Web業界を目指す人の多くは、Webデザイナーを志望する傾向にあります。
サービスの顔とも言えるWebサイトやアプリのデザインは、自分の成果を実感しやすいためやりがいのある仕事と言えるでしょう。

しかしWebデザイナーを目指す方が多い一方で、Web業界ではUXデザイナーの求人が増えてきています。
この記事では以下のテーマでUXデザイナーについてご紹介しています。

・そもそもUXデザインとは何か
・UXデザイナーの仕事内容
・UXデザイナーになるために必要な経験/スキル

今求められているUXデザイナーを目指すことで、Web業界に入るチャンスを広げることができます。ぜひ参考にしてください。

1.UXとは

UXとは「User Experience:ユーザーエクスペリエンス」の略称で、製品やサービスを使用することで得られる体験を指します。
ただ単に使いやすい・わかりやすいだけではありません。ユーザーの行動を導き、ユーザーがやりたいことを「楽しく・心地よく」実現するためにサービスや製品を設計することをUXデザインと呼びます。

UIデザインとの違い

UIとは「User Interface:ユーザーインターフェイス」の略称です。
直訳すると、人とモノの接点という意味で、最近では人が機械を操作するために接触するものと定義するのが一般的です。

例えばスマホで映画のチケットを買うとき、画面に表示された座席情報を選んでボタンを押すことで、購入のプロセスを進めます。
デザイン・画像・ボタン・テキストなど、外観に関わる全ての情報をUIと呼びます。

UIとは

ボタンを間違えてタップしないよう配置を考えたり、ターゲットとなる年齢層が読みやすい文字の大きさを考えたりなどの業務を行います。つまり、ユーザーにとって使いやすい画面デザインを行うのがUIデザイナーの仕事です。

対してUXデザイナーは、UIデザインも含めた「体験」をデザインすることが仕事です。
ふたたび映画のチケットを買うときを例にします。
希望の映画を迷うことなく見つけて、スピーディーに席を選び購入が完了する。その一連の流れをユーザーにストレスなく達成させるのがUXデザインです。

・迷うことなくチケットを買えるように画面のUIをデザインする
・席を選んだユーザーが次にとる行動パターンを設計する
など、使いやすいUIを実現することはもちろん、アプリやサービスを使って「楽しい、心地いい」を実現するのがUXデザイナーの仕事です。

2.UXデザイナーの仕事内容

売り上げ達成も含め、サービス全体の設計を通してより良いユーザー体験を実現する

UXデザインを専門に行うデザイナーを文字通り「UXデザイナー」と呼びます。
比較的新しい職種のため、UXデザイナーの仕事内容がどんなものか想像がつきにくいかもしれないので、業務内容の一例を以下にご紹介します。

  • ユーザーインタビュー
  • SEO
  • ABテスト実施
  • マーケティング
  • 情報設計
  • サイト解析
  • 工数管理

「UXデザイナー」という言葉から、絵が描けないといけないのでは?デザインができないといけないのでは?と思われがちですが、実は違います。
業務内容の一例を見てもわかるように、マーケティングやアクセス解析、SEOなどサイトの情報設計の仕事が大半です。

売り上げ達成も含め、サービス全体の設計を通してより良いユーザー体験を実現するのがUXデザイナーの仕事です。したがって、たとえデザインの経験がなくても、UXデザイナーになるチャンスがあるとも言えます。

3.UXデザイナーの年収

UXデザイナーの平均年収は500万円です。(当社調べ)
WebデザイナーからUXデザイナーへ転職するケースも多くあります。
はじめは前職と同額の年収が設定されることがほとんどですが、任される領域が広いため年収がアップする可能性は高いです。
サービスの成長に左右されますが、380万円からスタートしたWebデザイナーが500万円~800万円の年収を得るといったケースも存在します。

3-1.なぜ今UXデザイナーが求められているのか

数年前から徐々にUXデザイナーの求人が増えはじめ、現在ニーズの高い職種になっています。
その理由は、「ユーザーの利便性と、サービスの売り上げを考えた情報設計ができる人材」が求められているから。

売り上げを考えてサービス作りをするなんて当たり前の話だと思うかもしれません。もちろん売り上げを全く考えずにサービス作りをするケースは稀です。

新進気鋭のWebサービスを提供するベンチャー企業などは、革新的なプロダクトやサービスを生み出すスピードは抜群です。
ですが、「とりあえずやってみる」が先行して、売り上げなどの数値に対する優先順位が低かったのも事実です。

フィーチャーフォン(ガラケー)からの過渡期には、ただスマホに対応しているだけでサービスとして優位に立てる時期がありました。
その後Webへのアクセスはスマホからが当たり前になり、スマホに対応した「だけ」のサービス、スマホで使いやすい「だけ」のサービスでは他社との競争に勝てません。

そこで、UIデザインはもちろん売り上げ達成も含め、サービス全体の設計を通してより良いユーザー体験を実現する「UXデザイナー」が求められているのです。

サービスの成長も視野に入れたサービス作りをできる人材は、企業としても獲得したい貴重な人材。その分給料も見合った金額が支払われます。

4.UXデザイナーになるには

ここからはUXデザイナーへの転職成功事例と、UXデザイナーになるために有利なスキル・経験をご紹介します。

4-1.UXデザイナーへの転職成功事例

«元SIer Aさんの場合»
プロジェクトマネージャーとしてキャリアを積んできたAさん。
前職はシステム開発会社にて、SIerとしてシステム構築する際のコンサルティング業務や、スケジュール・プロジェクト管理を行っていました。

アプリやWebサービス全般に関わることで、本格的にUXのキャリアを構築することを目指し、大手事業会社へ転職を決意。
SIerとしての分析能力、ユーザーの課題解決の能力を評価され、希望の会社へ転職することができました。

転職成功のポイント
Aさんはシステムインテグレーターとしてクライアントの問題解決、改善提案などの経験が買われ、UXデザイナーへの転職を実現しました。

«元コンサルタント Bさんの場合»
コンサルティング業界にて、マーケティング、サービスのグロースなど、課題の本質を見つけ解決していく経験を常日頃から行っていたBさん。
上流工程を担うUXの業務と合致する部分が多々あるため、UXデザイナーへの転職を実現しました。

転職成功のポイント
BさんのようにWeb業界とは直接関係がない職種の方も、分析や改善などの経験はサービス作りの上流工程とつながることが多いため、UXデザイナーへの転職において有利になります。

4-2.転職に有利な経験・スキル

以下のような経験・スキルはUXデザイナーへの転職に有利です。

  • マーケティング経験
  • Google Analyticsが理解できる、使ったことがある。
  • SEOの知識、実戦経験
  • ブランド戦略の経験
  • ユーザーインタビューを実施した経験
  • マーケティング用語がわかる。

UXデザイナーの仕事はサービスの上流設計を担うので、マーケティング・サイト解析・SEOなどの経験は特に重宝されます。

4-3.有利になり得る資格

以下に挙げる資格はWeb業界やUXデザインの仕事に対する専門性があるため、転職において有利になる可能性があります。

ウェブデザイン技能検定

ウェブデザイン技能検定

ウェブサイト制作における、デザインやコーディング・システムについての総合的なスキルを評価するための試験です。
ウェブデザイン技能検定はWeb業界で唯一の国家資格ですので、資格取得による一定の評価が期待できます。


人間中心設計(HCD)専門家 資格認定制度

人間中心設計(HCD)専門家 資格認定制度

人間中心設計推進機構(HCD-Net)が実施する専門家認定制度で、人間中心設計を実践できる専門家を認定するための制度です。

人間中心設計とは、「モノ」中心ではなくサービスやプロダクトを使う「人間」を中心に物事を設計するための設計思考です。
資格取得をするためには、人間中心設計の導入推進能力や後進の育成能力が求められるなど、高いハードルがあります。
そもそも未経験者では試験自体の受験資格がないため、資格の取得はUXデザイナーとしての高いスキルを持ち合わせる証明にもなります。


ユニバーサルデザインコーディネーター認定資格

ユニバーサルデザインコーディネーター認定資格

実利用者研究機構が認定する資格です。障がい者や高齢者のみならず、国籍や人種に関係なくすべての人に使いやすい形状をデザインする「ユニバーサルデザイン」の視点で物事を解決できる人材として評価されます。
2020年の東京オリンピック・パラリンピック開催に伴い、様々な国籍の人種が日本に訪れます。
すべてのユーザーに最良の体験を実現するための手段として、ユニバーサルデザインに注目が集まることが予想されます。

4-4.UXデザイナーになるために押さえておくべきポイント

Web業界のトレンド
どんなスマホサービスのデザインが優れているのか、使いやすいのかなどトレンドを抑えておきましょう。
流行りのアプリをとりあえず使ってみる、といったミーハーな動機でも問題ありません。
むしろ、流行に興味を持って臨機応変に動ける人ほどWeb業界では重宝されます。

コミュニケーション能力と調整力
UXの定義が広く様々な業務があるため、当然プロジェクトに関わる人も社内外問わず多くいます。クライアントやユーザーからの声を拾い上げ、チームで形にしていくためにはコミュニケーション能力が必要不可欠です。
また、様々なメンバーと業務を円滑に進めるための調整力も必要になります。

5.UXデザイナーの募集求人

実際に募集されている求人を見ることで、企業によってどのようにUXデザインを捉えているのか、どんな人材を求めているのかが見えてきます。
求人の一例を紹介しますので、求人詳細をチェックしてみましょう。

JapanTaxi株式会社
車載プロダクト UI/UXデザイナー
職種 UI・UXデザイナー(Web)
雇用形態 正社員
給与・報酬 年収500万円~
勤務地 東京都 千代田区
タクシー乗務員さん向けプロダクトをメインとして担当していただきますが、その他にもtoB向けに提供しているサービス「JapanTaxi BUSINESS」などもお任せします。

UI/UXデザイナー求人一覧

6.まとめ

UXとは何か、UXデザイナーの仕事内容と、UXデザイナーになるために有利な経験・スキルなどをご紹介しました。

これからUXデザイナーの求人はますます増えていく傾向にあります。
Web業界を目指すにはまずWebデザイナーからと思っている方が多い中、別の職種からアプローチすることでライバルの少ない道を進むことができます。

これまでの経験を活かせばUXデザイナーになれるかも。この記事を読んで可能性を感じた方はチャンレンジしてみてはいかがでしょうか。

株式会社はてなでチーフデザイナーとして従事し、クックパッド株式会社で執行役を務めた池田拓司さんがキャリアに関する悩みについて個別にアドバイスする、キャリアカウンセリングも随時受付中です。
ご相談はもちろん無料です。お気軽にご応募ください。

詳細・ご応募はこちら