ライターやブロガーの方なら、一度は記事のアクセス数を増やしたいと考えることでしょう。そういった場合は、トレンドキーワードを使ってコンテンツを作るのがおすすめです。トレンドキーワードをうまく取り入れたコンテンツを作ることで、短期的に多くのPVを獲得できる可能性があります。

ここでは、トレンドキーワードの見つけ方や有用なツールについて紹介するので、これからトレンドキーワードを使ったコンテンツづくりを考えている方は参考にしてみてください。

トレンドキーワードって何?

トレンドキーワードとは、話題となっているキーワード、もしくはこれから話題となりそうなキーワードのことです。たとえば、年末シーズンに話題となる「忘年会」もトレンドキーワードの一つとなります。

トレンドキーワードは、旬の時期になると検索数が大きく増すため、うまく活用すれば短期間に大量のアクセスを集めることも可能です。
ちなみに、トレンドキーワードには「季節性」と「人気性」の2種類があります。

季節性のトレンドキーワードとは

季節性のトレンドキーワードとは、特定時期、旬の季節になると検索数が膨大に増すキーワードのことです。その反面、季節が終わるとほとんど検索されなくなります。

人気性のトレンドキーワードとは

人気性のトレンドキーワードとは、テレビや新聞で話題となり、検索数が急上昇するキーワードのことです。あらかじめ旬の時期がわかる「季節性」とは違い、人気が急上昇しているキーワードを探すスキルと手間が要求されます。

記事にトレンドキーワードを使うメリットとデメリット

トレンドキーワードを使うメリットは、短期的に多くのアクセスを期待できる記事になることです。しかし、そのメリットがある反面、旬の時期を過ぎるとアクセスが激減するデメリットもあります。

言い換えれば、トレンドキーワードを主軸にした記事では、長期的にアクセスを集めることは難しいということです。

トレンドキーワードを見つけるツールとは?

トレンドキーワードを見つけるツールとは?

トレンドキーワードを見つける方法としては、各有名サイトが公開しているツールを活用する方法がおすすめです。具体的には『Google Trends』といった直近の急上昇ワードを公開しているツールを活用するとよいでしょう。

こういったツールを介して、検索エンジンやSNSなど各方面で今話題となっているトレンドキーワードを見つけることができます。
次に、いくつかのツールをピックアップしておきましたので、参考にしてみてください。

Google Trends

Googleでの直近の急上昇ワードや、関連ニュースが配信されています。
キーワードを直接打ち込むことで、人気の動向を線グラフで確認することができ、中長期のトレンドキーワードを探す際も有用です。

また、Google Trendsのメニュー「急上昇ワード」内にある「リアルタイムの検索トレンド」では、よりリアルタイムな急上昇ワードや関連ニュースを見つけることができます。人気の動向を示した線グラフや、関連キーワードとあわせてチェックしてみましょう。

Yahoo!JAPAN

Yahoo!JAPANを利用することでも、簡単に急上昇ワードを見つけることができます。

たとえば「ウェブ」のページを開けば、Yahoo!JAPANの検索において急上昇しているワードが公開されています。
また、「リアルタイム」のページでは、Yahoo!JAPANの検索においてリアルタイムで急上昇しているワードも見られます。

Yahoo!広告 公式ラーニングポータル 販促カレンダー

Yahoo!広告の公式ラーニングポータルでは、時期別のトレンドやイベントが一目でわかる販促カレンダーが公開されています。年間版と各季節版が地方別で用意されていますので、季節性のトレンドキーワードを探す際の参考にしてみてはいかがでしょうか。

Twitter

Twitterの検索ページにある「トレンド」欄で、現在トレンドになっているキーワードとツイート数を見ることができます。

価格.com テレビ紹介情報

音楽や飲食店、イベント情報、雑学など幅広いジャンルにおいて、テレビ番組で紹介された話題の情報がまとめられています。
いつ放送のどの番組で、どのように紹介されたかも掲載されていますので、テレビ番組の最新の話題を知りたい場合には非常に便利です。

cotoha.com トピックス

cotoha.com トピックスではGoogleのトレンド急上昇ワードやTwitterのトレンドワード、dメニューの急上昇ワードを一目でチェックすることができます。

ついっぷるトレンド

ついっぷるトレンドはTwitterで話題となっているトレンドキーワードを公開しています。関連ワードと反響ツイートをチェックすることで、話題となっているキーワードの背景を伺えます。

BIGLOBEサーチ 旬感ランキング

BIGLOBEサーチ 旬感ランキングはBIGLOBEでの急上昇ワードをランキング形式でチェックすることができます。ランキングには、前日のトレンドが見られる1日ランキングや、1週間前のトレンドがわかる1週間ランキングなどがあります。

@nifty 瞬!ワード

@niftyで検索された、話題のキーワードがランキング形式で公開されています。ランキングは1時間ごとに集計されているため、リアルタイムに近い状態で話題のキーワードをチェックすることができます。

goo検索

goo検索における現在、1時間前、2時間前、3時間前の急上昇ワードが上位20個ずつ公開されています。これにより、リアルタイムなトレンドの変動を把握できるでしょう。

ツールを使わずにトレンドキーワードを探すには?

ツールからトレンドキーワードを抽出しても、競合であふれアクセス数アップが望めない場合もありますので、オフラインでのリサーチも視野に入れておきましょう。
オンライン上のツールを使わずとも、トレンドキーワードを探す方法はありますので紹介します。

テレビの情報から探す

テレビで放映される情報の多くは、今話題となっている情報、あるいはこれから話題となる情報で構成されているものです。

具体的に、次のようなものは放送後に検索数が急増する事態が予想されます。

  • 健康情報番組で紹介された話題の健康食材
  • グルメリポート番組で登場した話題のスイーツ
  • テレビコマーシャルで話題の新商品

話題のキーワードであふれているテレビ番組は、旬のトレンドキーワードを探す場としてはうってつけでしょう。

紙媒体の情報から探す

他には、雑誌や本といった紙媒体からトレンドキーワードを探す方法が挙げられます。
雑誌ではテレビとは違ったかたちで、今話題の情報が多く提供されており、Web上で公開されているものよりも色濃い情報が掲載されていることもあるので必見です。

雑誌から得られる情報の参考例としては、次のものがあります。

  • これから流行しそうな新商品の紹介
  • 注目のイベント情報
  • 芸能関係のゴシップ

テレビや雑誌から情報収集するだけでなく、店頭の話題商品をチェックするなど、実地調査もトレンドキーワードのリサーチには有効です。それぞれ自分に合った方法で調べてみるとよいでしょう。

中長期トレンドキーワードを探すコツはこれ!

中長期トレンドキーワードを探すコツはこれ!

局所的なアクセスを期待できるトレンドキーワードだけでなく、中長期トレンドキーワードにおいてもリサーチしておくとよいでしょう。徐々に人気が高まるキーワードを使うことで、中長期的な検索流入を見込めます。

ただし、中長期のトレンドキーワードを調べられるツールはないため、現状で利用できるツールをうまく活用して、中長期トレンドキーワード発見の足がかりにすることが必要です。

ツールを活用して人気の動向を探る

先述では、トレンドキーワードを見つけるためのツールをいくつか紹介しましたが、中長期トレンドを狙うために人気の動向を探るのであれば、「Google Trends」を利用するのがよいでしょう。

Google Trendsでは、入力したキーワードの人気の動向を線グラフで俯かん的に見ることができますので、徐々に人気が高まっているキーワードがあれば、中長期トレンドキーワードの候補となります。

世間の動向から人気を先読みする

中長期トレンドキーワードを探すコツは、世間の注目となっている情報を紐解き、これから人気となりそうなキーワードを先読みすることにあります。気になるキーワードをピックアップし、ツールをうまく活用していくことで、次第にコツはつかめていくことでしょう。

中長期的なアクセスを確保するため、中長期のトレンドキーワードはぜひチェックしておくことをおすすめします。

トレンドキーワードを活用してコンテンツを作ろう

ツールを駆使し、市場のニーズを先読みすることで、多くの有用なトレンドキーワードを見つけることができます。発掘したトレンドキーワードをコンテンツにうまく活用することで、短期的にアクセスを急増させることもできますし、中長期的な検索流入も見込めます。

記事のアクセス数を増やし、収入につなげたいと考えているライターやブロガーの方は、ぜひ今回紹介したトレンドキーワードの見つけ方を参考に、トレンドキーワードを活用してみてはいかがでしょうか。