クリエイティブ業界の注目情報や求人情報などを発信する、クリエイターのための総合情報サイトです。
WEBデザイナーに資格の取得や勉強は必要?

Webデザイナーに資格の取得や勉強は必要?

「Webデザイナーになるために、資格があるとどれだけ有利になるのだろう」と疑問を抱く人も少なくありません。またWebデザイナーに関する資格はさまざまで、どの資格を取得すればよいのか判断も難しいものです。

Webデザイナーに関する資格の内容を知っておけば、自分に本当に必要な資格は何か、そもそも資格が必要なのかが明確になります。

この記事では、資格取得の必要性やメリット、資格ごとの合格点や難易度などの特徴を説明します。特に知名度の高い、おすすめの資格をピックアップしました。

記事を読めば、自分のスキルや目的にマッチした資格が明確になります。

Webデザイナーに資格は必須ではない

Webデザイナーを目指している人にとって気になるのが、「資格」を取得するべきか否かということです。また、現職のWebデザイナーでも資格を取得しようかと迷っている人がいるかもしれません。
Webデザイナーに関する資格はいくつか存在します。例を挙げると、

  • ウェブデザイン技能検定
  • Webクリエイター能力認定試験
  • HTML5プロフェッショナル認定資格
  • Photoshop®クリエイター能力認定試験
  • Illustrator®クリエイター能力認定試験
  • アドビ認定エキスパート

などですね。

では、Webデザイナーになるために、または現職のWebデザイナーが転職をする際に資格を持っている必要があるのでしょうか?
答えは「No」です。

当社のエージェントがWebデザイナーを募集していた企業様に聞いたところ、「Webデザイナーに関する資格を持っていますか?」と面接で転職者に質問することはまずないとのことでした。

それは、Webデザイナーという職業が、持っている資格よりも「何ができるか」「実績にどんな制作物があるのか」が重視される実力主義の世界であることと関係しています。

資格試験の勉強をするのは無意味?

しかし、資格試験の勉強をすることは無意味ではありません。Web制作には、前提となる知識がたくさんあり、資格の勉強を通してそれらを身につけることもできるのです。

基礎知識をおろそかにして、センスだけを頼りにWebサイトを作ることはできません。
Webデザイナーに関連する資格の勉強は「必須」ではありませんが、やっておくとWebデザインやコーディングに関する知識が一層深まります。

未経験者がWebデザイナーを目指す場合は実績がないので、少しでも評価を高くするために資格を保有しておくのも良いでしょう。
学習意欲があることをアピールするのにも役立つはずです。

すでにWebデザイナーの仕事をしている人でも、資格試験の勉強で参考書を読むと意外に知らない知識がしばしば出てきます。
資格によっては、現役のWebデザイナーでも取得が難しいような上級者向けのものまであります。
現役Webデザイナーが知識を補完するために、資格を取得してみるのも良いかと思います。

資格勉強のメリット

資格勉強にはいくつかのメリットがあります。

体系的に学ぶことができる

一つ目のメリットは、体系的に学ぶことができる点です。
Webデザインの知識は、Googleなどで検索して情報を収集することでも得られますが、それらは断片的な知識です。知識が乏しい段階で一つ一つを検索して調べるのは、効率的とはいえません。

資格試験の参考書で勉強すると、体系的にまとめて基礎知識を習得できます。効率的に学びたければ、資格の勉強はおすすめです。

正確な情報を得られる

二つ目のメリットは、情報の正確性です。
Webデザインの勉強をするとき、検索から情報を集めることも多いかと思います。
しかし、Web上にある情報は、正確であるとは限りません。誰もが情報を公開できる反面、厳密なチェックを経ていない誤った情報も少なくないのです。

Webの技術は日進月歩で、情報が古いまま更新されていない場合もあります。
資格試験を実施する団体が出している参考書や問題集は、複数の専門家によるチェックを経ており、出題内容も定期的に更新されるので情報に信頼が置けます。

目標ができる

三つ目のメリットは、目標設定ができる点です。
Webデザインの勉強にゴールはありません。デザインのスキルだけでなく、コーディングやWeb周りの技術的な知識も学ばなくてはいけません。学ぶことが無限にあるのです。
そのため、目標設定が難しく、「何を目指して勉強していいのか分からない」状態に陥る可能性もあります。

そのような場合、まずは資格取得を目標にするのも良いでしょう。目標を定めておけば、勉強もはかどると思います。

HTML・CSSの言語仕様を学ぶことができる

四つ目のメリットは、HTML・CSSの言語仕様を学ぶことができる点です。
ある程度HTML・CSSを使えるようになっても、何となくタグを使っている人も多いのではないでしょうか?

HTML・CSSにはWorld Wide Web Consortium」(W3C)という団体が開示している仕様書があるのですが、初学者がこれを見て勉強するのはあまり現実的ではありません。情報が膨大すぎて挫折してしまうことでしょう。

かといって、仕様まで詳しく説明している入門書は多くありません。
HTML・CSSの仕様を日本語で分かりやすく学ぶには、資格試験の参考書がおすすめです。仕様からしっかり覚えたい方は、「HTML5プロフェッショナル認定資格」の参考書を買って勉強すると良いでしょう。

勉強方法が分からない人は資格の取得を目指してみよう

一からWebデザインを勉強する人は、何から手をつけて良いのか分からない状況に陥ることがあります。
この状況から抜け出すためにも、資格受験してみてはいかがでしょうか。
各資格向けの参考書やスクールなどがありますので、それらを利用して勉強してみましょう。

各資格の内容や特徴

先ほど例に挙げた「ウェブデザイン技能検定」「Webクリエイター能力認定試験」「HTML5プロフェッショナル認定資格」「Photoshop®クリエイター能力認定試験」「Illustrator®クリエイター能力認定試験」「アドビ認定エキスパート」の内容と特徴を説明していきます。
この六つは知名度が高い分、参考書や情報を入手しやすくなっています。

ウェブデザイン技能検定

ウェブデザイン技能検定
参考:http://www.Webdesign.gr.jp/

厚生労働省が認定している国家検定で、1~3級のランクがあります。
3級は比較的難易度が低く、Webデザイナーを目指している人や職業としている人は誰でも受験できます。
1級・2級を受験するにはそれなりの実務経験が必要となり、とりわけ1級はとても難易度が上がります。

デザインやコーディングだけでなく、インターネットの全般的な知識やWebサイトの運用などの幅広い知識が求められます。
合格には各級とも学科・実技試験で100点満点中70点以上得点する必要があります。

3級 2級 1級
受験資格 なし 3級合格者など 2級合格者など
受験料 学科:5,000円(非課税) 学科:6,000円(非課税) 学科:7,000円(非課税)
実技:5,000円(非課税) 実技:12,500円(非課税) 実技:25,000円(非課税)
出題形式 学科・実技 学科・実技 学科・実技・ペーパー実技
合格基準 7割り以上
合格率 約55%(累計) 約38%(累計) 約11%(累計)
難易度 ★★☆☆☆ ★★★☆☆ ★★★★

(2017年1月現在)
受検資格には他にも実務経験年数や大学卒業などがあり、詳細は公式サイトを参考にしてください。

Webクリエイター能力認定試験

Webクリエイター能力認定試験
参考:http://www.sikaku.gr.jp/Web/wc/

サーティファイという企業が主催している民間資格試験です。
「スタンダード」と「エキスパート」のニつのランクがあります。

スタンダードは実技問題のみで、エキスパートには実技問題と知識問題があり、出題範囲も広くなっています。それぞれ得点率を65%以上獲得する必要があります。
科目は「制作環境」「Webサイトの構成と設計」「HTML」「CSS」。エキスパートは「ビジュアルデザインと配色」「運営と管理」が追加されます。

スタンダード エキスパート
受験資格 なし
受験料 5,700円(税込) 7,300円(税込)
出題形式 実技問題 知識問題・実技問題
合格基準 得点率65%以上
合格率 86.9%(平成27年度)
難易度 ★★☆☆☆ ★★★☆☆

(2017年1月現在)

HTML5プロフェッショナル認定資格

HTML5プロフェッショナル認定資格
参考:http://html5exam.jp/

特定非営利活動法人エルピーアイジャパン(LPI-Japan)が認定する資格で、HTML5だけでなくCSSやJavaScriptなどに関する技術や知識が必要です。
レベル1とレベル2があり、エンジニアレベルの内容になるので難易度も高くなっています。

Webデザイナーになりたい人はもちろん、コーディングに自信のない現役Webデザイナーも受験してみると良いかもしれません。
合格点は公表されておらず、公式サイトのQ&Aによると、およそ7割の正答率が必要とのことです。

レベル1 レベル2
受験資格 なし
受験料 15,000円(税別) 15,000円(税別)
出題形式 知識・記述・コードリーディング 知識・記述・コードリーディング
合格基準 約7割
合格率 不明
難易度 ★★★☆☆ ★★★★

(2017年1月現在)

Photoshop®クリエイター能力認定試験

Photoshop®クリエイター能力認定試験
参考:http://www.sikaku.gr.jp/ns/ps/

サーティファイが実施している資格試験です。
難易度によってスタンダードエキスパートのニつがあり、スタンダードでは「指示通りの作業を正確かつ合理的に行う」こと、エキスパートでは「クライアントのニーズに対応した創造性の高いコンテンツ制作ができる」ことが要求されます。

学習時間の目安は、おおむねスタンダードで20時間、エキスパートで18時間となっています。
Webデザインの現場ではPhotoshopの技術は必須なので、おすすめの資格です。

スタンダード エキスパート
受験資格 なし
受験料 7,400円(税込) 8,400円(税込)
出題形式 実技・実践試験 知識・実技・実践試験
合格基準 知識・実技問題65%以上かつ実践問題70%以上
合格率 70.3%(平成27年度)
難易度 ★★☆☆☆ ★★★☆☆

(2017年1月現在)

Illustrator®クリエイター能力認定試験

Illustrator®クリエイター能力認定試験
参考:http://www.sikaku.gr.jp/ns/il/

こちらもサーティファイが実施している資格試験です。
求められるスキルは、Photoshop®クリエイター能力認定試験と同じく、スタンダードでは「指示通りの作業を正確かつ合理的に行う」こと、エキスパートでは「クライアントのニーズに対応した創造性の高いコンテンツ制作ができる」ことです。
学習時間の目安は、おおむねスタンダードで18時間、エキスパートで19時間となっています。
IllustratorはPhotoshopと同様に、制作現場で頻繁に使われるデザインソフトですので、こちらもおすすめの資格です。

スタンダード エキスパート
受験資格 なし
受験料 7,400円(税込) 8,400円(税込)
出題形式 実技・実践試験 知識・実技・実践試験
合格基準 知識・実技問題65%以上かつ実践問題70%以上
合格率 68.4%(平成27年度)
難易度 ★★☆☆☆ ★★★☆☆

(2017年1月現在)

アドビ認定エキスパート(ACE)

アドビ認定エキスパート(ACE)
参考:http://www.adobe.com/jp/support/certification/ace.html

Adobeソフトの技術や知識があることを証明できる資格です。PhotoshopやIllustratorなどの製品別の試験があります。

デザインを形にするには、PhotoshopやIllustratorなどのデザインソフトのスキルが必須です。また、習熟度が高ければ、効率的に作業を行うことができます。
表現力の向上や業務の効率化を目指して、この資格を勉強・取得してみても良いでしょう。

Photoshop®・Illustrator®クリエイター能力認定試験よりも難易度は高くなります。Adobe社お墨付きの認定資格なので、保有していれば転職にも役立つはずです。

受験資格 なし
受験料 18,900円(税込)
出題形式 実技試験
合格基準 64~70%(製品によって異なる)
合格率 不明
難易度 ★★★★

(2017年1月現在)
Webに関する知識全般を勉強したいのであれば、「ウェブデザイン技能検定」か「Webクリエイター能力認定試験」、HTML/CSS/JavaScriptのコーディングを深く学びたいのであれば、「HTML5プロフェッショナル認定資格」、デザインソフトのスキルを磨くのであれば「Photoshop®クリエイター能力認定試験」「Illustrator®クリエイター能力認定試験」「アドビ認定エキスパート」の取得を目指してみましょう。

資格だけでは十分ではない

Webデザインに関する資格を紹介しましたが、資格を持っているからといってWebデザイナーになれるとは限りません。また、難易度の高い資格を保有していれば立派なWebデザイナーといい切れるわけでもありません。

資格を持っていることは、あくまでも土台となる基礎知識・専門知識があることを証明する手段に過ぎません。
資格試験には「正解」がありますが、Webデザインには「正解」がありません。知識だけにとどまらず、いろいろなサイトを自分で作って試行錯誤し、経験を積むことが最も重要です。
デザインセンスやテクニックの向上には経験がどうしても必要なのです。

知識と経験の両方があれば強い

しかし、業務上の経験だけでは行き詰ってしまうのも事実です。知識と経験の両方を備えることで、より優秀なWebデザイナーになることができるでしょう。

そこで、知識の部分は資格取得を通して身につけるのも一つの手段だと思います。資格を取得することで、Webデザイナーを募集する企業に対して、「自分の市場価値」をアピールすることにもつなげられます。
Webデザイナーを目指している人は、経験がない分の不利を資格取得で補うのも良いでしょう。

すでに経験豊富な現役Webデザイナーも、資格の勉強を通して知識をより深めてみてはいかがでしょうか。
当社では、Webデザイナーの求人を多数掲載しています。常に情報を更新していますので、ぜひ求人を探してみてください。

求人検索詳細はこちら:Webデザイナーの求人 Web業界|クリエイティブ業界の求人・仕事検索ならクリエイティブビレッジ

また、当社の会員登録を行っていただければ、随時求人のご紹介、転職活動のアドバイスなどのサービスも提供します。ご興味がある方は、当社会員へご登録ください。

ご登録はこちらご登録はこちら:クリーク・アンド・リバー社 会員登録

おすすめ記事