クリエイティブ業界の注目情報や求人情報などを発信する、クリエイターのための総合情報サイトです。
IMG_1568_resize

映画『ヒロイン失格』監督 英勉さん

CMディレクターを経て、『ハンサム★スーツ』で映画監督デビューし、『高校デビュー』、『行け!男子高校演劇部』と快作コメディを連打してきた英勉監督。前作のホラー『貞子3D』や最新監督作『ヒロイン失格』も含め、毎回、若手スターから新鮮な表情を引き出してきました。英勉監督にインタビューし、ユーモア溢れる演出法や、コメディのさじ加減、原作コミックへのアプローチ法について、お話を伺いました。
 

(C)2015 映画「ヒロイン失格」製作委員会 (C)幸田もも子/集英社

(C)2015 映画「ヒロイン失格」製作委員会 (C)幸田もも子/集英社

■ 映画監督になりたいと思ったミーハーな動機

中学生くらいの時、薬師丸ひろ子さんがバカっ流行りしていて、可愛かったし、会いたいなあと思ったんです。それで、映画監督になったら、薬師丸ひろ子さんに会えるかなと思い、目指しました(笑)。

薬師丸さんは、高倉健さんや松田優作さんなど、立派な役者さんと共演されていたので、役者を目指すか?とも思ったけど、さすがに高校生くらいになると、無理なことがわかってきて(苦笑)。そしたら当時、監督が有名女優さんと結婚していたりしていて、そっちかと。大島(渚)さんとか、篠田(正浩)さんとか、今でいうと石井(裕也)さんとかね。そういういいことがないかな?と思ったりもしましたね。学生時代から自主映画を撮っていて、ちゃらいラブコメとかを作っていました。

 

■ 伸びしろ未知数の若手スターには、なめられること

若手の演出については、まず、なめてもらうことですね。何を言ってもいいおっちゃんやと思ってもらうこと。「下手くそ!」とかは絶対に言わない。別に上げるわけじゃないですが、単純にああしてこうしてとか、ちゃんと撮影前に具体的な話をします。

桐谷美玲さんには、はとり役について「全部の感情を出してください」と言いました。はとりは喜怒哀楽だけじゃなく、切れるし、叫ぶし、飛ぶし、こけるし、ぶつかるし、痛がるし。すべての感情をバーンと出す子なので、それを全部やってもらいますと言いました。変顔はその一つでしかない。そしたら「はい、やります」と言ってくれました。

実際、こっちもむちゃくちゃ気は遣いましたよ。こけろとか、不細工な顔をしてくれとか、オエーッとやってくれとか注文を出すわけで。桐谷さん、腹はくくっていたし、そこはプロ意識が高いんです。苦手だと言っていたダンスも、撮影の合間を縫ってずっと練習してくれたし、立派なできた人やなと思いました。

(C)2015 映画「ヒロイン失格」製作委員会 (C)幸田もも子/集英社

(C)2015 映画「ヒロイン失格」製作委員会 (C)幸田もも子/集英社

山﨑賢人くんは、(演じる)利太はぶっきらぼうやし、今っぽくて、ぼそっとひと言しかしゃべらない子やと言いました。たとえば、「何?」とか、手をつなぐ時も「手!」とかしか言わないよねと。そういう感じでやっていきました。

言い回し1つについて説明することもあるし、イメージとして伝えることもあります。坂口くんが演じた弘光は、全体を客観視している役だったから、「サッカーで言うと、ボランチの遠藤(保仁選手)みたいな感じで」と言ったら「ああ、わかりました」と言って、すんなりやってくれました。

 

■ 原作コミックの映像化の際には、リスペクトの念を忘れない

(C)2015 映画「ヒロイン失格」製作委員会 (C)幸田もも子/集英社

(C)2015 映画「ヒロイン失格」製作委員会 (C)幸田もも子/集英社

コミックの映画化は何本かやらせてもらいましたが、原作に対してリスペクトはしています。だからコミックのどの魅力を残して、映画なりの魅力をどこにつけるかってことに、一番気をつけています。今回はキャラクターの精神というか、たたずまいや感情は、原作からぶれることがないようにしました。原作のキラキラしているところを生かしたつもりです。

また、基本、原作は1回読んでから、それ以降は読まないです。セリフを拾いにいったりする以外はね。だから、やっていくと、役者が話すセリフが元々原作にあったものなのか、それとも台本にあったのか、あとで役者がやったのか、僕自身がわからなくなるんです。

 

■ 今回トライした、コメディ演出の新しい試み

(C)2015 映画「ヒロイン失格」製作委員会 (C)幸田もも子/集英社

(C)2015 映画「ヒロイン失格」製作委員会 (C)幸田もも子/集英社

僕は、本作をコメディだとは全く思ってなくて、完全なラブストーリーを撮ったと思っています。映画をよく観てみると、笑いの9割はヒロイン・はとりから生まれているんです。台本上は「笑わしたれ」という方向には行ってない。もしも笑えたのなら、彼女から派生した感情や、役柄からきた面白みやと思います。

中尾彬さんが出てくる面白さも、彼女のなかに、中尾彬の真似をしていいんじゃない?というパロディ精神があるからなんです。柳沢慎吾さんや六角精児さんのくだりもそう。変に「面白いでしょ」と、笑わしにかかってない。ただ、はとりがキラキラすれば笑えてくるかもしれない。

今回は真っ向からラブストーリーを作ったつもりなので、そういう意味では、今までの作品とは全然違う。面白きゃいいってもんじゃないので、やっていて怖かったですし、ドキドキもしました。面白いことをやりだすと、スタッフも役者もドーンといくじゃないですか。そこで、笑いのバランスをちゃんと取らなきゃいけなかったので、ラブコメディとしては、いままでの作品のなかでいちばんさじ加減を図りました。


■作品情報

『ヒロイン失格』
9月19日(土) 新宿ピカデリー他全国ロードショー

(C)2015 映画「ヒロイン失格」製作委員会 (C)幸田もも子/集英社

(C)2015 映画「ヒロイン失格」製作委員会 (C)幸田もも子/集英社

【物語】
女子高生・松崎はとり(桐谷美玲)は、ずっと幼なじみの寺坂利太(山﨑賢人)が大好きで、利太の彼女になるのは自分しかいないと思い込んでいた。ところがある日、利太は、目立たない地味な女子・安達未帆(我妻三輪子)とつき合い始めてしまう。撃沈するはとりだったが、気持ちを切り替え、今度は利太の略奪作戦を開始。その一方で、学校一のモテ男・弘光廣祐(坂口健太郎)から猛アタックされ、心が揺らいでいく。

原作:幸田もも子(集英社「マーガレットコミックス」)
監督:英勉『貞子3D』
出演:桐谷美玲 山﨑賢人 坂口健太郎 福田彩乃 我妻三輪子 高橋メアリージュン 中尾彬 柳沢慎吾 六角精児 濱田マリ 竹内力
配給:ワーナー・ブラザース 映画

■オフィシャルサイト

http://wwws.warnerbros.co.jp/heroine-shikkaku/

pro

英勉(はなぶさ・つとむ)

1968年生まれ、京都府生まれ。京都産業大学卒業後、東北新社に入社。1996年にはCM企画演出部に配属され、数々のCM製作に携わり、売れっ子ディレクターとなる。2008年、『ハンサム★スーツ』で映画監督デビューし、関西出身ならではのコメディ演出で好評を博す。2011年に『高校デビュー』、『行け!男子高校演劇部』を発表。2012年に監督した、ジャパニーズホラー『リング』シリーズの12年ぶりの映画化作品『貞子3D』が大ヒットを記録し、翌年『貞子3D2』も監督。TVドラマでは「こちら葛飾区亀有公園前派出所」(09)に演出としても参加した。2013年からテレビ番組「リアル脱出TV(国際エミー賞ノミネート)「マッチングクラブ」などを演出し、新たな分野にも挑戦している。

関連記事