AD(アシスタントディレクター)として働く方のなかには「激務すぎて体力が持たない」「やりがいを感じてはいるものの、将来が不安」といった理由から、転職を検討している方も多いのではないでしょうか。

また、すぐにでも転職したいが、「新型コロナウイルスの影響で、しばらくは転職自体が難しいのでは…」と半ば諦めている方もいるかもしれません。しかし、このような状況下でも、ADの経験を活かしてより良い職に就くことは十分可能です。

そこで今回は、映像業界の就業サポートを行うクリーク・アンド・リバー社が、現職ADが転職を考えるおもな理由と、候補となるおすすめの転職先つらい激務から抜け出す転職のコツなどを紹介します。今応募できる求人案件も掲載しているので、ぜひ参考にしてみてください。

1 ADを辞めたい…ADが転職を考えるおもな理由

華やかなイメージのあるテレビ業界ですが、ADはその労働環境の過酷さから、離職率が高いことで知られています。まずは、現職のADが転職を考えるおもな理由について考察します。

1.1 激務だから

ADの連勤数は数ある業種のなかでも群を抜いており、休みをなかなか取ることができません。入社前からある程度は覚悟していたとしても、実際の働き方を目の当たりにして、早期離職してしまう方がほとんどです。

過去には、ADを辞めたとされる人物がインターネット上の掲示板に「最長147連勤」であったことを書き込み、ネットニュースとして取り上げられたこともありました。

1.2 とにかく精神的につらいから

ADは過酷な労働環境のなか、最もつらい雑務を一手に担います。深夜や早朝の撮影で満足に眠れない、酷暑や極寒にさらされて体調を崩すなど、心身ともに負荷がかかる状況は珍しくありません。

また、ADは現場で最も低い立場にあるため、上司や先輩からつらく当たられたり、異常な量の仕事を任されたりするケースもあります。特にブラック企業ではこの傾向が強く、精神的なストレスで消耗し、仕事を続けられなくなるADも後を絶ちません。

1.3 昇格への道が険しく、キャリアプランが見えづらいから

ADからディレクターやプロデューサーに昇格できる人は、ほんの一握りしかいないのが現実です。ディレクターのポジションが空かない、昇格を決めるプロデューサーとの相性が悪い、といった事情で昇格できない場合もあります。

そのため、「いつまでこのつらい仕事を続けなくてはならないのか…」と思い悩んだ結果、多くの人が離職してしまいがちです。

2 【AD辛い…と思っているあなたに】2つの選択肢

もしADが現在の勤め先を辞めて新しい道に進みたいと考えたとき、どのような選択肢が候補として挙げられるのでしょうか。ここでは、ADの転職先として2つのパターンを紹介します。

AD 転職

2.1 異なる業界・業種に未経験者として転職する

ADの仕事はルーティンワークのような決まりきった仕事ではないため、現場の進行状況や空気を読み、臨機応変に対応しなくてはなりません。コミュニケーション能力、積極性、忍耐力、状況を判断する力など、ADとして培った能力は他の仕事でもきっと役立つはずです。そのため、そういった経験や能力を活かして、異なる業界や業種にチャレンジするのも一つの手です。

ただし、現在はコロナ禍の状況ということもあり、あらゆる業界で未経験者の採用を控える動きが見られます。通常時よりも転職活動が長期化する可能性があるため、転職の判断には十分に注意が必要です。
ADから別の業界・業種への転職を希望する場合は、事前に転職先で必要な知識を学んでおくなど、未経験者の弱みをカバーする努力をしましょう。

2.2 同じ業界・業種のホワイト企業に転職する

AD 転職

テレビ業界を離れて未経験の仕事にチャレンジすることもできますが、ADとしての経験やスキルをそのまま活かせる仕事を選択するほうがよりスムーズな転職が可能です。「テレビの仕事は楽しいが、激務に耐えられない」という方は、同じテレビ業界に限定してホワイト求人を探してみるとよいでしょう。

現在は新型コロナウイルスの影響もあり、テレビ業界においても即戦力を求める傾向が強くなっています。未経験者をポテンシャル採用するよりも、AD経験者を好待遇で採用したいと考える企業が増えてきているのです。

近年は働き方改革によってテレビ業界のホワイト化が進み、過酷な勤務体制が見直されつつあります。同じ業界・業種であっても、所属する会社によって働きやすさが大きく異なることを覚えておきましょう。

なお、現在募集中の求人に関しては、映像の仕事を専門に扱う求人サイト「映像しごと.com」にて特集しています。

ADの求人はこちら

2.3 ADの転職を成功させるには、エージェントの利用が近道!

好条件の転職先を見つけて人生を変えたい場合は、就職エージェントに相談してサポートを受けるのが近道です。

特にAD経験者の場合、テレビ業界の過酷すぎる労働環境に慣れているため、適切な判断ができない可能性もあります。一般的な基準で求人をチェックするためにも、エージェントを挟んで交渉を進めたほうがよいでしょう。

クリーク・アンド・リバー社では、ADの求人はもちろん、IT系・Web系クリエイティブ職など、コロナ禍に強い業界の求人を多数そろえています。さらには、業界の事情に詳しいプロのエージェントから転職に役立つアドバイスをしてもらえるなど、サポート体制も万全です。

なお、現在募集中の求人に関しては、以下のリンクから検索できます。

ADの求人はこちら

3 まとめ

ADとして現在の働き方に満足できていないなら、早めに新しい道を選び直すのも一つの手です。テレビ業界で働き続けるのか、未経験で他の業界にチャレンジするのか判断に迷ったら、まずは「自分にとってテレビ業界の仕事は楽しいのか」を考えてみてください。

もし今までの仕事にやりがいを見出しているなら、同じ業界・業種のホワイト求人を探してみるとよいでしょう。転職の不安や悩みを抱えている方は、転職のプロであるクリーク・アンド・リバー社に一度ご相談ください。

転職相談する