依頼を受けたさまざまな媒体に、その趣旨に合ったイラストを描く職業をイラストレーターと言います。イラストレーターといってもその活躍の場は幅広くあり、イラストを描く場によって仕事内容も異なってきます。
この記事では、イラストの仕事をジャンル別に紹介します。

求人一覧から導き出した、各企業がイラストレーターに求めるスキルと経験もあわせてチェック!

イラストレーターの活躍の場とは?

イラストに対する需要を知ることで、目指すべき方向性も決まります。
イラストレーターの活躍の場は多岐にわたるため、それぞれの具体例をご紹介します。

雑誌・書籍
紙面上のイラスト制作は、イラストレーターとしてオーソドックスな仕事です。表紙のイラストや、挿絵として使われるカットイラストなどを描く機会が多いです。

Web
近年では漫画やイラストはWebで完結することがほとんどのため、Webイラストの技術は欠かせないスキルになってきています。その他にも、アニメやゲームのイラストを手掛けることもあります。

広告
ポスターやチラシ、新聞雑誌の広告など、媒体に合わせてイラストを描きます。自分の描いたイラストによって商品のイメージを左右するため、広告主の要望に応えられるかが重要になります。

ここまでご紹介してきた「雑誌や書籍」「Web」「広告」というのは、イラストレーターの活躍の場として、多くの人がイメージしやすいものかもしれません。
実際にはイラストレーターの仕事はもっと細かく分かれて存在します。

たとえば、商品パッケージのイラスト制作、テレビ内で使われるイラストを描く仕事などがあります。このように改めて見てみると、イラストレーターの活動領域は幅広くあるということがわかります。

イラストレーターの仕事は、自分の好きなもの・満足できるものをイラストにしたら完成するわけではありません。クライアントの要望を細かくくみ取り、それに応えるイラストを作成することが大切です。これからイラストレーターになりたいと考えている方は、その点を踏まえて自身の技術を磨いていく必要があるでしょう。

イラストレーターの正社員求人一覧

東京スタジオ/イラストレーター※沖縄オフィス勤務

企業名 合同会社DMM GAMES
業務内容抜粋 『自社開発(内製)タイトルのソーシャルゲーム、ブラウザゲームのアートディレクション』
ゲーム開発において、企画内容に合わせた世界観の構築、キャラクターデザイン等、ビジュアル面の根幹を構築いただくポジションです。

詳細を見る


イラストレーター

企業名 株式会社アイディス
業務内容抜粋 スマートフォンゲームのイラスト制作業務
・キャラクターデザイン、背景、アイテム等の原画・彩色を担当
・新規ゲーム用のコンセプトアート制作

詳細を見る


イラストレーター(遊戯王オフィシャルカードゲームあるいは遊戯王デュエルリンクス)

企業名 株式会社コナミデジタルエンタテインメント
業務内容抜粋 遊戯王オフィシャルカードゲームあるいは遊戯王デュエルリンクスのイラスト制作を行っていただきます。

詳細を見る


イラストレーター(運営)

企業名 株式会社Donuts
業務内容抜粋 Donutsが提供するプロダクトの各種デザイン・コンセプト設計をお任せします。
MixChannel、Tokyo 7th シスターズ、戦国の虎等のイラスト・アバター制作に携わっていただきます。
ディレクターとディスカッションをしながら、たくさんの人に愛されるサービス作りをビジュアル面から支えるお仕事です。

詳細を見る


イラストレーターの正社員求人一覧

企業がイラストレーターに求めるスキル・経験

クリエイターのための求人情報サイト「CREATIVE JOB」に掲載されているイラストレーターの求人案件から20件をランダムにピックアップ。
企業がイラストレーターに求めている必須条件・歓迎条件・人物像をランキング形式でまとめました。

企業がイラストレーターに求める必須条件

1位:Photoshop、Illustrator、SAI、Clipスタジオなどを使用したイラスト制作の業務経験
2位:基本的なイラスト力・デッサン力
3位:キャラクターイラスト制作経験

その他の必須条件は以下の通り。
・チーム内コミュニケーションが取れる
・美術大学、アニメ、CG系専門学校卒。もしくはそれ相当の画力がある
・制作のディレクション経験
・基礎的な色彩感

今回の調査では、企業がイラストレーターに求める必須条件の1位はダントツで「Photoshop、Illustrator、SAI、Clipスタジオなどを使用したイラスト制作の業務経験」でした。

これらは業界標準ソフトです。
最近では無料で使えるソフトも数多くありますが、仕事の現場で無料ツールを使うことはまずありません。
イラストレーターを目指すなら、業界標準のグラフィック・ペイントソフトの使用経験が求められることがこの結果からわかります。

2位の「基本的なイラスト力・デッサン力」について見ていきましょう。
イラストレーターとして働くためには、当たり前ですが”絵が描ける”ことが条件です。
業界は問わなくてもイラストの制作経験は必要なので、イラスト力・デッサン力を条件に掲げている会社が多い結果です。

最後に3位の「キャラクターイラスト制作経験」についてです。
近年の傾向として、ソーシャルゲーム業界にてイラストレーターの求人が増加しています。
特にソーシャルゲームでは、魅力的なキャラクターが登場するかが売り上げに大きく影響します。
イラストやキャラクターを手に入れることを目的に課金するユーザーも多いため、魅力的なキャラクターイラストを描けるイラストレーターは重宝されます。

その他の必須条件としては、制作のディレクション経験、技術指導ができることなどが挙げられます。
社内にイラストレーターが1人だけ、という企業もありますが、基本的にサービスはチームで作り上げるもの。
チームを率いた経験や、ディレクション経験を必須条件にしている企業も存在します。

企業がイラストレーターに求める歓迎条件

歓迎条件は会社によって幅広いため、2票以上集まった項目をご紹介します。

・キャラクター作成の実務経験
・背景制作の実務経験
・コミュニケーション力
・コンシューマ、ソーシャルゲーム業界での実務経験
・ディレクション経験(アートディレクション、社外折衝)

その他歓迎条件は以下の通り。
・グラフィックソフトの知識/経験
・さまざまな絵柄の描き分けができる
・美大/芸大卒
・ゲーム/アニメに対する知識

歓迎条件では”実務経験”が求められる傾向があります。
イラストレーターとしてグラフィックソフトを使って絵が描けるのは当たり前、実務経験があればなおよしという企業の期待がうかがえます。

さまざまな絵柄の書き分けができることも武器になります。
ゲーム業界では、多くのサービスを短いスパンでリリースするため、いろいろなサービスのテイストに沿った絵を描き分けられることはプラス要素です。

企業がイラストレーターに求める人物像

1位:自発的に行動できる
1位:ゲーム好き
3位:スキルアップに貪欲
※同率1位

自発的に行動できること、臨機応変に動けることがイラストレーターに求められています。
イラスト制作は依頼を受けて描くものと思われがちですが、企業で働くイラストレーターの場合は少し違います。
・どうしたら売り上げがあがるのか
・ユーザーに満足してもらうためのイラストとは何か

これらのことを考えて動ける人物が求められています。
受け身のスタンスは敬遠されてしまいます。自ら動く積極性をアピールしましょう。

ゲーム好きが求められるのは、先ほどお伝えした通りソーシャルゲーム業界での求人案件が多いことによります。
「好きこそものの上手なれ」のことわざ通り、まずは応募先の企業が展開しているサービスに興味があるか、好きかどうかが求められます。
自分が普段から利用しているからこそ、ユーザーにとって良いサービスとは何かを深く理解することができます。

まとめ

イラストレーターの求人一覧と、企業が求めている必須条件・歓迎条件・人物像についてご紹介しました。
当然企業ごとに求められるものは変わってくるので、応募企業の募集要項をしっかりと確認しましょう。

クリーク・アンド・リバー社では、イラストレーターの求人を多数ご紹介可能です。「自分のスキルでも応募できる企業があるか知りたい」といったご相談だけでも歓迎です。
ご利用はもちろん無料。お気軽にご応募ください。

就業支援サービスクリーク・アンド・リバー社の就業支援サービス

イラストレーターの仕事内容や年収、必要な資格などもっと詳しい情報が知りたい方は「イラストレーターになるには?仕事内容と年収を知る」をぜひご覧ください。