クリエイティブ業界の注目情報や求人情報などを発信する、クリエイターのための総合情報サイトです。

デバッガー(テスター)の仕事とは?必要なスキルや将来性、気になる年収まで解説します!

2017/07/19 コラム
突然ですが、「デバッガー(テスターともいう *以下デバッガー)」という職種をご存知ですか? みなさんが日頃プレイしているゲームはプランナー、デザイナー、エンジニアなど多くのクリエイターの手によって創られています。
上記に比べると、普段それほど注目されることのない職種ですが、ゲームが仕様通りに動くためにはデバッガーの存在が欠かせません。
本コラムではそんな縁の下の力持ち、デバッガーの仕事について詳しく解説します。第一回目は、品質管理業務の仕事内容や気になる年収についてです。

デバッガーになるには?仕事内容と必要なスキル

ゲームをプレイしていたら突然画面が停止してしまったり、普段は進むことができない地面の中に埋まってしまってビックリした!という経験は誰しもあるのではないでしょうか。
このような不具合のことをバグと言い、ゲームが仕様通りに動くかどうか検証してバグを発見・報告し、正しい挙動になるようバグを取り除いて製品の品質を高めていく作業のことを「デバッグ」と言います。
バグを取り除くのはエンジニアが担当しますが、専任でバグを見つける作業をする人のことを「デバッガーと呼びます(テスターと呼ぶ会社もあります)」。
今回からゲーム開発の現場で縁の下の力持ち的な存在のデバッガーについて解説していきます。
ゲーム業界の登竜門にもなっているデバッガーの世界を知りたい方は、ぜひご一読ください。

品質管理業務とは

デバッガーは企業の品質管理部門に所属し、お客様が望む品質の製品やサービスを提供するための品質管理業務を担当します。品質(クオリティ)だけでなく、価格(コスト)や納期(デリバリー)も価値に見合うものにしなければなりません。そのため、デバッガーだけでなく、製品開発のプロジェクトに関わる全ての職種で行っていくのが理想です。

デバッガーの仕事内容

ゲーム開発の現場におけるデバッガーの主な仕事内容は、ソフトウェアをテストプレイ(検証)してバグ(不具合)を洗い出すことです。デバッガーが報告したバグがプログラマーによって修正されたら、再度、正しく修正されたかどうかを確認します。この繰り返しによって、ソフトウェアやサービスの品質を高めていきます。
 
ゲームの開発が始まると、各職種の担当者が企画者の意図通りにシナリオやグラフィック、サウンドの素材をパート毎に作成していきます。プログラマーは出来上がったいくつもの素材を統合し、まずはアルファ版としてゲームを動かせる状態まで作成します。 この状態ではまだゲームとして完成していません。
 
アルファ版と仕様書を受取ったら、デバッガーは動作に問題がないか、仕様書と違っている個所はないかを確認していきます。仕様書に書かれていない項目は開発者に質問し、バグや問題点を報告します。 報告されたバグをプログラマーが修正しながらベータ版を作成します。同じようにベータ版をテストしてバグを潰し、難易度について調整しながら、最終的にマスター版を完成させてリリースを目指します。
 
さらに、ゲーム発売後もデバッガーの作業は続きます。現在はネットワークを通じてゲームをアップデートすることができます。開発中には発見することができなかったバグを直すための修正パッチを作成したり、ゲームが長く遊べるように追加コンテンツをリリースしたりする際は、開発に携わったデバッガーの経験や声が活きるため、デバッガーの存在はゲーム開発に欠かせない仕事です。
 

デバッガーのニーズと将来性

コンテンツが肥大化し、開発スケジュールがタイトになっている現状においては、デバッガーの需要が増大しています。また、プラットフォームやOSの組み合わせも多岐に渡り、検証しなくてはならない事項が増えているので、業界内でのデバッガーのニーズは今後も続くでしょう。

デバッガーとして働く

デバッガーはゲーム開発の現場からみると裏方的な存在です。バグを発見していくのは地道な作業になりますが、一つの発見が品質の大きな向上に繋がることも多々あります。開発者と連携しながらバグを修正したり、ゲームバランスの調整や改善を実施し、最終的にプレイヤーから良い評価を得られることができれば、とてもやりがいのある仕事といえるでしょう。

デバッガーの年収

デバッガーはアルバイトでの採用も多く、年収は約150万~450万円が相場です。経験を積み、高度なデバッグスキルを駆使して一般のデバッガーでは発見できないような複雑なバグを見つけたり、再現の難しいバグの再現手順を確定させることができれば、デバッガーのスペシャリストとして年収500万円以上も目指すことができます。さらにデバッガーを管理するデバッグリーダーになることでも年収が増加します。

デバッガーに向いている人

ゲームにかける情熱のある人がデバッガーに向いています。ゲームを愛し、プレイヤーから賞賛されるゲームの開発に携わりたいと常々考えている人にぴったりの仕事です。他にも新しい事を習得することが好き、同じことを繰り返しても飽きない、発想力・想像力が豊か、好奇心が旺盛な方も向いているでしょう。

デバッガーに必要なスキル

発見したバグの報告が主な業務になります。出来事を正確な言葉で表すことができるスキルが必要です。 また、プランナーやプログラマーといった開発者と議論を交わせるレベルのデバッガーはとても貴重です。開発の現場では、「本当にこの難易度が適切なのか?」「難しすぎて誰もクリアできなかったらどうしよう」「簡単すぎてすぐに飽きてしまわれないだろうか」といった様々な悩みが発生するシーンが多くあります。しかし、その時適切な意見を伝えられるデバッガーには、開発者との信頼関係が生まれます。そのためにもコミュニケーション能力を磨いておく必要があります。

デバッガーに必要な資格

デバッガーになるために、必要な資格は特にありません。ただし、パソコンでの仕事が多く、ゲームの仕様書がワードやエクセルで書かれていることからオフィス系のアプリケーションを扱えるスキルは必要です。短時間に正確な報告が求められる現場では、タイピング技能が高いことで評価を得られる会社もあります。 また、バグの報告には専門のトラッキングシステムを用いる会社が多く、RedmineやBacklogなどプロジェクト管理ツールの知識があると有利です。

未経験からゲームの開発職を目指す

ゲーム開発の現場で働きたいという希望があっても、経験やスキル、知識が乏しいと就業は難しくなります。だからといって何も動かなければ夢を掴むことはできません。最初のとっかかりとしてデバッガーになってゲーム業界で働くことで業界の知識や経験を深めたり、コネクションを作ることで新たに進む道を切り拓くことも可能です。
どうしてもゲーム開発がしたいという熱意があればぜひデバッガーとして最初の一歩を踏み出してみてください。

まとめ

リリース直前になるとデバッガーの仕事は多忙を極めます。しかし、リリースされた製品が評価されたり、セールス的に成功したりすれば、大きな達成感を得ることができます。開発に携われば、ゲームのエンディングで流れるスタッフロールに自分の名前が表示されるという密やかな夢も叶えることができます。 評価の高いデバッガーになるには、地道にバグを見つける執念と根気、それに高いコミュニケーション能力も必要とされます。自分の報告によって、ゲームの品質がどんどん良くなっていくのを間近で見られる機会はなかなかありません。ゲーム好きな方にとっては魅力のある職種の一つです。デバッガーのスペシャリストを目指してみましょう!