今回は、子育てをしながら「好きなデザインに打ち込みたい」という想いのもと、Webデザイナーとして生き生きとキャリアを重ねている石井さん(写真中央)にお話を伺いました。
ファーストキャリアはアパレルの販売員だった石井さん。一念発起してIllustratorやPhotoshopのスキルを独学で身につけ、Webデザインの世界に飛び込みました。そこから14年にわたる経験を経て、クリーク・アンド・リバー社の転職支援サービスを利用。2014年にはアパレル系ECサイトのWebデザイナーとして、そして2018年には大手ショッピングモールサイトのWebデザイナーとしての転職に成功し、現在に至ります。

インタビューでは、石井さんが転職する際にエージェントを担当していた仲本さん(写真右)・澤田さん(写真左)にも同席してもらい、お話を伺いました。キャリア選択のエピソードや、転職支援サービスを受けた感想をご紹介します。

友人のすすめでクリーク・アンド・リバー社に登録

Webデザイナー・石井さん

──クリーク・アンド・リバー社にたどり着くまでの石井さんのキャリアについて、教えていただけますか?

石井 私はもともと洋服が好きで、服飾の学校にも通っていたほどです。学校を卒業してからの4年間はアパレルの販売員として働いていました。販売員からWebデザイナーになったのは、デザインワークを独学で始めたことがきっかけです。PhotoshopやIllustratorの操作をイチから勉強して、とにかく猛烈に努力しました。その甲斐あって、アパレル業界でWebデザイナーとしてのキャリアをスタートさせることができました。

澤田・仲本 独学で! それはすごいですね!

石井 とにかく、「アパレル業界に関わる仕事がしたい」という想いが強く、譲れませんでした。私がキャリアを考える上でずっと大切にしてきたことかもしれません。

──そんな中でクリーク・アンド・リバー社に出会った。どのようなきっかけだったのでしょうか?

石井 Webデザイナーとしてのキャリアが10年を超え、転職を考えているタイミングで友人に紹介してもらいました。当時はフリーランスとして働いていたのですが、依頼を受けてから一人でもくもくと作業するのが嫌になってしまったんです。
人とコミュニケーションを取りながら働ける環境に身を置きたいと思って、友人に相談したら、クリーク・アンド・リバー社のことを教えてもらいました。実は友人の会社ではクリーク・アンド・リバー社の人材派遣・紹介サービスを受け入れていたそうで。「クリエイター求人に特化している会社だから、登録するなら絶対に良いと思う」と勧められました。おかげさまで希望通り、アパレル系ECサイトのWebデザイナーとしての転職をサポートしてもらいました。以降、お世話になっています。

仕事と生活のバランスを考えて、転職を検討

Webデザイナー・石井さん

──アパレル系ECサイトから現在、就業されている大手ショッピングモールサイトのWebデザイナーへの転職を検討されたきっかけを教えてください。

石井 アパレル系ECサイトのWebデザイナーとして4年間勤務を続けました。当時の職場は、フラッシュセールサイト(商品を期間や会員限定で割引販売するサイト)という特性もあり、バナーやLPなどの制作物が多く、とにかく忙しかった。定期的に開催されるキャンペーンの時期は特に大変な思いをしたのを覚えています。

そんな中、ありがたいことに派遣から正社員になるお話をいただきました。でも、正社員になると部署が変わり、勤務地が自宅から遠くなることが分かって。定時が19時で、もしその時間に仕事を切り上げられたとしても、家につくのは早くて20時半。子供のことを考えると、それは難しいな、と。

仕事は嫌いではなかったのですが、やはり生活とのバランスが取れていないように感じて。それであれば、転職したほうが良いかなと思ったことがきっかけです。

「私の希望に合った求人がこれだけあるのか」と驚きました

話が弾むクリエイター×エージェント

──紹介したのは仲本さんですよね? どのように転職をサポートしたのですか?

仲本 何よりも、石井さんのキャリアへの希望を尊重したいと考えていました。アパレル系であることはもちろんですが、その中でも、石井さんに本当に納得してもらえる職場ってどこだろう? って。石井さんとは何度もお話をさせていただきました。

石井 そもそもアパレル系のWebデザイナーを求めている企業は限られていて、それにプラスして私の希望や要望もあり、自ずとマッチする求人はそれほど多くはないのではないかと思っていました。でも仲本さんは、「任せてください」と言ってくれて。

結局、いくつかの求人をご紹介いただきましたが、「私の希望に合った求人がこんなにあるの?」と驚いたと同時に、それを探し出すのは大変だっただろうと思ったことを覚えています。

振り返ると、本当に何度も相談に乗っていただきました。仕事終わりに連絡をするとすぐに来てくださって、色々な話を聞いていただきましたね。その中で、自分自身の譲れないものや希望などが固まっていったような気もします。そうしたサポートがあったからこそ、納得のいく転職ができたのだと思いますね。

仲本 求人のタイミングにも恵まれましたが、とにかく石井さんに合いそうな求人を見つけたら、できるだけ早く連絡するように心がけていました。時期を逃すと募集が終わってしまう可能性がありますからね。

──数ある求人の中から、大手ショッピングモールサイトの求人を石井さんにおすすめした理由を教えてください。

仲本 大手ショッピングモールサイトのデザインの求人は、テーマやブランドイメージを具体化する力が求められます。正直、難易度の高い仕事だと感じました。でも、だからこそ、石井さんの経験やスキルを活かしつつ、さらにキャリアアップを図れそうだと思いました。

──実際に大手ショッピングモールサイトの求人紹介を受けて、石井さんはどう思いましたか?

石井 社名だけでは判断できませんでしたが、詳しいお話を聞いたら、このWebページなら自分を活かしたデザインができるのかも、と感じました。仲本さんにも「合っていると思いますよ」と背中を押していただけて、とても勇気をもらいました。

仲本 業務内容もそうですが、働く環境も、前職より石井さんの希望にマッチしていました。これはいい転職になるのではないかとおすすめした記憶があります。

──実際に大手ショッピングモールサイトの仕事はいかがですか?

石井 私が所属しているのは少人数の事業部なので、「やりたい」と提案すれば幅広い仕事を担当できます。 Webデザインがメインではありますが、他にもSNSに投稿する写真撮影や動画の編集まで携わることができました。多忙と言えば多忙ですが、おかげさまで充実した毎日を送らせていただいています。

澤田 大活躍ですね! 働く環境も改善されましたよね。

石井 はい。前職よりも定時が早くなったので、家庭との両立も楽になりました。現在は子供も少し大きくなりましたので、時間の融通が利くようになったことも大きいです。

エージェントが親身に寄り添い、マッチした求人を紹介

Webデザイナー・石井さん

──転職活動を振り返って、クリーク・アンド・リバー社の転職支援はどんな点がよかったですか?

石井 紹介してくれる求人の「量と質」ですね。仲本さんが親身にご相談にのってくださったこともあり、提案いたただいた求人は私の希望にマッチする素晴らしいお仕事ばかりでした。おこがましくも、たくさんある求人の中から選ばせていただくことができました。

仲本 うれしいですね。

──これから転職される方に、クリーク・アンド・リバー社のどのような点をオススメしたいですか?

石井 前の回答の繰り返しになってしまいますが、求人の質が高い点。特に私のように技術系のお仕事を希望する人は、まず登録してみるといいと思います。自分の希望する求人が数多くあることにビックリすると思います。

加えて、エージェントの質の高さもオススメできるポイントだと思います。私は仲本さんに親身になって話を聞いていただいたおかげで、今の職場にたどり着くことができました。どんなに求人の質が高くても私の望むものと違っていたら、意味はありませんから。

担当エージェントに自分の希望や思いをしっかり伝えれば、きっといい転職ができるのではないかと思います。

──最後に、石井さんのキャリアの目標や今後の展望を教えてください。

石井 今は子育ても落ち着いてきたので、デザイナーとしてさらなるステップアップを図りたいと思っています。そのために、今はUI・UXやマーケティングも学んでいます。今まで培ってきたスキルを存分に使い、思いっきり仕事に打ち込みたいですね。

──インタビューを通じて、充実したお仕事ぶりが伝わってきました。石井さん、ありがとうございました。