ゲームが好き、ゲーム業界に興味がある、あるいはゲーム業界への転職を考えたことがある、という方も多いかと思います。その際に気になるのは収入でしょう。

この記事では、ゲーム業界の収入に関して職種別・プラットフォーム別・企業規模別など、さまざまな角度から見ていきます。

また、年収アップの方法や年収アップが期待できる求人案件なども紹介しますので、これからゲーム業界を目指す方だけでなく、現在ゲーム業界で働いている方もぜひご覧ください。

ゲーム業界の平均収入は?

年収アップ

ゲーム業界の平均年齢は約35歳 で、平均年収は約550万円 です。

令和2年の国税庁の調査によると、民間給与の平均 は約436万円となっているため、ゲーム業界のほうが平均年収は高めといえます。

ただし、年収の内訳は200万円台~1,000万円以上と、金額にかなりの幅があります。年収は職種やプラットフォーム、企業規模によっても大きく違いがあるため、次項よりそれぞれ詳しく見ていきましょう。

ゲームクリエイターの職種別年収ランキング

職種ごとの簡単な仕事内容と、年収の目安を紹介します。経験や実績によってもばらつきはありますが、管理職になるほど年収はアップする傾向です。

ゲームプロデューサー :平均692.5万円

企画やプロジェクトの責任者です。予算やスケジュール、人員編成などプロジェクトすべてを統括、指揮するのがおもな仕事です。多くは、ディレクターで経験を積んでからプロデューサーを目指します。

ゲームディレクター :400万円から700万円

ゲーム開発の監督を行ないます。スケジュール管理やクオリティチェック、クリエイターへの指示といった業務に携わります。

ゲームプランナー :350万円から700万円

会社によってはゲーム企画担当者、ゲームデザイナーと呼ぶ場合もあります。おもにゲーム全体に関係するルール作成や、キャラクター設定などを行なう職種です。画面レイアウトやシナリオ作成が含まれることもあります。

ゲームプログラマー :300万円から450万円

ゲーム開発において、おもにプログラミングを担当します。ゲームが仕様どおりに動くように、すべての工程をプログラムする必要があります。

ゲームデザイナー :300万円から400万円

ゲームに登場するキャラクターや背景、アイテムといった絵のデザインに携わります。ゲーム業界ではなく、美術系の専門学校や大学で技術を学んだ人材が多いのも特徴です。

プラットフォーム別の年収比較

ゲーム業界といっても幅広く、携わるプラットフォームによっても年収が変化します。
ここでは、平均年収が高いプラットフォーム順に見ていきましょう。

VR・ウェアラブル端末:692.7万円

Virtual Reality分野や、スマートウォッチなどの身に着けて健康管理をするような端末の分野です。

業務用ゲーム機:597.7万円

ゲームセンターに設置してあるアーケードゲームです。

携帯型ゲーム機:578.2万円

Nintendo Switch Lite 、ニンテンドーDS 、PlayStation Vita といった、持ち運びできるゲーム機です。

パソコン用ゲーム:576.4万円

パソコンでプレイするゲームです。世界中で盛り上がっているeスポーツの種目として扱われるようなタイトルもあります。

据置型ゲーム機:569.9万円

テレビ画面やモニターなどでゲームができる家庭用ゲーム機です。例えば、PlayStation 、Xbox などが該当します。

スマートフォン・タブレット:555.5万円

スマートフォンやタブレット分野です。平均年収はやや下がるものの、求人数は多い傾向にあります。

出典:一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会『CESA ゲーム開発者の就業とキャリア形成 2019』

企業規模でも年収に差がある

企業の規模によっても平均年収に差が出てきます。従業員数300名以上といった大企業の平均年収は598.4万円、中小企業の平均年収は505.4万円です。

なお、開 発から販売、宣伝まですべてを行なっているような企業もあれば、委託を受けて開発のみを行なっている企業もあります。デベロッパーと呼ばれる、ゲーム開発のみを行なっている企業は、年収がやや下がってしまう傾向が見られます。

ゲーム業界は実力主義なので自分次第で年収アップが見込める!

他業種同様、経験年数で年収が上がる傾向にはありますが、ヒット作を出すことができれば年齢に関係なく役職に就き、高収入を得ることができます。
ここからは、ゲーム業界で働く際に年収をアップさせる方法を紹介します。

役職がつけば年収アップ

他業種と同様に、プロデューサーやディレクターといった管理職に就くことで手当がつき、年収も上がっていきます。そのためには経験を積み、ヒット作に携わることが必要です。

成果を残すことができれば、新規の大型タイトルが立ち上がった際に呼ばれる、あるいはヒット作に携われるといった機会も増えていくでしょう。

ゲーム業界は実力主義のため、実績を残せないとなかなか年収を上げるのが難しい業界です。そのため、一つずつ結果を積み重ねて、信頼を得たり成果をあげたりしていく必要があります。

転職でも年収アップが狙える

前述のとおり、会社の規模によっても年収に大きな差が出てきます。現在よりも規模の大きな会社に転職すれば、当然年収も上がるケースが多いでしょう。

労働環境も大手のほうが整っている場合が多く、休日出 勤や残業をしても振替休日や代休などで調整されることがほとんどです。

他業界からの転職も可能

ゲーム業界の経験年数は3年以下が28.6 %となっており、経験の浅い方も珍しくありません。
そのため、他業種の出身でもプログラミング、デザイナーといった経験があれば、ゲーム業界に転職することも可能です。
20代・30代と若手が中心の業界となっているため、転職や年収アップを考えているなら、早めに行動したほうが有利でしょう。

年収アップを目指すなら転職も1つの手

履歴書と年収アップのグラフ

経験や実績を重ねたら、スキルや年収アップのために転職を視野に入れることもあるでしょう。今回、特に年収アップにつながる具体的な案件をいくつか紹介していきます。
業務内容や応募条件、給与なども詳しく明記されていますので、ゲーム業界に少しでも興味のある方は、ぜひこの機会に検討してみてください。

ゲーム業界の求人例

自分の経験と実力に自信があるなら、転職は年収アップの選択肢になる

現在のゲーム業界は福利厚生も充実しており、労働基準法を遵守している会社がほとんどです。年収に関しても、民間平均給与よりもゲーム業界のほうがやや上回っています。

ゲーム業界は年功序列による収入差が生じるのではなく、実力が収入に反映されやすいため、スキルがあれば転職することによって年収が上がりやすくなるでしょう。

「一からゲーム業界への転職を考えているが、探し方がわからない」「スキルアップのために違うゲーム会社への転職を考えている」といった方は、クリエイター求人に特化したCREATIVE JOBをぜひご活用ください。