クリエイティブ業界の注目情報や求人情報などを発信する、クリエイターのための総合情報サイトです。

ヒットのキーマンになる!コピーライター準備講座-年収・仕事内容を徹底解説-

2017/12/04 お仕事コラム

コピーライターは面白い仕事です。自分たちのつくる広告で、商品やサービスがヒットすることもあり、その言葉が巷で流行語になるかもしれません。

ひょんなおしゃべりからアイデアが浮かび、それが具現化されることもあります。何が飛び出すかわからない、そんな面白味のある「コピーライター」の仕事内容や年収、コピーライターとして「広告制作」にどのように関わるかまでご紹介しています。

コピーライターについて理解を深めることができます。ぜひ一読ください。

コピーライターとは「売り」のキーマン

中畑貴志、糸井重里・眞木準・谷山雅計。コピーライターを志す人が憧れる、日本のヒットメーカーたちです。
商品やサービスがヒットするのは、もちろん商品やサービス自体の良さがあり、広告デザインもカッコよく素敵なものでしょう。しかし、「売れる」ときに人の心を動かすもの、それはコピーライターの紡ぎ出す「言葉のチカラ」も大きく影響します。

広告は、「売りたい」企業が「買いたい」消費者を招き入れるためのツールです。
消費者は、街なか・電車内・テレビCM・ラジオ・雑誌・Webサイトまであらゆる広告媒体を通じて、広告の言葉に心を動かされ興味を抱き、そして購買行動を起こします。

コピーライターは広告の中でもキャッチコピー・ボディコピー・吹き出しなど、言葉の分野を担います。
広告デザイン業界においてデザインの役割は大きいですが、特に近年ではコピーライターが、ヒットのキーマンになっていると言われてきています。
広告の手法が多様化する中で、商品のアピールポイントを短いフレーズの中で表現できる「言葉のチカラ」があるからです。
コピーの巨匠たちの手掛けた仕事を見ても、その影響力の大きさが分かります。

コピーライターの仕事内容

コピーライターの仕事内容
コピーライターの仕事は先述のとおり「広告の言葉の分野を担うこと」です。
広告制作は、各クライアントによって広告の打ち出し方が違い、また活用する広告媒体もさまざまです。
コピーライターはそれらの違いを把握しながら、クリエイティブディレクター、アートディレクターやデザイナーなどの制作スタッフたちと「売れる」広告を創り出していきます。

チラシやポスターなどの紙媒体、テレビやラジオ、Web上などのコマーシャル、それにイベント開催なども含めるとコピーライターの活動範囲は相当に広くなります。

各媒体の制作内容もずい分と違いがあり、作業風景も変わってきますが、「売れるコピー」を作るという基本のスタンスは変わりません。その基本スタンスを元に、媒体ごとの特性やマーケティング戦略と照らし合わせてコピーを作っていきます。

コピーライターの年収

コピーライターの年収は300万円~400万円からのスタートが相場です。(クリーク・アンド・リバー社調べ)
DODAがまとめた、クリエイティブ系職種全体の平均年収が380万円ですので、コピーライターの年収は平均的な額と言えます。

平均年収ランキング2017(153職種の平均年収/生涯賃金) |転職ならDODA(デューダ)https://doda.jp/guide/heikin/syokusyu/

クリエイティブ全般に携わる「クリエイティブディレクター」としてコピーライティングを行う場合は、年収500万円代の求人も存在します。

コピーライターの求人一覧コピーライターの求人一覧

コピーライターになるには

コピーライターになるには
コピーライターになるために決まった方法はありません。
ですが、大学や専門学校に通うことで基礎的な知識を身につけることができます。実習や課題を繰り返すことで技術を身につける近道にもなるでしょう。
学校によっては企業の採用情報の共有や、就職の斡旋も行ってくれるため、仕事を見つけやすいというメリットもあります。

向いている人

分析力と言葉に対するこだわりを持った人がコピーライターに向いています。

コピーライターは、”天才的なセンスでスラスラと言葉を紡ぎ出す職業”のようにイメージする人もいますが、実は違います。
ひとつのコピーを生み出すためには、商品やサービスの売りになる部分をいろいろな角度から分析することから始まります。売りの分析ができたら、それをターゲットである消費者にどのような言葉で届けるかを、何十~何百通りも候補を出して考え抜きます。
そうやって生み出した候補の中から言葉を絞り、ときには組み合わせて、やっとひとつのコピーが完成します。

小説や文章作品が好きなだけでは、コピーライターに向いているとは言えません。
魅力を探る分析力と、それを表現するために言葉を選び抜くこだわりを持った人がコピーライターに向いています。

選ぶべき進路

先述の通り、コピーライターになるために決まった方法はありません。しかし、コピーライティングが学べる学校や講座は、コピーに関する知識を体系的に学ぶことができます。
全くの未経験の場合は、これから紹介する学校や講座の受講を検討してみてはいかがでしょうか。

日本大学芸術学部放送学科

日本大学芸術学部放送学科

特徴 「脚本」「アナウンス」「テレビ企画構成」「ラジオ企画構成」「コピー・コンテ」「取材調査」「ルポルタージュ」など専攻の枠を超えた実習・演習を数多く設置。専門分野を究めると同時に、より広い視野を持ち、マルチな才能を発揮できる人材を育成しています。
卒業後の進路 放送学科学生の卒業後の進路はさまざまですが、テレビ局、ラジオ局、番組制作会社、広告会社、CM制作会社などへ多く進出しています。脚本家、アナウンサー、放送作家、タレントとして活躍する卒業生もいます。
公式サイト http://www.art.nihon-u.ac.jp/department/broadcast/index.html

※特徴、卒業後の進路は公式サイトより引用


多摩美術大学統合デザイン学科

多摩美術大学統合デザイン学科

特徴 社会や産業を構成する様々な問題や複雑な要素を生活の営みから感覚的に嗅ぎ分け、それを論理、分析し、視覚化して伝える力と、モノとして具体化し実在させる能力に長けたデザイナーを育成します。
卒業後の進路 卒業後は、製造業をはじめ広告・情報・サービスなど、多彩な業種のさまざまな企業のクリエイティブ部門や企画部門、開発部門などへの進路や、デザインをコアにしたビジネスを自ら起業することなどが考えられます。
公式サイト http://www.tamabi.ac.jp/dept/itd/cur_policy.htm

※特徴、卒業後の進路は公式サイトより引用


コピーライター養成講座

コピーライター養成講座

特徴 宣伝会議コピーライター養成講座は日本で最初のコピーライター養成機関です。コピーライティングの技術を初めて本格的に体系化し、効率的な指導法を確立しました。
受講対象 コピーライターを目指す方
若手コピーライター。広告・マスコミ関連企業の若手社員
コピーライティングの発想や言葉を使ったコミュニケーションのスキルを高めたい方
企業の宣伝・広報・販促の担当者
広告・マスコミ業界への転職・就職を希望する方
広告業界を目指す学生の方
公式サイト https://www.sendenkaigi.com/class/detail/copywriter_kiso.php

※特徴、受講対象は公式サイトより引用

必要なスキル

コピーライターというと、方向性やコンセプトだけ制作スタッフと打ち合わせをして、あとは一人の作業、というイメージもあるかもしれません。
場合にもよりますが、広告制作の現場では、さまざまなクリエイターとの共同作業が必要です。
クリエイティブディレクター・アートディレクター・デザイナーと共に、DTPや校正・編集などと並行してプロジェクトを進行させていくことがほとんどです。

コピーライターには、プロジェクトスタッフたちとの協力体制は欠かせません。
コピーライターとして広告制作をしていくには、コピーの勉学と人とのコミュニケーション力は必要なスキルです。

広告クリエイターはアーティストかビジネスマンか?

コピーライターが広告コピーを考える際には、さまざまな準備を行います。
オリエンテーションで商品のコンセプトや企画、方向性を理解して、対象商品やサービスについて研究する、そんな下準備があってコピーは制作されていきます。

クリエイティブにすべてを作ろうとすると、アート的なコピーになりすぎて”何の広告か”が伝わらないものになってしまいます。表現としては面白いのだけれど商品が売れないのでは、コピーライティングとしては失敗です。

逆に、商品の値段などビジネス視点に寄せ過ぎた合理的なコピーでは、商品やサービスの魅力が伝わらなくなってしまいます。コピーライティングをするときには、アートとビジネスのちょうど良いバランスが大切です。

コピーライターはその制作方法や「売る」ことに対する考え方、スタンスによってさまざまなタイプに分かれます。それが、コピーライターとしての自分のブランディングになります。

いずれにしても「売る」ことや「広告」について、そしてコピーライターとしての技術論は確立させていけば行くほど、仕事での迷いは少なくなります。コピーライターとして自分はどんなプロフェッショナルになっていきたいかを考えることは広告業界での成功に大きく役立つはずです。

就職先を選ぶなら、大手企業か小規模な制作会社か

コピーライターへの転職。いざ会社を選ぶとなると、大手広告代理店がいいのか、小さな制作会社がいいのか、迷うことも多いと思います。
この章では、コピーライターとしての転職先を会社の規模ごとにメリット・デメリットをご紹介します。

まずは大手広告代理店。大手のいいところは、誰もが知っているようなメーカーなどの仕事を手掛けるチャンスに恵まれやすいことです。自分の手がけたプロジェクトが、多くの人の目に触れて影響を与えられることはコピーライターとしてかけがえのない喜びです。

ですが大手広告代理店では、入社した企業の特徴を上手く咀嚼して取り掛かることが要求されます。なぜなら大手企業には、会社の理念やブランドが確立されていることが多いからです。
どんなに憧れの大手企業であっても、その企業の会社理念などの精神的な部分に合わないと、自分の作りたいものとズレてしまうなど、仕事をしていても心に負担がかかってしまうことがあるからです。

小さな制作会社やデザイン会社では、「自分は何をやりたいのか」が大切です。
小さな会社ほど、一人ひとりの仕事はマルチに行うことが多くなり、自分の考えで動けることが必要になるからです。
「このお店をどんな風に売り出していこう」というような企画段階から手掛けていくこともあります。
小規模な会社は幅広く広告制作に携わることができるので、クリエイターとしていろいろな役割にもチャレンジできる可能性があるということです。

コピーライターは言葉のプロです。そして「売る」ことのプロでもあります。言葉へのセンスはもちろん、その言葉を発生させる元の考え、その部分に「売ること」というマーケティング論が介在しています。言葉とマーケティング。二つの側面プラス、制作スタッフたちとの良好な関係が広告制作には必要なものなのです。そのことを踏まえて会社を選び、自分を上手く伝えられれば、きっと幸せなコピーライターというプロフェッショナルになっていけるでしょう

まとめ

コピーライターに「憧れ」を持つ人が多くいます。広告業界にはアワードがあり、その後の仕事に大きな飛躍を与えてくれるので、プロもアマチュアも、広告賞を目指し毎年応募したりもします。

また、多くのヒットメーカーたちは大先輩としてセミナーや養成学校の講師もしていますので、若いコピーライターたちと触れ合いながら、コピーのこと、広告のこと、クリエイターとして大切なさまざまなことを教えてくれてもいます。日本中を湧かせる数々のヒット商品をつくりだし、目の前で講義をする彼らはコピーライターたちの憧れです。

世の中は一流のクリエイターを常に求めています。それだけ需要の高い職業であることもまた事実です。
コピーライターはその仕事を通して学ぶべきことがとても多く、コピーライティング自体はもちろん、広告マーケティング、デザイン、クライアントの事業の内容や哲学など多岐にわたります。発見したり、知識を得ることに喜びを見出せるならコピーライターとして幸せな成長ができるでしょう。
そんな広告へのパッションがあれば大丈夫。ぜひ、コピーライターの世界への扉を開けていってください。

「コピーライターを目指したい」「もっと良い条件の会社に転職したい」など、コピーライターとしてのキャリアチェンジをお考えなら、クリーク・アンド・リバー社の転職支援サービスをご利用ください。
コピーライターの求人のご紹介はもちろん、「もっと詳しく話が聞きたい」といったご相談のみでも結構です。お気軽にお申し込みください。

就業支援サービスクリーク・アンド・リバー社の就業支援サービス