近年、テクノロジーの著しい進化に伴いプログラマーの需要も高まっています。そのためプログラミングを学ぼうと考える人も多いですが、未経験者の場合は「何から手をつければいいのかわからない!」というのがほとんどではないでしょうか。また、プログラミングは簡単に習得できるものではないため、途中で挫折してしまう人も少なくありません。

そこで今回は、未経験者がプログラミング学習で挫折してしまう原因や、挫折しない独学方法についてご紹介します。

プログラミングは独学で習得できる?

プログラミングは、未経験でも独学で習得することが可能です。
一見、プログラミングの独学は難易度が高いように思われがちですが、最近ではプログラミングが学べるサイトや動画、開発環境などが数多く存在しますので、パソコンとインターネット環境さえあれば本格的に勉強することができます。

ただし、プログラミングを確実に習得するには「プログラミングを習得して何を作りたいのか」といった目標設定が重要です。なぜなら、プログラミングとは目的達成のための手段でしかなく、目的によって習得する言語や学習期間などが異なるからです。
そのため、目的が明確になっていない状態で学習を始めてしまうと、必要のない勉強をしてしまったり、途中で方向性を見失ったりして効率的な学習ができません。また、こういった効率の悪化は挫折にも繋がりますので、学習を始める前に目的を明確にしておくことが大切です。

未経験者がプログラミングで挫折しやすい2つのポイント


プログラミングの独学には「コストを抑えられる」「自分のペースで学習できる」「場所や時間に縛られない」といったメリットがありますが、挫折する人が多いのも事実です。あるプログラミングスクールの調査によると、独学経験がある人の9割近くが挫折していたこともわかっています。
ここでは、独学で挫折してしまう人の傾向についてみていきましょう。

学習のモチベーションが続かない

まず1つ目は、学習のモチベーションが継続できず、途中でやる気を失ってしまうというものです。そして、これはプログラミング学習における最も大きな壁だといえるでしょう。

プログラミング学習は基礎だけではなく、実際に開発したり、動作させたりして技術を習得していきますが、その際はエラーとの戦いになります。実際、書き込んだプログラムが自分の意図通りに動くのは稀で、プログラミング学習の8割はエラー処理といっても過言ではありません。エラーを解消するにはエラー→仮説→修正→検証といった作業を何度も繰り返すしかありませんので、エラーが連続したり、解決できなかったりした際にそのまま学習を諦めてしまうケースが多いです。

また、最初はなかなか形にならず完成後のイメージもわきにくいため、学習を続けるうちにモチベーションが下がってきてしまい、挫折するという人も少なくありません。そのため、プログラミングを習得するには何度エラーが出ようとも諦めず、完成までひたすら作業を続けられる根気強さが必要だといえるでしょう。

疑問や不明点を解決できない

2つ目の傾向は、わからないことがあった際にそれを解決できないというものです。
プログラミングスクールでは専任の講師がいるため、わからないことはその場で解決することができます。しかし、独学となると教えてくれる人がいませんから、わからないことは自分で解決しなければなりません。「参考書を読んでも専門用語が多くて理解ができない」「調べ方がわからない」「わかりやすく解説されたサイトが見つからない」なんてことも多々ありますので、なかなか不明点が解決できずに挫折してしまう人も多く存在します。

挫折しないために!独学でプログラミングを学習するコツは?


確かにプログラミングの独学は挫折者が多いですが、挫折せずにプログラミングを習得できている人も大勢います。プログラミング学習での挫折は、コツを押さえながら学習するだけで効果的に防ぐことができるので、これから勉強を始める人はもちろん、すでに勉強を始めている人もぜひ参考にしてみてください。

プログラミングで何をしたいのか

プログラミングの学習を始める前に、まずは「プログラミングで何がしたいのか」という目的を明確にしましょう。

たとえば「iPhoneの○○みたいなアプリを作る」や「自分が考案したWebサービスを作る」「3Dゲームを開発したい」など、プログラミングを習得する目的は人によってさまざまです。そして、目的が具体的であるほど効率的に学習を進めることができます。
しかし、未経験者の場合は知識がないため、深く掘り下げることが難しいかもしれません。その場合は、アプリ開発なのか、それともAI分野なのかといった方向性を決めるのがおすすめです。方向性を決めるだけでも学ぶべき言語がかなり絞られ、おのずと選択肢が決まってくるでしょう。

使用するプログラミング言語を選択する

プログラミング習得の目的を明確にしたら、今度はそれに適した言語を選択しましょう。その際、考慮するポイントは以下の2点です。

言語選択のポイント

  • 何を作りたいのか
  • どうなりたいのか

プログラミング言語にはさまざまな種類があり、それぞれ得意とするものが異なります。そのため、自分の作りたいものに最適な言語を選ぶ必要があります。また、将来エンジニアを職業にしたいのであれば、言語の需要や求人数なども加味して選ぶのがおすすめです。

アプリ開発に適した言語

Java

業務システムや大規模なシステムで最も使われている言語です。AndoroidアプリといえばJavaというくらい普及しています。デスクトップアプリも開発可能で、1つ覚えることでさまざまなものが作れるためおすすめの言語となっています。

Kotlin

主にAndroidアプリの開発で使用されている言語で、Javaと完全な互換性を持っているため、Javaで書かれたアプリの改良も可能です。Javaに比べてコードが簡潔な点や、安全性が担保しやすいのが特徴でAndroidアプリをKotlinで開発する人は徐々に増えてきています。

Swift

Apple社が開発したプログラミング言語です。iOSやOSX向けのアプリ開発に適しており、iPhoneアプリを開発したい場合第一候補として上がる言語です。

Web開発に適した言語

Ruby

国産の開発言語であるRubyはWebサービスの構築で多く利用されています。有名なフレームワークである「Ruby on Rails」を利用すれば作りたいものが簡単に作れるほか、仕様変更も手軽にできるため、多くのスタートアップ企業で採用されています。

PHP

Webの開発言語として引き続き人気のあるPHPはWordpressの開発言語としても知られています。WordpressをベースにWebサイトを構築する場合、PHPを学ぶのが一番の近道といえます。

デスクトップアプリ開発に適した言語

C#

パソコンやサーバー用のプログラム、ゲーム、アプリなど、幅広いシーンで利用されている言語です。デスクトップだけでなく、Unityというフレームワークを利用してスマホアプリの開発も可能です。Javaと文法が似ているため、Javaエンジニアが習得しやすい言語としても知られています。

AI・機械学習の分野に適した言語

Python

汎用的で、どんなものでも作れる言語であるPythonは、そのライブラリの豊富さなどからビッグデータやAI分野での活用が進んでいます。簡単に環境構築ができ、AI・機械学習系のライブラリも豊富なため、近年最も人気のプログラミング言語として知られています。

R

統計分析に特化したプログラミング言語で、データ分析や統計解析などで活用されています。データサイエンティストを目指す方などの利用も増えており、近年では機械学習での利用も広がっています。

小さいものから作っていく 

プログラミング言語の基礎を学んだら、実際に作ってみましょう。
その際は、いきなり高度なものを作ろうとせず、直ぐに完成できる小さなものを選ぶのがポイントです。最初から大きな理想を描いて作り始めてしまうと、いつまでたっても完成しないプログラムを前にモチベーションが下がってしまう可能性が高いですが、小さいものから作っていくと、小さい成功体験をコツコツと積み重ねることができ、モチベーションも維持しやすくなります。
モチベーションを維持しながら学習を続けるには、小さな成功体験の積み重ねが大切です。

サイトや動画などを活用する

プログラミングが学べる動画やサイトは多く存在しますが、最初のうちはゼロから解説しているようなサイトを参考にするのがおすすめです。もちろん辞書的なサイトを参考にするのも良いですが、それだけでは一連の工程がイメージしにくいほか、躓いた際の原因解明にも時間がかかってしまいます。そのため、ある程度慣れてくるまでは細かな手順やポイントなどわかるサイト・動画を活用しましょう。

また、挫折の大きな原因に「不明点が解決できない」というものがありますが、わからないことを質問できるサイトを活用すれば、挫折せずに効率よく学習を進めることが可能です。質問サイトは大きく「掲示板型」と「メンター型」の2種類がありますが、いずれも現役エンジニアやそれなりの知識を持った人が答えてくれるので、積極的に活用していきましょう。

可能であればスクールなども活用 

プログラミングを独学で習得することは可能ですが、体系的に学ぶとなるとやはりスクールが強いです。そのため、プログラミングを職業にしたい場合はぜひスクールも検討してみてください。
スクールにはオンライン・オフラインの2種類ありますので、順番にみていきましょう。

おすすめのオンライン型スクール

TECH::CAMP(テックキャンプ)

基本的なプログラミングはもちろん、WebデザインやAI、テクノロジーセミナーなどのカリキュラムを利用して学習することが可能です。また、エンジニアとして活躍したい人向けの「TECH::EXPERT」では、通常の3倍以上のスキルが学べるほか、転職支援まで行ってくれます。

料金 月額:14,800円~
学べる言語 Ruby・HTML・CSS・JavaScript・SQL・Ruby on Rails・Pythonなど
公式サイト https://tech-camp.in/

Tech Academy(テックアカデミー)

短期間でプログラミングやアプリ開発のスキルが身に付くブートキャンプを開催しており、いつでも自宅から参加することが可能です。週に2回のビデオチャットやレビューを使用するなど、挫折対策もしっかり考慮されています。

料金 4週間:109,000円~
(Webアプリケーションコースの場合)
学べる言語 Webアプリケーション・PHP・Laravel・Java・フロントエンド・WordPress・iPhoneアプリ・Androidアプリ・Unityなど
公式サイト https://techacademy.jp/

侍エンジニア塾

マンツーマン形式で学べるオンラインスクールなので、全くの初心者でも安心して受講することが可能です。受講期間中、実際にフリーランス案件を獲得・提出するというシステムになっており、プログラミングを学びながら実績が作れるのも大きな魅力といえるでしょう。

料金 月額:7,000円~
学べる言語 Ruby・PHP・Python・Java・WordPress・HTML/ CSS・JavaScriptなど
公式サイト https://www.sejuku.net/

おすすめのオフライン型スクール

KENスクール

プログラミング業界の定番ともいえるスクールです。未経験からの就転職を得意としており、受講開始とともに専任のコーディネーターが手厚くサポートしてくれます。

料金 6ヵ月:365,000円~
(Javaプログラマー育成コースの場合)
学べる言語 Java・C言語・VB・PHP・WordPress・LAMP・VBA・データベース・スマートフォンアプリ開発・Unityなど
公式サイト https://www.kenschool.jp/Program/

Winスクール

北海道から鹿児島まで全国展開しているスクールで、年間受講者1万人越えの人気を誇ります。実際に現場で活躍しているプロが指導してくれるほか、個人のスキルや希望に合わせて学習内容をアレンジしてくれるので、プログラミングを効率的に習得することが可能です。

料金 6ヵ月:365,000円~
(Javaプログラマー育成コースの場合)
学べる言語 Webプログラミング・Java・C言語・Webシステム開発・組み込みシステム開発・AI・Python・Node.jsなど
公式サイト https://www.winschool.jp/

独学でプログラミングを学ぶには継続が大事

プログラミングを独学するうえで重要になるのは、とにかく継続することです。
最初はわからないことだらけで躓くことも多々ありますが、そこで諦めずに学習を続けられるかが大きなポイントになります。時間がかかったとしても、丁寧に学習していけばきっと解決できるはずなので、中長期的にプログラミングを学ぶ気持ちを持ちましょう。
また、近年は実にさまざまな動画やサイトが存在するので、自分にとって使いやすいサイトを見つけ、積極的に活用していきましょう。