映像クリエイター

アートディレクター

Art Director

アートディレクター(AD)は、広告・Webサイト・パッケージなどの、ビジュアルデザインの指揮をとる責任者です。

プロフェッショナル×つながる×メディア
CREATIVE VILLAGE

アートディレクターとは

将来性 ★★★★☆
平均年収 498万円
関連資格 Photoshop®クリエイター認定試験
Illustrator®クリエイター認定試験
など
代表的なキャリアステップ

アートディレクター(AD)とは、広告・Webサイト・パッケージなどの、ビジュアルデザインの指揮をとる責任者です。
現在デザイナーとして働いている人の中には、「アートディレクターを目指したい」と考えている人も多いのではないでしょうか。

「アート」と言っても自分の芸術性を表現するアーティストではなく、あくまでクライアントの要望を実現するために広告などの制作をするのが仕事です。

仕事は、クライアントとの打ち合わせでデザインのコンセプトを固めるところからはじまります。
その後は、カメラマンやデザイナー、コピーライター、コーダーなどのメンバーを選定します。メンバーには企画のコンセプトを伝え、制作物の品質や方向性をコントロールしていきます。

また、コンセプトをもとにラフ案を作成し、メンバーに伝えるデザインの方向性を決めるのもアートディレクターの役割です。

中には自分でも手を動かし、デザインを行う「兼任アートディレクター」も存在しますが、あくまでディレクション業務がメインである点が、デザイナーやイラストレーターとの違いといえます。

アートディレクターになるには

アートディレクターは、新卒やデザイン業界の未経験者がいきなりなれる職業ではありません。

まずはデザイン事務所や広告制作会社などでグラフィックデザイナーとして経験を積む必要があります。

グラフィックデザイナーにも決まったなり方はありません。

学歴や資格が問われることもありませんが、美術系の大学や専門学校に通えば、デザインに関する基礎的な知識や技術を身につけることができるので、グラフィックデザイナーになる近道にはなるでしょう。

企業に応募する際には、履歴書・職務経歴書に加え、ポートフォリオを、必須です。

どんな資格を持っているかよりも、ポートフォリオで過去にどんな作品を作ってきたのかの方が重視されますので、資格の取得にこだわりすぎる必要はありませんが、「色彩検定」「アドビ認定アソシエイト」「ウェブデザイン技能検定」「Photoshop®クリエイター認定試験」「Illustrator®クリエイター認定試験」などは取得することで、実務に必要な知識があることを示すことができるでしょう。

アートディレクター向け採用説明会 RECRUITING BRIEFING

アートディレクターの将来性

インターネット広告媒体費総額の推移
(画像引用:2021年 日本の広告費 インターネット広告媒体費 詳細分析 | 電通 | 2022年3月9日

アートディレクターの将来性は活動する業界によって大きく異なります。

電通が発表している「日本の広告費」に関する調査によると、新聞、雑誌、テレビの広告費は3年連続で減少しています。

雑誌や書籍、ポスターなどの仕事をすることが多い方は、苦しい状況になっていくことが予想されます。

一方で、インターネット広告費は右肩上がりに成長しているため、Web関連のアートディレクションの依頼は増加しています。

アートディレクターを目指す方、今後も活躍を続けていこうという方は、主戦場となる業界を見極める必要があるでしょう。

アートディレクターの年収とキャリアプラン

アートディレクターの平均年収は498万円といわれています。

グラフィックデザイナーの年収は410万円ですので、アートディレクターの年収が90万円近く高いことがわかります。

アートディレクターの業務範囲は多岐にわたるうえに、成果物に対してデザイン面での責任も負っているため、相対的に年収が高くなっています。

無料
就業支援サービス
クリエイティブ業界に精通したエージェントが、お一人おひとりの転職活動をきめ細かくフォロー。会員にご登録いただくことで、社員や派遣から請負まで、さまざまな雇用形態の案件から最適な求人をご紹介します。
無料の就業支援サービスをご希望の方はこちら
より豊かなクリエイター人生を!
様々な知見・発見を得てください。
CREATIVE VILLAGEは、

クリエイターの生涯価値向上のため、
有益な各種コンテンツを発信しています。
BACK TO TOP クリエイター求人を探す