現在デザイナーとして働いている人の中には、「アートディレクターを目指したい」と考えている人も多いと思います。デザイン系の仕事をしている人の中には、有名アートディレクターに一度は憧れた経験がある人も多いのではないでしょうか。

今回は、アートディレクターの具体的な仕事内容やプロジェクト上の役割、デザイナーからステップアップするためのプロセスなど、アートディレクターについてまとめました。
本記事を読めば、アートディレクターという仕事がすっきりと理解できますのでぜひご一読ください。

アートディレクターの仕事とは?


アートディレクターは、広告・Webサイト・パッケージなど、ビジュアルデザインの指揮をとる責任者です。ADと略して表記されることもあります。

「アート」と言っても自分の芸術性を表現するアーティストとは違い、あくまでもクライアントの要望を実現するために広告などの制作をするのが仕事。
企画のコンセプトをデザイナー・コピーライターなどに伝え、ビジュアル表現をコントロールします。
ときには実際の撮影現場に立ち合って撮影ディレクションを行うこともあるなど、チームメンバーへの指示出しやチェックなどディレクション業務がメイン。
中には自分でも手を動かし、デザインを行う「兼任アートディレクター」も存在します。

具体的に仕事内容を見ていくと、主に次のような業務が一般的です。

クライアントとの打ち合わせ

営業担当、プロデューサー、プランナーなどと一緒に、クライアントとの打ち合わせ・ヒアリングを行いデザインの方向性を固めます。

スタッフィング

打ち合わせ内容やプロジェクトに応じて、カメラマンやデザイナー、Webの場合であればコーダーなどメンバーを検討します。

ラフを作成・企画、デザイン決定

方向性を決定させるための「ラフ案(カンプ)」を複数案作成し、企画やデザインを固めていきます。ラフ案はイメージとなるサンプルを用意してデザイナーに指示・作成させる場合と、自分自身で作成する場合があります。

実際の制作作業

クライアントと企画やデザインについて方向性の合意がとれたら、実際の制作作業に入ります。デザインの途中経過を確認し、進捗状況に応じて修正指示を入れたり必要素材の確認を行ったりします。
また、ときには撮影に立ち合って写真構成の指示を行うことも。統一されたコンセプト・方向性で作業が進んでいるか、品質チェックをしながら進めていきます。

アートディレクターとデザイナーの違い

ふたつの職種を簡単に表すと以下の通りです。

・アートディレクターはビジュアルデザインの方向性をかじ取りし、責任者としてプロジェクトを進める仕事
・デザイナーはアートディレクターがまとめた方向性をもとに、実際に手を動かしてデザインを制作する仕事

アートディレクター自身もデザインを行うケースがあるため、必ずしも上記のように明確に差別化できないこともあります。

アートディレクターの年収

アートディレクターとデザイナーは明確に差別化できないこともありますが、ふたつの職種の違いは年収にハッキリと現れます。

DODAがまとめた職種別平均年収によると、グラフィックデザイナーの年収は332万円なのに対し、アートディレクターの年収は464万円です。アートディレクターの年収が100万円以上高いことがわかります。

平均年収ランキング2017(153職種の平均年収/生涯賃金) |転職ならDODA(デューダ)参考:平均年収ランキング2017(153職種の平均年収/生涯賃金) |転職ならDODA(デューダ)

アートディレクターの業務範囲は多岐にわたり、クライアント折衝やクリエイターへの指示出し、他部門との連携を経てプロジェクトをまとめ上げることなど、高いコミュニケーション能力が求められます。成果物に対してデザイン面での責任も負っているため、相対的にアートディレクターの年収は高くなります。

プロジェクトでのアートディレクターの役割

ひとつのプロジェクトを完成させるために作業を細分化し、クライアントの意向とプロジェクトのゴールをそれぞれの作業スタッフと共有し、まとめあげます。
ビジュアルの仕上がりやプロジェクト自体が良いものに仕上がるかどうかは、アートディレクターの力量に大きく影響されると言っても過言ではありません。

また、良い監督に巡り合って力が伸びるスポーツ選手のように、良いディレクターの下で優れたデザイナーが育つケースも多くあります。一人ひとりをしっかり見極め、どのような指導をするかによって指示を受けるデザイナーも自身の引き出しを広げていきます。

アートディレクターはプロジェクトのビジュアル領域の監督者であると同時に、デザイナーなどのスタッフを育てるという役割も担っています。

アートディレクターになるには?

アートディレクターになるためにはどうすればいいのか。求められるスキルやプロセスについてご紹介します。

向いている人

・コミュニケーション能力がある
デザイン制作が完成するまでには、社内の営業スタッフ・デザイナー・コピーライター・カメラマンなど、多くの人と連携しながら進めます。
クライアントである広告主ともやり取りが生まれるため、コミュニケーション能力があることは必須です。
アートディレクターの手腕がクリエイティブの出来を左右することもあるので、時には周りを巻き込んで引っぱる度量も必要になるでしょう。

・デザインセンスがある
基本的にアートディレクターはディレクション業務が主な仕事のため、デザイン自体はデザイナーが行うことがほとんどです。
ただし、デザイナーに指示を出す立場として、デザインを判断できるセンスと知識を持っていることは必須と言えるでしょう。

目指すべき進路

アートディレクターは、新卒やデザイン業界の未経験者がいきなりなれる職業ではありません。まずはデザイン事務所や広告制作会社などでグラフィックデザイナーとして十分なキャリアを積むことが必要です。

学べる学校

アートディレクターになるために、まずはグラフィックデザイナーを目指す場合。美術大学や芸術系の専門学校でデザインを学ぶことができます。

多摩美術大学 美術学部 グラフィックデザイン学科

特徴 本学科では、“美術大学でデザインを学ぶ意味”をより強固な柱とした体系的カリキュラムを通して、豊かな造形力と明せきな発想力によって問題解決のできる次代のクリエイターを育成します。
卒業後の進路 表現力、計画力を兼ね備えたクリエイターとして高く評価され、社会の各方面で活躍しています。ディレクター、デザイナー、プランナー、イラストレーターとして、広告、各種メーカー、印刷、新聞、出版、放送など、多くの分野で、グラフィックデザイン、映像、Web、アニメーション、キャラクター、ゲームソフト、CGなどの制作に関わる仕事をしています。また、大学院進学、海外留学をする学生もいます。
公式サイト http://www.tamabi.ac.jp/dept/gd/index.htm

※特徴、卒業後の進路は公式サイトより引用


武蔵野美術大学 美術学部 視覚伝達デザイン学科

特徴 視覚伝達デザイン学科では、視覚、聴覚、触覚、味覚、嗅覚を駆使し、多様なメディアへと展開することのできる力を身につけます。さまざまなかたちでメッセージを伝え合うことのできるコミュニケーターを育む。それが視覚伝達デザイン学科です。
進路状況 メーカー、広告代理店、マスコミ、デザイン事務所、印刷、映像やゲームなど、学科の特性を生かし、幅広い領域で活躍する多くの卒業生がいます。近年ではアニメやインターネットの領域への就職も目立ちます。また企業の総合職に就いたり、大学院進学や留学など、多様な進路が展開されています。
公式サイト http://www.musabi.ac.jp/course/undergraduate/vcd/

※特徴、進路状況は公式サイトより引用


デザイン専門学校 東京デザイナー学院[TDG] グラフィックデザイン科

特徴 写真・ロゴマーク・タイポグラフィ(文字)など、あらゆる要素を駆使してこだわりのある印刷物のデザインができるグラフィックデザイナーを目指します。
目指す職業 グラフィックデザイナー/アートディレクター/広告デザイナー/パッケージデザイナー/エディトリアルデザイナー/Webデザイナー/タイポグラファー/イラストレーター/DTPデザイナー/キャラクターデザイナー
公式サイト http://www.tdg.ac.jp/dept/graphic/

※特徴、目指す職業は公式サイトより引用


東京デザイン専門学校 グラフィックデザイン科

特徴 グラフィックデザイナーとして必要なスキルをしっかり学び、2年次には一人ひとりの希望に応じて5つの専攻で専門性を高めます。また、実務を行う上で欠かせないマーケティングや関連法規、DTPやWebといったデジタルスキルについても習得します。
将来の職業 グラフィックデザイナー/アートディレクター/広告デザイナー/エディトリアルデザイナー/Webデザイナー/パッケージデザイナー など
公式サイト http://www.tda.ac.jp/subject/G/

※特徴、将来の職業は公式サイトより引用

必要なスキル

アートディレクターに必要なスキルは、調整力とコミュニケーション能力です。

アートディレクターは、プロジェクトのディレクションをすることが主な仕事です。デザイナーやカメラマンなど、各クリエイターの制作を指揮してプロジェクトを進めすためには、調整力は必須のスキル。
また、クライアントや外部制作会社とのやりとりなど、社内・社外問わずさまざまな人との関わりが発生するため、円滑なやりとりを実現するコミュニケーション能力も求められるスキルです。

必要な資格orおすすめの資格

アートディレクターになるために必要な資格はありません。
ただし、先述のとおりアートディレクターはデザイナーからキャリアアップするケースが多いため、デザイナーとしての知識やスキルを把握するために資格を取得することは無駄にはなりません。

Photoshop®クリエイター能力認定試験

Photoshop®クリエイター能力認定試験
参考:http://www.sikaku.gr.jp/ns/ps/

サーティファイが実施している資格試験です。
難易度によってスタンダードエキスパートのニつがあり、スタンダードでは「指示通りの作業を正確かつ合理的に行う」こと、エキスパートでは「クライアントのニーズに対応した創造性の高いコンテンツ制作ができる」ことが要求されます。

学習時間の目安は、おおむねスタンダードで20時間、エキスパートで18時間となっています。
Webデザインの現場ではPhotoshopの技術は必須なので、おすすめの資格です。

スタンダード エキスパート
受験資格 なし
受験料 7,400円(税込) 8,400円(税込)
出題形式 実技・実践試験 知識・実技・実践試験
合格基準 知識・実技問題65%以上かつ実践問題70%以上
合格率 70.3%(平成27年度)
難易度 ★★☆☆☆ ★★★☆☆

(2017年1月現在)


Illustrator®クリエイター能力認定試験

Illustrator®クリエイター能力認定試験
参考:http://www.sikaku.gr.jp/ns/il/

こちらもサーティファイが実施している資格試験です。
求められるスキルは、Photoshop®クリエイター能力認定試験と同じく、スタンダードでは「指示通りの作業を正確かつ合理的に行う」こと、エキスパートでは「クライアントのニーズに対応した創造性の高いコンテンツ制作ができる」ことです。

学習時間の目安は、おおむねスタンダードで18時間、エキスパートで19時間となっています。
IllustratorはPhotoshopと同様に、制作現場で頻繁に使われるデザインソフトですので、こちらもおすすめの資格です。

スタンダード エキスパート
受験資格 なし
受験料 7,400円(税込) 8,400円(税込)
出題形式 実技・実践試験 知識・実技・実践試験
合格基準 知識・実技問題65%以上かつ実践問題70%以上
合格率 68.4%(平成27年度)
難易度 ★★☆☆☆ ★★★☆☆

(2017年1月現在)

まとめ

日本ではまだそれほど認知度が高くない職種ですが、最近では有名アートディレクターがメディアに取り上げられる機会も多くなり、目指す人が増えてきています。

ビジュアルやプロジェクトを監督する立場であるアートディレクターは、経験を積んで自分自身のセンスを磨くことはもちろん、さまざまなスタッフに指示を出したりクライアントの要望をうまく引き出したりするため、相当のコミュニケーション力も必要です。簡単になれる職種ではありませんが、プロジェクトをまとめあげる面白さに相当のやりがいを感じることができるでしょう。

「アートディレクターを目指したい」そんな方は、クリーク・アンド・リバー社の就業支援サービスへの登録をご検討ください。業界に精通したエージェントがお一人おひとりに対し、満足のいく転職の実現に向けて最大限のサポートをいたします。

まずは話を聞いてみたい、そんなご相談だけでも大歓迎です。
お気軽にお申し込みください。