2019年は新元号、令和の幕開けの年となります。その記念すべき年に新たな映画祭がハリウッドで開催されます。
そこで日本をテーマにした作品及び日本で製作された作品の公募が始まりました!
Japan Cuts Hollywoodはハリウッドの第一線で活躍する業界人の手によって立ち上げられ、日米協会南カリフォルニアによって開催される日本映画祭です。当映画祭は、アメリカに住む人々はもちろんのこと、ハリウッドの映画業界人へあなたの作品をアプローチすることが出来ます。あなたの作品を映画の都ハリウッドでご紹介出来るまたとないチャンスです。

Japan Cuts Hollywoodは新たな才能の発見を心より望み、皆様との出会いを楽しみにしております。

応募要項

開催日時 2019年11月1日〜11月3日
上映会場 TCLチャイニー6シアターズ
対象作品 日本人による作品、または外国人による日本に関する作品(短編:3〜25分、長編:26〜120分)
ジャンルはフィクション、ノンフィクション、ドキュメンタリー、アニメーション、ミュージックビデオなど 
※英語字幕付きであること
エントリー費 短編:30USドル
長編:50USドル
主催 日米協会南カリフォルニア
締切 2019年7月25日(木)
問い合わせ先 info@japancutshollywood.com

応募方法・詳細はこちら

https://filmfreeway.com/Japan_Cuts_Hollywood
※必ず上記ご確認のうえ、ご応募ください