クリーク・アンド・リバー社(C&R社)は12月3日(金)、ソフトバンク・テクノロジー株式会社にてWebフォントエバンジェリストとしてご活躍されている関口浩之氏をお招きし、Webデザイナーのための「デザイン×Webフォントアイデア」ウェビナーを開催いたします。

応募は締め切りました。

こんな方にオススメ!

  • Webデザイナーとしてもう一歩周りと差をつけたい!
  • デザイン性とSEOを両立したデザインを提案したい!
  • ブランディング効果の高いWebデザインの作り方を知りたい!
  • 明朝体とゴシック体が与えるイメージの違いって何?
  • フォントが変わるとデザインが変わるってほんと?

そんな方たちにおすすめのWebデザイナーのためのWebフォントウェビナーです。明朝体とゴシック体が与えるイメージの違いなどの基礎的な部分から、実際にWebフォントを使用した今日から使えるサイト実例まで大公開!“フォントおじさん”関口氏が楽しくカジュアルにフォントの魅力や可能性をお伝えします。

近年のWebサイト制作においてはSEO対策や多様なデバイスへの対応など技術的な制約も多く、それらを担保しながら高いデザイン性を追求することに限界があるのが現状です。
そこで今注目されているのが「Webフォント」。
Webフォントは、予めサーバ上に置かれたフォントデータやインターネットで配布されているフォントデータを呼び出してフォントを表示することで、各デバイスに依存せずに「見せたいフォントを見せる」ことができる技術です。

今Webフォントを使っている方も、これからWebフォントを使ってみようという方も、Webフォント?何それ?デザインの勉強がしたいんだけど!という方も、幅広い方に有意義な内容でお届けいたしますので、ぜひお気軽にご参加ください。

応募は締め切りました。

登壇者

ソフトバンク・テクノロジー株式会社
Webフォントエバンジェリスト
関口 浩之氏

1980年代にワープロやプリンタの製品開発に従事した後、1995年にソフトバンク技研(現SBテクノロジー)へ入社。Yahoo! JAPANをはじめ、数々の新規事業に参画した後、2011年に「FONTPLUS」を立ち上げ、フォントメーカー14社と提携したWebフォントサービスを運営。現在、Webフォント・エバンジェリストとして活動しつつ、フォントの魅力や楽しさを伝える伝道師「フォントおじさん」として広く知られる。情報処理や印刷関連の専門誌、フォント関連書籍の記事執筆多数。大学や専門学校での特別講師も務める。
関口 浩之氏

開催概要

開催日時 2021年12月3日(金) 18:00~19:30
スケジュール 18:00~18:10 クリーク・アンド・リバー社 及び フォントワークス社紹介
18:10~19:10 関口氏によるWebフォントウェビナー
19:10~19:30 関口氏への質疑応答
会場 Zoom
登壇者 ソフトバンク・テクノロジー株式会社
Webフォントエバンジェリスト
関口 浩之氏
参加対象者 Webデザイナー/WebディレクターなどWeb業界に従事する方
参加費 無料
主催 株式会社クリーク・アンド・リバー社
共催 フォントワークス株式会社
応募締め切り 2021年12月3日(金)12:00

応募は締め切りました。

お問い合わせ

株式会社クリーク・アンド・リバー社
マーケティング・グループ 
Email:webinar_cr@hq.cri.co.jp