マーケッター

広告プランナー

広告プランナーとは、クライアントの課題に対し、どの媒体で、どの程度の予算で広告を展開するかといった広告戦略を企画・提案する仕事です。

プロフェッショナル×つながる×メディア
CREATIVE VILLAGE

広告プランナーとは

将来性 ★★★★☆
平均年収 400~600万円
関連資格 マーケティング・ビジネス実務検定
ウェブ解析士
など
代表的なキャリアステップ ・Webディレクター
・Webプロデューサー

広告プランナーとは、クライアントの課題に対し、どの媒体で、どの程度の予算で広告を展開するかといった広告戦略を企画・提案する仕事です。

企画した広告プランを実行するために、デザイナーやコピーライターなどを集め、進行の管理を行うこともあります。

広告プランナーになるには

未経験から広告プランナーを目指す場合、まずはマーケティングの知識を身に付けるのが良いでしょう。

資格は必須ではありませんが、「マーケティング・ビジネス実務検定」「ウェブ解析士」などの取得を目指しながら知識を付けるのが良いでしょう。

広告プランナーの将来性

日本の広告費 | 電通
(データ引用:日本の広告費 | 電通)

大手広告代理店の電通が発表したデータによると、インターネット広告費は右肩上がりの成長を続けており、2018年にテレビ広告費を追い抜きました。
現在のマーケティングの主戦場がインターネットになっていることが分かります。

インターネット広告はテレビCMよりも安価かつ、ターゲットを絞って行えるため、中小企業も積極的に利用しています。
広告を出す企業が増えることで、広告プランナーの需要も増加していくことが予想されます。

広告プランナーの年収

広告プランナーの平均年収は400万~600万円といわれています。

Webマーケティングを主戦場として活躍していた広告プランナーのキャリアプランとしては、WebディレクターやWebプロデューサーなどにキャリアアップするケースがあります。

広告プランナーとしてマーケティング戦略に強みがあるWebディレクターやWebプロデューサーは、Webサイトの売上に貢献しやすいため、評価されやすい傾向があります。

無料
就業支援サービス
クリエイティブ業界に精通したエージェントが、お一人おひとりの転職活動をきめ細かくフォロー。会員にご登録いただくことで、社員や派遣から請負まで、さまざまな雇用形態の案件から最適な求人をご紹介します。
無料の就業支援サービスをご希望の方はこちら
より豊かなクリエイター人生を!
様々な知見・発見を得てください。
CREATIVE VILLAGEは、

クリエイターの生涯価値向上のため、
有益な各種コンテンツを発信しています。
BACK TO TOP クリエイター求人を探す