マーケッター

プロダクトデザイナ-

Product Designer

食器や文房具、家電製品や生活用品など、「製品」のデザインをする職種です。

プロフェッショナル×つながる×メディア
CREATIVE VILLAGE

プロダクトデザイナーとは

将来性 ★★★★☆
平均年収 644万円
関連資格 プロダクトデザイン検定
など
代表的な職種 ・フリーランス

プロダクトデザイナーとは、食器や文房具、家電製品や生活用品など、「製品」のデザインをする職種です。

デザイナーは、制作するものによって呼称が変わるもので、WebサイトならWebデザイナー、家具ならインテリアデザイナー、衣服ならファッションデザイナーなどと呼ばれます。

プロダクトデザイナーが作るのは、プロダクト(製品)ですので、この言葉が示す範囲は広いです。

実際には、文房具を専門にしているデザイナーもいれば、食器や調理器具を専門にしているデザイナー、自動車や飛行機などを専門にしているデザイナーもいます。

プロダクトデザイナーはこうした、様々な専門を持つデザイナーをまとめた呼び方です。

プロダクトデザイナーになるには

プロダクトデザイナーになるのに、学歴や資格は必要ありませんが、美術系やプロダクトデザイン学科のある大学や専門学校に通うのが一般的です。

大学では、芸術学部・美術学部・造形学部・工学部などに、プロダクトデザインを学べる学科がある場合が多いです。

プロダクトデザインの知識が身についたら、メーカーや制作会社などに就職することになりますが、デザイン部門があるのは大手のメーカーである場合がほとんどですので、新卒での採用をめざすのは容易ではありません。

「プロダクトデザイン検定」というプロダクトデザインに関する民間資格はありますが、選考時にさほど重視されるわけではありません。

なんといってもポートフォリオとして提出する自作作品の資料が評価の対象となるので、学生のうちから真剣に作品制作に取り組んでおきましょう。

プロダクトデザイナーの将来性

近年、生産技術が発達したことで、メーカーは製品に品質による差異を付けることが難しくなってきています。

各メーカーは何らかの付加価値を提供することで、他社との差別化を図らなければならないなかで、1つの答えとして注目されているのが、プロダクトデザインです。

プロダクトデザイナーによる、機能性と見た目の美しさを兼ね備えた製品は、独自性もあり付加価値として十分ユーザーに認められています。

そうした背景もあり、デザイン部門を創設しプロダクトデザイナーを雇うメーカーは増えてきています。

この傾向が続けば、大手企業だけではなく、中小企業でもプロダクトデザイナーを雇用するケースが出てくる可能性もあります。

プロダクトデザイナーの年収

プロダクトデザイナーの平均年収は644万円といわれており、デザイナーのなかでも高めとなっています。

プロダクトデザイナーを採用するメーカーが大手企業に多いため、平均年収が高めになっていると予想されます。

メーカーでは、担当した製品がヒットしてもプロダクトデザイナー個人の成果とはみなされない場合が多いです。
そのため、報酬は安定していますが、実力があっても大きく収入を伸ばすことは難しい傾向にあります。

一方で制作会社では、実績がなければ報酬は低くなってしまいますが、実力次第で大きく年収をアップさせることもできます。

また、プロダクトデザイナーとしての実績を重ねた方は、フリーランスになったり、独立してデザイン事務所を立ち上げたりする場合もあります。

フリーランスのプロダクトデザイナーの平均年収は500~700万円といわれていますが、人気次第で、数千万~1億円稼ぐこともできます。

無料
就業支援サービス
クリエイティブ業界に精通したエージェントが、お一人おひとりの転職活動をきめ細かくフォロー。会員にご登録いただくことで、社員や派遣から請負まで、さまざまな雇用形態の案件から最適な求人をご紹介します。
無料の就業支援サービスをご希望の方はこちら
より豊かなクリエイター人生を!
様々な知見・発見を得てください。
CREATIVE VILLAGEは、

クリエイターの生涯価値向上のため、
有益な各種コンテンツを発信しています。
BACK TO TOP クリエイター求人を探す