトやSNS、アプリに表示されるデジタル広告の掲載もマーケティング施策の一つです。基本的には、ユーザーのクリック数に応じて掲載料を支払う仕組みになっています。

Eメール

メールマガジンや広告メールで、顧客へ直接マーケティングを行なう手法です。以前に商品購入やサービスの契約をしたことがある人に対し、リピーターになってもらえるように情報提供を行ないます。

このように、デジタルマーケティングで利用される手法はさまざまあります。複数の手法のなかから適切なものを組み合わせ、マーケティングを実施するのが、デジタルマーケティングにおいては重要です。そのためには、「ビジネス全体を知る視点」が欠かせません。詳しくは弊社クリエイターのインタビュー記事にて紹介しているため、こちらもぜひ参考にしてください。

捌いたデジマ案件は1万件以上。社内改革も進めるデータ系プロデューサー

キャリア35年超!経験と技術を最大限に活かして働くBIエンジニア

Webディレクターからデータ系人材へ。着実にキャリアを築くマーケティングコンサルタント

事例でわかる“デジタルマーケティングの効果”

ここからは成功事例をもとに、デジタルマーケティングの効果について見ていきましょう。

事例で利用している手法は異なりますが、事前に自社の問題点を整理して必要な施策を厳選していることは共通点だといえます。

SNS広告の導入で売上アップ

某レディースシューズの販売会社では実店舗とEC店舗の2つを運営しており、Eメールによるマーケティングを行なっていました。そこから、SNS広告を導入したことで、売上アップを実現できたそうです。当初、ECサイトのメールによる売上は全体の15%でしたが、さらなる売上拡大を目指し新たな手法の開拓を実施することになりました。開拓のために分析を進めた結果、スマートフォンからのアクセスユーザーが多いことが判明。販売しているシューズの特性上、視覚的なアピールが有効だと判断し、SNSのFacebook広告を活用することを決めました。結果、広告費に対する売上はなんと750%となったのです。さらに、広告配信をセグメントごとに行なったことで、顧客の反応や特徴・傾向に関する情報の収集ができるようになり、今後のマーケティングにも役立てられるようになったといいます。

オウンドメディアでブランディング成功

食器、家具、雑貨などを取り扱う販売会社の事例では、オウンドメディアを充実させたことでブランディングに成功しています。具体的には、調理器具を紹介するコンテンツとして料理のレシピコラムを掲載したり、家具紹介のために部屋のインテリアコラムを掲載したりするなど、多角的に商品購入への提案を行ないました。ECサイトでさまざまな情報を発信することで、購入時以外のアクセスも集められ、オウンドメディアのブランディングに成功したのです。その結果、定期的に購入するユーザーの獲得につながっています。

コンタクトセンターの対応品質を底上げ

某有料放送サービスの会社では、コンタクトセンター業務の複雑化・人手不足による業務効率の改善が課題でした。そこでAIを導入し、顧客の質問をテキスト化してAIがナレッジ検索をアシストするサービスを導入したのです。その結果、新人教育の面で効果が発揮され、新人1人につき2割弱の時間的コストの削減が実現しました。正確な対応もできるようになり、応対の品質も底上げされています。同社ではコンタクトセンターの高度化・機能強化が、デジタルマーケティングの強化につながると考えられています。

マーケティングの精度が向上

某飲料メーカーは顧客の購買行動の多様化にともない、従来のマーケティングでは限界を感じていました。同社は、顧客の購買行動が「安ければ良い」「店頭で目立つものを買う」というものから、顧客のライフスタイル・趣味嗜好に合わせたものへと変化していると判断し、パーソナライズしなければモノが売れない時代になってきたと考えたのです。そこで、データマーケティング基盤を導入し、さまざまなチャネルからのデータを一元管理できるようにしました。その結果、マーケティングのPDCAサイクルを精度良く回せるようになり、マーケティング施策の幅が広がったといいます。

デジタルマーケティングの勉強方法は?

デジタルマーケティングを学ぶ方法はさまざまです。無料のものから有料のものまで存在しており、どのような勉強方法をとれば良いのか悩んでいる方もいるのではないでしょうか。デジタルマーケティングを学ぶ際には、どの手法をメインに学びたいかを決めてから勉強方法を考えると、混乱しにくくなります。具体的な勉強方法はおもに次の3つが挙げられるでしょう。

書籍・動画を使って独学で学ぶ

デジタルマーケティングを一から学びたい初心者には、書籍や動画による勉強方法がおすすめです。デジタルマーケティングは、さまざまなデジタル技術を用いたマーケティングであるため、非常に範囲が広くなります。まずは概要や全体像の把握から始めるとよいでしょう。書籍や動画であれば自身のペースで学習を進められて、空き時間や移動時間などでも知識を深められます。

最初はここから知識を付けていき、多少の知識を身に付けてから、次から紹介する勉強方法を検討する流れがおすすめです。

有料講座を受講する

マーケティングスクールや有料講座を受講する勉強方法もあります。有料講座は、初心者から上級者までレベルに合わせて体系的に学べるため、独学ではなかなか学習が進められないという場合にもおすすめです。また、講座ならその場で質問できるため、独学よりも理解を深められる可能性が高くなります。近年ではオンライン講座も多く、働きながらでも学びやすい環境が整っています。

セミナーを受ける

デジタルマーケティング最前線の情報を得るためには、セミナーを受けるのも有効です。セミナーでは、具体的なマーケティング手法や事例を交えながら知識を深めることができ、最新の情報を得られます。さまざまな場でセミナーは開催されているので、常にアンテナを張って積極的に参加しましょう。

まとめ

近年、顧客動向の変化などにより、デジタルマーケティングが重要視されてきています。さまざまな手法(チャネル)を用いることで、売上アップやブランディングなどに大いに役立つでしょう。デジタルマーケティングの求人は、データアナリストやデータサイエンティストなどの職種で募集されることが多い傾向にあります。デジタルマーケティングに携わりたいという方は、ぜひクリエイター向けの総合情報サイト「CREATIVE VILLAGE」にご登録ください。


 


【無料】就業支援サービス

クリエイティブ業界に精通したエージェントが、お一人おひとりの転職活動をきめ細かくフォロー。
会員にご登録いただくことで、社員や派遣から請負まで、さまざまな雇用形態の案件から最適な求人をご紹介します。
無料の就業支援サービスをご希望の方はこちら

Search

求人検索
Industry
職種を選択 Select
Location
勤務地を選択 Select

Pages

よく見られている求人
PAGE TOP▲