映像クリエイター

アニメーター

Animator

アニメーターとは、アニメーションの「作画」を担当する人を指します。

プロフェッショナル×つながる×メディア
CREATIVE VILLAGE

アニメーターとは

将来性 ★★★☆☆
平均年収 322万円
関連資格
代表的なキャリアステップ ・作画監督
・アニメ監督

アニメーターとは、アニメーションの「作画」を担当する人を指します。

アニメの制作は、「企画」「絵コンテ」「レイアウト」「原画」「動画」「彩色」「撮影」「編集・音響制作」という流れで進みます。

アニメーターはこの中で、「原画」「動画」の作業を担当します。
絵コンテや設定資料をもとに、レイアウトで決められた構図でキャラクターや背景を描くのが仕事です。
アニメーターの中でも「原画家」と「動画家」に分業されています。
各シーンの動きの始まりと終わりを描くのが「原画家」、原画の間の動きを1コマずつつないでいくのが「動画家」です。

アニメーターになるには

アニメーターになるには、専門学校や美術系の大学でテクニックを身につけ体系的に学ぶのが近道です。
アニメーターに求められるスキルとしては、画力もちろんのこと、CLIP STUDIOなどのソフトを使ったデジタル作画を行うスキルや3DやCGに関する知識も求められことがあります。
特にデジタル作画に関しては、新人の採用時に条件となることも増えてきていますので、仕事の幅を減らさないために、習得しておきましょう。

アニメーターの将来性

アニメーターの賃金の低さはかねてより問題となっていました。
しかし、2017年ごろから「アナログ作画」から「デジタル作画」への移行が進みはじめ、作業効率が向上してきています。
また、以前は報酬が枚数ベースの出来高制でしたが、作業工数や難易度に見合った出来高制を採用するようになってきています。
これらの流れもあり、アニメーターが安心して働ける環境が整ってきているといえます。

アニメーターの年収とキャリアプラン

アニメーターの平均年収は低く、322万円といわれています。
新人のうちは動画を担当することが多いですが、1コマの単価は150~250円といわれており、動画家のうちは平均年収が100~150万円円程度の場合が多いです。

スキルを向上させて、原画家になったり、大手の制作会社に転職したりすることで年収のアップを図ることになります。
大手の制作会社の場合は、出来高の報酬だけでなく、基本給も出るので収入をある程度安定させることができます。

無料
就業支援サービス
クリエイティブ業界に精通したエージェントが、お一人おひとりの転職活動をきめ細かくフォロー。会員にご登録いただくことで、社員や派遣から請負まで、さまざまな雇用形態の案件から最適な求人をご紹介します。
無料の就業支援サービスをご希望の方はこちら
より豊かなクリエイター人生を!
様々な知見・発見を得てください。
CREATIVE VILLAGEは、

クリエイターの生涯価値向上のため、
有益な各種コンテンツを発信しています。
BACK TO TOP クリエイター求人を探す