5Gによる通信の変革はもう目の前まで来ています。現行の4Gは、従来の通信システムの延長線上のものでしたが、5Gになることで私たちの生活は大きく変わると予想されます。

この記事では、3つのテーマについてご紹介します。

  • 5Gの概要と各国の導入状況
  • 5Gの特徴
  • 5Gによる私たちの生活の変化

4Gが5Gになることでどんな変化が起こるのか? そもそも5Gとは何なのか? これらについて知りたい方はぜひ参考にしてみてください。

5Gとは?

5Gとは何かを知るためには、まず1G~4Gまでを知っておくと理解が深まります。1G~4Gの振り返りと世界や日本における5Gの導入状況について紹介していきます。

5Gの「G」は何の略?

「G」はGeneration=世代の略です。つまり5Gとは“第五世代“を意味し、より正確には「第5世代移動通信システム」となります。5Gがあるように1G~4Gまでも当然存在しており、現在の主流は4Gです。1Gと2Gに関しては、3Gが登場した際に、従来の移動通信システムとの区別のために名付けられました。

1Gは携帯電話登場時期であり、固定の電話だけでなく、どこにいても電話ができるようになった時代です。2Gは電話だけでなく、メールなどのテキスト通信もできるようになりました。3Gになることで、電話やメールとあわせて、インターネットへの接続ができるようになり、さまざまなコンテンツを閲覧することが可能となっています。

3Gから4Gへは、通信速度が飛躍的に向上しています。3Gの通信速度は最大2~40Mbps程度でしたが、4Gでは最大100Mbps~1Gbpsとなりました。それにより、動画の配信サービスも携帯電話(スマホ)で閲覧することが可能となっています。

5Gでは、その4Gよりも飛躍的に通信速度が向上します。携帯電話だけでなく、IoTによってさまざまなデバイスがインターネットに繋がることになるための基盤として注目されています。

5Gの具体的な特徴については、後ほど解説します。

5Gがすでに導入されている国もある

世界に目を向けてみると、すでに5Gを導入している国があります。世界に先駆けて5Gを導入した国は、韓国・アメリカ・イギリスです。その他の国については、下記の図と表を参照ください。

韓国 世界に先駆けて導入した3カ国のひとつ。5G加入者が300万人を突破したといわれる
アメリカ 世界に先駆けて導入した3カ国のひとつ。AT&Tが全米12都市で5Gサービスを提供開始
イギリス 世界に先駆けて導入した3カ国のひとつ。アメリカ、韓国に続き世界で3番目に5Gを導入
欧州 イギリスを除く欧州各国は、スイス、スウェーデン、フィンランド、スペイン、ドイツなど各国で導入が進んでいる
南米 ウルグアイが南米で初めて5Gサービスを開始
オーストラリア 2019年5月に導入
南アフリカ 2019年9月から、ヨハネスブルグとトスウェインの主要地域で導入
中国 2019年末に向けて商用サービスを開始するため準備中
日本 東京オリンピック・パラリンピックが開催される2020年に合わせて本格的な商用サービスを導入予定
カナダ 2020年に導入予定
インド 2020年までに導入予定
ロシア 2021年に導入予定。ロシアを含むCISすべての国が2025年までに5Gを開始予定

※上記情報は2019年10月時点で、筆者が独自に調査したものです。
※各国の導入状況には地域差があります。

各キャリアのスケジュール

日本では、2020年の春ごろから5Gのサービスが開始する予定となっています。5Gを提供するキャリアは、次の4キャリアです。各社とも5Gのプレリリースとして、さまざまなイベントで5Gネットワークの体験会を実施済みとなっています。

キャリア名 サービス開始時期 5G基盤展開率(2024年度末)
NTTドコモ 2020年春 97.0%
KDDI 2020年3月予定 93.2%
ソフトバンク 2020年3月頃 64.0%
楽天モバイル 2020年6月頃 56.1%

基盤展開率とは、日本国内を10km四方で区切った際に、5G基地局がある範囲の割合を示すものです。5G基地局がなければ5G通信は行えないため、基盤展開率が高いほど、日本国内のどこにいても5G通信ができることを表しています。

2024年度末までの基盤展開率は、NTTドコモが97%と最も高く、ついでKDDIの93.2%となっています。NTTドコモは2020年6月末までに全国展開を予定しており、KDDIは2021年度に1万局を全国展開予定。NTTドコモとKDDIが、日本の5G普及をリードする存在になるかもしれません。

参照元

5Gの特徴

5Gには、大きく3つの特徴があります。これから解説する3つの特徴によって、これまでに実現できなかった新たなサービスやシステムが実現できるようになるのです。それぞれの特徴について一つずつ解説していきます。

超高速


現行4Gの最大通信速度は100Mbps(0.1Gbps)~1Gbps程度です。5Gでは、目標理論値で最大通信速度は20Gbpsであるため、20倍~200倍の通信速度となります。通信速度は文字通り「超高速」となり、大容量通信が可能となるのです。

例えば、2時間以上の映画などの大容量コンテンツを、5Gでは数秒でダウンロードすることができるといわれます。4Kや8Kといった超高画質動画の配信も行われるようになり、通信速度の上昇によって、ユーザーの利便性が向上します。

超高速・大容量となることで、超高画質画像や動画を扱えるようになると、さまざまな分野の進歩に役立てることが可能です。例えば、セキュリティの分野であれば、従来は人がいるかいないかの判断のみしかできなかったものが、人物の認識・特定や行動が把握までできるようになります。
車の分野では、より詳細な環境や標識の把握ができるようになることで新たな安全機能などの実装に繋がるかもしれません。

多数同時接続

5Gになることで、一定面積内の同時接続数も飛躍的に向上します。
平方kmあたりの同時接続数は、現行の4Gは10万台ですが、5Gでは100万台となり10倍です。

4Gで一定面積内の同時接続数が増えると、通信が集中することにより接続できなくなったり、通信速度が落ちたりする問題がありました。5Gでは、同じ面積の中に基地局を密に配置する「小セル化」を進めることで対応します。

スマホやパソコンだけでなく、家電や車、カメラ、さまざまなセンサーなど、あらゆるモノがインターネットに繋がるIoTを実現するために、5Gの多数同時接続は必要不可欠な要素です。
あらゆるモノがインターネットに繋がることにより、ユーザーの利便性向上、セキュリティ向上、コスト削減などの効果が期待でき、5Gによる通信変革の一端を担っています。

超低遅延

通信の遅延も抑えられることにより、よりリアルタイムな通信が実現されます。
現行4Gでは、10ms(1秒の100分の1)ほどの通信遅延が発生しますが、5Gでは1ms以下となり、体感レベルの遅延はほぼ感じることがなくなるのです。

超低遅延により車の自動運転の精度や、遠隔治療などの分野での活用が期待されています。車の自動運転や遠隔治療、建機の遠隔操作などは、通信の遅延が致命的な事故につながる恐れがあり、安全性がなによりも重視されます。そのようなサービスやシステムを、超低遅延によって高い信頼性をもって実現することができるようになります。

そのほかにも、離れた場所から5Gを利用してバンド演奏をするなど、エンタメ分野においてもさまざまな変革がもたらされるでしょう。

5Gによって生活はどう変わる?

スポーツ観戦


大容量・高速通信により、4Kや8Kといった超高画質のVR体験がリアルタイムで実現されます。自宅にいながら、プレイする選手たちの側にいるかのような臨場感が味わえるでしょう。
実際にソフトバンクでは、2019年8月に5Gのプレリリースを行い、バスケットの試合をコートの真横から見ているような体験を提供しました。ほかにも、コートを囲むように多数のカメラを設置することで、見たい視点で観戦する「自由視点映像」も、5Gによる大容量・高速通信により実現されました。

NTTドコモも、2019年ラグビーワールドカップにおいて、パブリックビューイング形式で5Gプレリリースを実施しています。手元のスマートフォンを利用して「自由視点映像」を閲覧したり、選手データを閲覧したりできるようになっていました。ハイライトシーンも自らのタイミングで確認することができ、ユーザーの利便性が格段に向上している様子が見てとれます。

5Gによるスポーツ観戦は、物理的な距離や空間の制限を減らすことができ、これまでの常識を覆すものとなるでしょう。

ゲームがすべてクラウドに

現在は、専用のゲーム機とソフトを用意してプレイすることが一般的です。ソフトのダウンロード化や、オンライン対戦など、ネットワークを通じたゲームプレイもできるようになっていますが、5Gでは大きく変わります。
5Gによって、ゲームはすべてクラウド上でプレイすることができるようになり、専用のゲーム機やソフトを用意する必要がなくなります。サブスクリプションが主流となり、都度購入することもほとんどなくなる可能性があるでしょう。

また、動きの激しいアクションゲームやFPSといったジャンルのゲームは、通信遅延がプレイに大きく影響を及ぼします。これまでは通信遅延のために、すべてをクラウド上で実現することは難しい部分がありましたが、5Gの超高速、超低遅延によってその問題の大部分は解消されます。
ゲームの分野もeスポーツとして盛り上がりを見せており、これからゲームのあり方も大きく変わることでしょう。

自動運転

5Gによって、車も自動運転が主流になっていく可能性が高いです。
信号や他車の走行状況、発信、停止などの情報を遅延なく受信することが可能となるためです。車の自動運転は、リアルタイムに多くの情報を処理しなければならず、僅かな通信遅延も許されません。なぜなら、少しの通信遅延によって、取り返しのつかない事故を引き起こす可能性があるからです。

5GによってIoTが普及し、さまざまなセンサーがインターネットに繋がることで、より効率的な情報の送受信ができるようになります。通信の遅延なく情報を受け取って処理することが可能になるため、車の自動運転にとって5Gは必要不可欠といえるでしょう。
また、著しい発達を遂げているAIの分野においても、5Gは大きな影響をもたらします。IoTによって大量の情報が飛び交うようになりますが、これらを5Gによって遅延なく受信し、AIによって適切な判断を行うことで、車の自動運転の安全性が増すことも予想されます。
5Gの導入とともに車の自動運転の技術は高まっていくでしょう。

医療の進化

5Gは、医療分野でも期待されています。5Gの超高速、超低遅延によって遠隔治療が可能となるからです。医療で使う高精密化している画像は、場所を問わずにいつでもどこでも使えるようになります。

また、地方と都市部を比較した場合、医者の割合は都市部の方が多いため、より高度な治療を受診できるのは都市部であることは明らかなのが今の現状です。現状では、医療が全国にまんべんなく広がる「均てん化」が実現できず、医療格差が拡大してしまう問題があります。

しかし、5Gにより遠隔治療や遠隔手術などが遅延なく行われるようになると、インターネットを介して全国の医療施設が繋がります。そしてロボット技術の発展も相まって、どこにいても最先端の治療が受けられるようになることでしょう。

日本国内に限らず、海外とも5Gによって接続されれば、海外でしか受けられなかった手術を日本で受けることも夢ではありません。

世界が大きく動く5Gに注目しよう

5Gはこれまでの4Gとは異なり、従来の移動通信システムの延長線上にあるものではなく、私たちの生活を劇的に変える可能性がある技術です。5Gの3大特徴である「超高速」「多数同時接続」「超低遅延」によって、IoTやAI、ロボット技術などの基盤となり、さらなる技術発展が期待されます。

5Gはエンタメ分野のほか、車の自動運転や医療分野、建設分野などにも大きな影響を与えます。私たちの利便性向上はもちろんのこと、新たなビジネスが生まれる機会でもあるといえるでしょう。
海外ではすでに5Gを導入している国があり、日本も2020年には5Gの世界が訪れます。日本だけでなく、世界中が大きく動く5Gに注目し、新たに生まれるサービスや商品にも期待しましょう。