インターネットが登場して以来、数多くのWebサービスが世に送り出され、誰もが気軽に利用できる時代となりました。それに伴いWeb関係の仕事に就く人も増え、Webデザインの役割や重要性についても、広く認知されるようになりました。

その一方で、「Webデザイナーには将来性がない」「Webデザイナーの仕事はいずれなくなる」といったうわさ話を耳にして、不安を感じている若手Webデザイナーの方もいらっしゃるのではないのでしょうか。そこで今回は、Webデザイナーの需要と市場動向をふまえて、需要の高い人材になるための方法をご紹介します。

【Webデザイナーの将来性】需要と業界の動向

webデザインビジュアル

インターネット技術が急速に発展し、Web業界に熱い視線が注がれるなか、Webデザイナーの需要も近年右肩上がりに上昇しています。経済産業省の『IT人材需給に関する調査(2019)』によると、Webデザイナーを含むIT人材の需給ギャップは、2030年には16.4万人~78.7万人となる見込みです。国内の労働人口が減少する一方、IT需要は今後も増加傾向にあると推計されています。

2020年は新型コロナウィルスの感染拡大により、多業種に甚大な影響がありました。そのような状況のなかでも、IT業界・Web業界については新型コロナウィルスの影響が比較的少ないとされています。また、テレワークに対応しやすい業界ということもあり、今後も引き続き求人数が増加していく見込みです。[参考:DODA『転職市場予測2020下半期』]

Web関連の職種のなかでは、UI・UXデザイナーの需要が特に増加していくと予想されています。企業が提供するサービスのオンライン化、アプリ化が進み、さらにUIやUXの重要性に注目が集まるでしょう。
[参考:DODA『転職市場予測2020上半期 クリエイティブ』]

視覚的情報というのは、人々を惹きつけるうえで非常に重要な要素です。デザイン性に優れた使い勝手の良いWebサイト、アプリを世に送り出すため、Webデザイナーは日々尽力する必要があります。

現在募集中のWebデザイナー求人はこちら

Webデザイナーに将来性はある?

Webデザイナーは将来性のある職種の一つですが、「ただデザインをするだけ」のWebデザイナーの将来的は安泰とはいえません。ここでは、その理由を詳しく紹介します。

Webデザイナー増加にともない、競争が激化するから

2020年からは小学校でもプログラミング教育が必修化され、パソコンを扱える人の割合がさらに増えていくと予想されます。小さな子どもでもスマートフォンを持つのが一般的な時代となり、人とWebとの関わりはますます活発化するでしょう。そうなると、Webデザイナーという職種に興味を持つ人も増え、競争が激化することも考えられます。

Webデザインをできる人が増えて競争が激化すれば、仕事を安く請け負う会社も出てくるでしょう。その結果、現在よりも全体の制作単価が下がったり、仕事数が減ってしまったりする可能性もゼロではありません。

単純な作業はツールに取って代わられていくから

デザインは「人の創造力によって創られるもの」といったイメージがありますが、実は近年、Webデザインの世界でもAIによる自動化が進んでいます。例えば、近年はWebサイトやロゴマークを自動で作成できるサービスなども登場し、専門知識がなくても簡単にWebデザインができるようになりました。したがって、Webデザイナーの仕事のうち単純な作業に関しては、今後ツールで代替される可能性が高いといえます。

Webデザイナーの需要がある日突然なくなることは考えにくいものの、Web業界は変化の激しい業界であることを意識し、常に最新情報にアンテナをはっておくようにしましょう。

マーケティング視点を要求される仕事が増えているから

Webデザイナーとして活動するなかで、デザイン性に関わる内容だけでなく、マーケティング視点を求められるケースも増えています。例えば、Webサイトを検索エンジンで上位表示させるためには、SEOの知識が必要です。ECサイトの場合はコンバージョンを増やすには、利用者の行動パターンを想定したうえで、刺さるデザインを行なわなくてはなりません。

優れたデザインで利便性を高めること、利用者に好印象を与えることはもちろんですが、併せてマーケティングの知識を深めていくことも重要です。

将来性のあるWebデザイナーになる方法

Webデザイナー仕事風景

Webデザイナーとして活躍し続けるためには、自身の価値をいかに高められるかが重要です。ここでは、Web業界において重宝される「価値の高い人材」になる方法を紹介します。

知識と経験をかけ合わせて、独自の強みを持つ

独自の強みをアピールするため、Webデザインの知識と経験だけで勝負するのではなく、自分の持ついくつかのスキルをかけ合わせてみましょう。これまでの人生で培ってきた知識や経験を最大限に活用し、独自の強みを作り出すことが大切です。

例えば、単に「Webデザイナー」という肩書きだけをアピールするよりも、「〇か国語を操るWebデザイナー」「○○業界で10年の経験があるWebデザイナー」としてアピールしたほうが、希少性が高まります。得意分野も一目瞭然となるため、ピンポイントで指名される確率も高くなるでしょう。

SNSなどを用いた自己ブランディングを行なう

Webデザイナーは、自己ブランディングによって自身の価値を高めていくことが可能です。フリーランス・会社員など働き方に関わらず、積極的に自己ブランディングへの取り組みを行ない、クリエイターとして強みをアピールしましょう。

SNSなどを使って普段から発信をしていれば、Webに関わる業界人とのつながりを作ることも可能です。その結果、思いがけない方面から単価の高い仕事を依頼されるといったケースもあります。

プラスαのスキルを身に付ける

Webサイトを作成する際には、クライアントの要望を叶えることが肝心です。よくあるクライアントの悩みとしては、以下のようなものが挙げられます。

  • 自社のWebサイトを検索エンジンで上位表示させたい
  • アクセス解析の具体的な方法を教えてほしい
  • 集客力アップのためのアドバイスがほしい
  • 購買意欲を高めるECサイトを作りたい

クライアントの要望に適切に対処するには、プラスαのスキルを身に付けることが重要です。また先にも述べたとおり、マーケティングやSEOに関する知識量が豊富で、コンサルティング能力に長けたWebデザイナーは、今後ますます重宝されるでしょう。

最新情報・トレンドの収集や勉強を怠らない

Webデザインのトレンドは非常に移り変わりが激しいため、常に最新情報を収集する努力を怠らない姿勢が必要です。Webデザイナーとしてキャリアのあるベテランであっても、最新情報やトレンドを把握しておかなければ、時代の流れに対応できなくなってしまいます。

日頃からWebデザイン系の情報サイトをチェックして、意識的に生の情報を集めるようにしましょう。Webデザインの勉強に終わりはありません。業界の変化に合わせて、新しい技術やスキルを磨き続けることが大切です。

Webデザイナーの将来設計~Webディレクターへのキャリアアップも可能!

Webデザイナーとしての経験を活かして、WebディレクターやWebプロデューサーなど、上位職種へのキャリアアップを目指すことも可能です。人やモノを管理するポジションとなるため、Webデザインだけでなくマネジメント能力やコミュニケーション能力、リーダーシップも必要とされます。こういったクリエイティブ系管理職種は、チームの結束力を左右する重要なポジションであるため、大きなやりがいを感じられるでしょう。

また、上位職種へのキャリアアップに成功すれば、さらなる収入増加も期待できます。
「Web業界での転職を検討している」「将来的にステップアップできる職場で働きたい」と考えている方は、クリエイティブ職種に特化した、クリーク・アンド・リバー社の転職エージェントにご相談ください。

「今すぐの転職を考えているわけではないけれど、今後のために市場の最新動向を知りたい」といった方の面談も大歓迎ですので、ぜひお気軽に会員登録をお願いします。

転職相談する

Web業界の成長は今後も安定的に続いていくことが予想されるため、Webデザイナーは大変将来性のある職種といえるでしょう。ただし、Webデザイナーとして今後も第一線で生き抜いていくためには、時代の流れに沿った相応の努力を続けなければなりません。

さらに、独自の強みを見つけたうえで自己ブランディングを行なうことも大切です。クライアントの要望に応えるためにも、デザインのトレンドや最新情報のチェックを継続的に行ない、プラスαのスキルを磨き続けましょう。