現在、番組制作会社で働いていて「仕事内容の割に給料が低い……」「仕事は好きだけれど、体力的にも金銭的にも厳しい……」と悩んでいる方も多いのではないでしょうか? 実際のところ、番組制作会社の給料は、他業種と比較しても決して高くはありません。

しかし、一口に番組制作会社といっても、年収や待遇はさまざまです。ホワイト企業への転職や、類似業界へのキャリアチェンジを通じて、年収を上げるチャンスも大いにあります。

今回は、番組制作会社の年収の目安や、給料を上げる転職のコツについて、くわしく解説します。

1 そもそも番組制作会社とは?テレビ局との違いは?

番組制作会社とは、テレビ業界において番組の制作のみを担当する会社のことを指します。事業内容は番組制作に特化しているため、職場はおもに番組制作の現場となります。

自分の手で番組を作りたい、というクリエイティブ志向の方には向いていますが、納期などの面は非常にシビアで、体育会系のような雰囲気の強い会社も多く存在します。そのため、純粋に番組制作が好きでないと、長期的に働くことは難しい現実があります。

一方、テレビ局のメイン事業は「放送」です。番組制作会社が作った魅力的な番組をもとに、企業とスポンサー契約を結ぶことがテレビ局の最大のミッションといえます。

テレビ局には、番組制作会社と異なり、さまざまな種類の仕事・職種が存在します。具体的には、下記が挙げられます。

  • 「アナウンサー」「キャスター」(番組の顔となる)
  • 「編成局担当」(テレビ番組の放送枠を組んでいる)
  • 「営業担当」(企業やイベントに足を運び、放送枠を売り込む)

2 番組制作会社の年収・給料の目安

番組制作会社の年収事情

テレビ業界には華やかな印象があるため、働いている人も高収入であるというイメージがあるかもしれません。しかし、実際に高収入を得ているのは、組織の上層部やキー局(NHK、日本テレビ、フジテレビほか)のアナウンサーなどに限られます。

冒頭でも述べた通り、番組制作会社で働く場合の年収は決して高水準とはいえません。一般的な番組制作会社社員の年収は、平均300万円~600万円程度といわれています。

ただし、上記の年収目安も、勤務地や会社の規模などによって大きく変動します。地方の小さな番組制作会社などは、年収が200万円台となるケースもあり、「仕事と給与が見合わない」と、就職しても早期離職を選択する人も珍しくないといわれています。

3 番組制作会社のスタッフが年収・給料を上げる転職方法

番組制作会社の年収・給料はあまり高くない傾向にありますが、類似の仕事を続けたまま、収入を上げる方法も存在します。ここでは、「番組制作の仕事は好きだから続けたい。でも、もう少し収入を上げたい」という方向けに、年収・給料を上げる転職のコツを解説します。

3.1 主要テレビ局の子会社や関連会社である制作会社に転職する

NHK、日本テレビやフジテレビなど主要テレビ局の「100%子会社」や「関連会社」である制作会社に転職することで、年収アップが期待できます。

番組制作会社で働く

テレビ局は自社でも番組制作を行なっていますが、番組数に対して制作スタッフのリソースが不足しているケースが大半で、そのような場合には子会社や関連会社に制作を依頼することが多いです。

そのような事情から、子会社・関連会社系の番組制作会社には、安定的に仕事が入ってくるため、年収・給料の水準も比較的高い傾向があります。

番組制作・子会社の求人はこちら

3.2 大手テレビ制作会社に転職する

主要テレビ局のさまざまな番組を制作する「大手のテレビ制作会社」に転職する、という手段もあります。転職の難易度は高めですが、小さな番組制作会社のスタッフと比較して、倍近い給料をもらえるケースもあります。

大手テレビ制作会社のスタッフは、高度な技術や制作スキルを持つ精鋭が多いため、自身のスキルアップやキャリアアップにもつながる良い選択肢の一つといえるでしょう。

日本テレビの求人はこちら

3.3 ライブ配信会社のスタッフにキャリアチェンジする

番組制作の仕事とは分野が異なりますが、同じ映像制作業界に属する「ライブ配信会社」に転職するという手段もあります。ライブ配信の市場は、映像業界のなかで今最も注目されている成長市場の一つです。音楽ライブ、セミナー、スポーツ、展示会、株主総会など、あらゆるもののリアルタイム配信に携わる仕事は、今後ますます需要が増していくことが予想されています。

番組制作会社で培った映像関連の技術やスキルは、このようなライブ配信会社でも大いに役に立ち、重宝されるでしょう。

ライブ配信の求人はこちら

3.4【番外編】フリーランスに転身する

番組制作会社には属さず、「フリーランス」として働くという選択肢もあります。会社勤めと比較すると、安定的に収入を得ることは難しいですが、腕や人脈に自信のある方であれば、大幅に年収を上げることができる可能性もあります。

在宅や遠隔地でも働くことができる場合も多く、ワークライフバランスを重視する方には特におすすめです。

番組制作・フリーランスの求人はこちら

4 まとめ

番組制作会社の年収は300万円~600万円が相場といわれていますが、勤務地や制作会社の規模によっては、この金額を下回ることも珍しくありません。

多忙な仕事をこなしながら、好条件の求人を見つけて転職を成功させるためには、転職エージェントを利用するのがおすすめです。クリーク・アンド・リバー社では、映像業界に精通した専門の転職エージェントが、あなたの就職を全力でサポートいたします。待遇向上やキャリアアップを目指し、最初の一歩を踏み出しましょう。

番組制作の求人はこちら