コーダーになるには、どのようなステップを踏めばよいのでしょうか。
この記事では、コーダーの仕事内容、必要なスキルや年収など、コーダーになるために、転職するために押さえておくべき情報を紹介しています。
コーダーについて理解を深めることができます。ぜひ一読ください。

コーダーとは

コーダーとは、Webデザイナーの作り上げたデザインを、実際にWeb上で閲覧できる形にする仕事をする人たちのことを指します。

仕事内容

作成されたデザインを基に、HTML・CSS・JavaScriptなどを使って依頼通りにコーディングするのがコーダーの仕事です。
閲覧するブラウザや端末によってコーディングしたデザインや機能に不具合が生じることがあるので、その確認や修正なども行い、依頼者やデザイナーの趣旨や希望を汲み取って作業を進める必要があります。

プログラマーとの違い

コーダーとプログラマーの仕事は、扱う言語と担当する領域に大きな違いがあります。
今あなたが目にしている、パソコンやスマホ上での表示を「フロントエンド」と言います。このフロントエンド側を担当するのがコーダーの仕事です。
コーダーはHTML・CSS・JavaScriptなどを使用してユーザーが目にする画面を形にします。

対してプログラマーは「バックエンド」とよばれる、サーバーで動くプログラムを構築します。
プログラマーがバックエンドで使用する言語はJava・PHP・C言語などが挙げられます。

コーダーも場合によりサーバーに関する作業をすることもありますが、それは例外的なケースだと言えるでしょう。ほとんどの場合はフロントエンドとバックエンドで分業して作業します。

年収

コーダーの一般的な年収は、企業の正社員として働く場合には300万円~400万円程度です。(クリーク・アンド・リバー社調べ)
企業によってはアルバイトなどで募集している企業も多くあります。時給1,200円から1,500円程度が一般的なため、年収にすると300万円弱~になります。

コーダーは派遣やアルバイトスタートなど、未経験でも就業を受け入れてくれる会社も多く、門戸が広い職種と言えます。
Web業界への足掛かりとしてコーダーからスタートし、Webプログラマーへのステップアップを目指すことも可能です。
十分な経験を積んでスキルを身につければ大幅な年収アップが期待できます。

未経験OKのコーディングに関わるお仕事
・【※契約社員就業(正社員登用制度あり!)】クリエイティブチームでのwebディレクターアシスタントのお仕事
・Webデザイナー兼コーダー 様々な案件に携わるチャンス~定着率◎~

コーダーになるには

コーダーになるには
コーダーになるのに、資格は必ずしも必要ではありません。しかし、Web制作においてHTML・CSS・JavaScriptが必須になるため、これらの知識と実装経験を備えていると良いでしょう。また、早いうちからアルバイトなどで経験を積んでおくと、就職の際有利になることもあります。

アルバイト以外にもHTML・CSS・JavaScriptを使ったコーディングのスキルを独学でも学ぶことができます。
いざ始めようとしたときに何から手を付ければいいのかわからない。
そんな人はこれからご紹介する方法を試してみてください。どれも初心者に向けたものをまとめています。

動画で学ぶ

ドットインストール
「3分動画でマスターするプログラミングサイト」として、ホームページを作る、JavaScriptを使用してプログラミングを実践するなど、さまざまなテーマのレッスン動画が公開されています。
1つの動画が3分で終わるので、初心者や飽きっぽい人も手軽に実践できます。
・HTML入門(全24回)
http://dotinstall.com/lessons/basic_html_v3

・CSS入門(全24回)
http://dotinstall.com/lessons/basic_css_v3

・JavaScript入門(全24回)
http://dotinstall.com/lessons/basic_javascript_v2

セミナーで学ぶ

dots.
「最新テクノロジーが集まる勉強会・イベント情報サイト」dots.にて、アプリ開発のセミナーが紹介されています。
ひとりでは行き詰まってしまい解決するのが難しくても、セミナー形式ならその都度質問しながら進めていけるので、モチベーションを保ったまま実践できます。

・HTML5講座一覧
https://techplay.jp/tag/html5

・CSS講座一覧
https://techplay.jp/tag/css

・JavaScript講座一覧
https://techplay.jp/tag/javascript

また、これらコーディングに関する技術は書籍で学ぶこともできます。
初心者向けの入門書から、中級者以上の技術本まで数多くあります。自分に合った1冊からまずは初めてみましょう。

向いてる人

まず、Webデザイナーや依頼者の求めている趣旨をしっかり理解できる、把握力や理解力は重要になります。相手の求めているものを把握するには、十分な情報を得ることが必要なため、コミュニケーション能力が高い人にも向いている職業です。
また、自分の持っている知識や使えるソフト、スクリプト言語を駆使して、できるだけデザインを正確に再現するためのイメージ力も必要です。実際に作業に入ると、細かい作業や確認が何度も必要になります。高い集中力を持ち、細かい作業が得意な人が向いているでしょう。

必要なスキル・知識

コーダーのスキルや知識は、個人によって幅があります。基本的なパソコン操作はもちろん、コーダーにとって最も重要になるのは、HTML・CSS・JavaScriptなどのコーディングスキルです。
Web操作について回るバグに対処できる知識も必要です。
さらに、Webデザイナーの意図に沿った効果のあるサイトを実現するためには、デザインに関する知識や、デザイン編集ソフトを扱えることはアピールポイントとなります。
最近はプログラミングに関わる知識やスキルを求められる場合もあるので、プログラミングの基本的操作や知識を身に着けておくと助けになるでしょう。

必要な資格orおすすめの資格

コーダーになるために必須の資格はありません。
ですが、コーダーになるための必要な知識を学ぶために資格の勉強をする方法もあります。
コーダーにとって有益になり得る資格をご紹介します。

Webクリエイター能力認定試験

Webクリエイター能力認定試験
参考:http://www.sikaku.gr.jp/Web/wc/

サーティファイという企業が主催している民間資格試験です。
「スタンダード」と「エキスパート」のニつのランクがあります。

スタンダードは実技問題のみで、エキスパートには実技問題と知識問題があり、出題範囲も広くなっています。それぞれ得点率を65%以上獲得する必要があります。
科目は「制作環境」「Webサイトの構成と設計」「HTML」「CSS」。エキスパートは「ビジュアルデザインと配色」「運営と管理」が追加されます。

スタンダード エキスパート
受験資格 なし
受験料 5,700円(税込) 7,300円(税込)
出題形式 実技問題 知識問題・実技問題
合格基準 得点率65%以上
合格率 86.9%(平成27年度)
難易度 ★★☆☆☆ ★★★☆☆

(2017年1月現在)

まとめ

コーダーになるためには、基本的なコーディングスキルであるHTML・CSS・JavaScriptなどを使用できることが第一条件です。
近年では、Webデザイナーがコーディング領域まで制作を担当することが増えています。
基本的なコーディングスキルを身につけるとともに、IllustratorやPhotoshopを使用してデザイン制作が行えることも必要になります。

クリーク・アンド・リバー社では、「コーダーを目指したい」「コーダーの仕事についてもっと詳しく知りたい」など、お仕事に関する相談を承っています。
登録、利用は無料です。お気軽にご登録ください。