普段からよく耳にする「CG」という言葉。あなたは何を思い浮かべますか?『ファイナルファンタジー』や『ウィニングイレブン』などから、最新のゲームや話題のバーチャルYouTuber(Vtuber)にも、ふんだんにCGが使われています。

そんなCG作品のキャラクターをつくるのは、3DCGデザイナーと呼ばれる人たちです。一体どんな職業なのか、どうすれば3DCGデザイナーになれるのかを詳しく説明します。

3DCGデザイナーとは

3DCGデザイナーとは「3Dのコンピューターグラフィックス(CG)をデザイン・作成する職業」です。
コンピューターグラフィックスは、コンピューターと専用ソフトを組み合わせて表現するグラフィックスのこと。たとえば映画やドラマ、テレビCM、ゲーム、アニメなどで使われる映像技術が挙げられます。また、3DCGは映像系作品以外に、建築や自動車などの設計にも広く使われています。

ゲームの制作業務では以下のように分業されますが、開発環境によって呼び方が異なる場合もあります。

  • モデリング:デザインやイメージ画、写真をもとに実際に形にしていくこと
  • リギング:モデルを動かすための仕組みを作ること
  • モーション(アニメーション):モデルを実際に動かしデザインすること
  • レンダリング:データに従い最終の画像を生成すること
  • 撮影など

CGでできることは、時代とともに増え続けています。CGの需要が高まるにつれて、3DCGデザイナーの活躍できる業界もますます拡がっていくでしょう。

3DCGデザイナーになるには?資格や学歴は必要?

未経験の方が3DCGデザイナーになるには、次のようなアプローチがあります。

  • 未経験OKの求人に応募する
  • 独学でCG作品を制作してスキルを高める
  • CGデザインを学べるスクールに通う

3DCGデザイナーは、資格や学歴は関係ありません。実際に、3DCGデザイナー求人の多くが学歴不問ですが、一定以上のスキルが求められます。

未経験であれば、専門学校や大学での専門的知識、デッサン力、3Dの知識、解剖学、観察力などが必要です。また、モデリングの場合はポートフォリオ、モーションの場合はデモリールが必要となる場合もあります。

3DCGデザイナーの年収相場

3DCGデザイナー求人の年収相場は、以下のとおりです。

200-299万円 22.2%
400-499万円 29.6%
平均値 441.3万円
(出典データ:https://cedec.cesa.or.jp/2015/documents/enquete_final.pdf

専門性が高い割には、特別に優遇されているわけではありません。しかし前述のとおり、3DCGデザイナーは需要が高く、ますます伸びる職種です。

ゲーム関連企業では常に優秀な3DCGデザイナーを募集しています。
特に優秀な3DCGデザイナーは、スカウトサイトに登録することで、有名企業から声がかかることも夢ではありません。

また、企業に属さなくても、個人のスキルが高く評価されれば、フリーランスとして良い待遇を受けられる世界でもあります。

上記の年収相場はあくまで平均的な相場です。所属する企業や仕事内容によってはもっと大きな報酬を手にするチャンスがあります。

給料・年収をアップするには?

年収を上げるためには、スキルアップやキャリアアップを目指しましょう。

例えば…

  • 多岐にわたる3DCG専門分野のスペシャリストになる
  • マネジメントスキルを身につける
  • 制作進行を管理する
  • 3Dの知識を活かした営業への転身など

3DCGデザイナーになるために必要なスキル

3DCGデザイナーにとって特に必要なスキルは、「デザイン力」「デッサン力」「表現力」「観察力」「コミュニケーション力」です。

デザイン力・デッサン力

キャラクターのイラストや背景をCG制作するにあたり、デザイン力やデッサン力が求められます。デッサンが正確にできることはもちろん、スピードも必要です。

クリエイティブな発想・表現力・観察力

芸術的な作品を制作するためには、基礎スキルとしてのデッサン力が大事ですが、そのためにたくさんの情報をインプットすることも必要となります。そうすることで、誰も思いつかないアイデアが生まれたり、ひらめいたアイデアをCGの世界にうまく取り込むことができ、より人々を魅了する作品が仕上がるでしょう。

協調性・業務遂行力・責任感・コミュニケーション力

正社員や契約社員などとして企業に所属する3DCGデザイナーになるには、「社内のチームワークを大切にしながら、質の高いCG作品を、最後までつくり上げる」といったスキルが求められます。

フリーランスの3DCGデザイナーを目指すとしても、「案件に関わる人たちと協力しながら、質の高いCG作品を、最後までつくり上げる」というスタンスになります。

未経験から3DCGデザイナーになる方法

ところで、未経験OKの3DCGデザイナー求人が市場にどれだけ出回っているのかご存じですか?実は正社員・契約社員雇用の約7割が、3DCGデザイナーの実務経験1年以上を求めています。つまり、未経験からCGデザイナーになるには、残りの約3割の求人を狙わなければなりません。

学歴不問・年齢不問の世界ですが、応募者の中には美大や芸大、デザインの専門学校を卒業した人もいます。未経験OKの3DCGデザイナー求人があるといえども、そう簡単に採用されるとは限りません。

ただ、これまでデザインを勉強したことがない全くの未経験でも、CGデザイナーとして活躍できる方法があります。それは、制作ツールをマスターすることです。

3Dデザイナーのニーズが高まっているのに「3Dデザインができる人材がいない」という業界の背景もあります。企業が求めているのは、デザインを学んできた人よりも、3D制作ツールが扱える人なのかもしれません。

何から始めればよいのか分からない人は、まず3DCG制作ツールの無料講座を受けてみてはいかがでしょうか?制作活動を続けていくうちに、将来のビジョンがきっと見えてくるはずです。

3D MAYA無料講座の詳細はこちら