ポテンシャル採用が見込める20代とは違い、即戦力以外の採用が難しいと言われている30代。

この記事では、30代の転職に資格は必要なのか、30代の転職メリット・デメリットを紹介しています。キーワードは「企業が求めているスキルを知ること」。転職成功のポイント5選をチェックして、絶対に失敗できない転職を成功に導きましょう。

30代の転職に資格は必要か

30代の転職に資格は必要か

30代の転職者に対して企業が求めるものは、「持っている資格」よりも「何ができるか」といったスキル面です。例えば統率力や問題解決力、あるいは語学力やマーケティング能力などがあげられるでしょう。

そんな流れに逆行し、自己保有の資格を武器にして転職活動に臨む人が見られますが、保有資格は必ずしも転職に有利につながるとは限りません。資格といっても多様なものが存在していますが、民間資格の場合、中途採用を行う企業のニーズにつながることがほとんどないからです。

もし、その資格が国家資格であり、法令上有資格者がいないと業務ができないという場合は、この限りではありませんが、転職先でその資格が活かせない場合は、転職がかなっても自分が望む職種に就くことができないということは理解できるでしょう。

また、何らかの資格を保有しているということは、専門的な知識を持っていることや資格取得のために意欲や興味を持って取り組んできたことをアピールできますが、それがまかり通るのは、これまでの職務経歴の中で活かされてきた資格のみです。趣味に関する検定試験や民間資格などは、面接などで話題にもあがらないととらえましょう。

ここからは、企業が30代の転職者に求めるスキルを詳しく説明します。

30代の転職でみんながやっていること

30代の転職でみんながやっていること

30代になると、転職活動という言葉が目の前にチラつくようになり、漠然とでも転職について考えることが増える人が多くなります。

そこで、転職を視野に入れ、資格取得に向けた勉強や情報収集を始める人も見られますが、その資格が転職先の応募や選考条件に必要不可欠でない場合は、もったいない時間の使い方をしているとも考えられます。資格を取得できたから転職成功というわけではなく、「資格が取得できても、転職のスタートラインには立てていない」といったことを認識すべきでしょう。

では、30代で転職に成功した人たちがどのようなことをやっていたのかというと、「実績づくり」や「転職エージェントへの登録」などです。

例えば、実績づくりとして、企業の繁栄のために立ち上げたプロジェクトを成功させることで、利益を向上させられるスキルをアピールすることができます。転職活動の際に持参する職務経歴書も、華やいだ内容で提出することができるでしょう。

そして転職エージェントは、即戦力を求める企業と転職希望者とをマッチングする企業です。カウンセリングの中で、自分の能力に関して的確なコーチングを受けることもできます。
積極的に転職エージェントの担当者と面談をすることで、エージェント側にも意欲が伝わるうえ、コネクションが生まれます。異業種転職・同業他社への転職のいずれにしても、そのコネクションを通じて企業へ紹介してもらえるというようなメリットがあります。

このように、30代の転職希望者は「やみくもな資格取得より、転職に向けた具体的な行動」をとっているのです。

企業が30代の転職者に求めるスキルと人間力

30代になると勤続年数を重ね、中堅社員やベテランなどといわれることも増える世代です。主任や係長、というようにグループをまとめるポストに就く人や、中には課長や部長などへ昇進する人も見られます。

そのため、企業は30代転職者に対して、これまで築き上げてきたものを期待しています。
しかし、転職を希望する側が、企業が求める「30代の社員像やスキル」を把握せずに転職活動を行っていると、転職を成功させるのは難しいでしょう。

ここからは、企業が求める社員像やスキルなどを中心に、説明していきます。

30代の転職に求められる「マネジメント経験」と「即戦力性」


先に触れたように転職希望者に対しては、企業としても「これまでどのような業務に携わり、どのような功績をあげてきたか」といった点を重視します。在籍する企業で培われた人望なども探りつつ、その人の人間性も細やかにチェックしていきます。

企業は過去の「マネジメント経験」を最重要視し、「即戦力」として働ける人材か客観的に判断することが一番の肝ととらえましょう。

マネジメント経験

「マネジメント経験」とは、企業側が30代会社員に求める社員像のひとつです。要は、グループや部署内でまとめる立場を経験した人材を求めています。

管理職や主任、グループリーダーなど役職はさまざまありますが、目の前の業務に対して自分でどうすべきかを考え、部下に的確に指示できるスキルや、部下を育成するためにどうすべきかを検討し、部下に目標や意識を持たせてから行動させることがマネジメントです。
また、部下だけでなく、プロジェクトなどのグループメンバーの指導管理を行うこともあります。

会社の規模や業務内容などにも左右されるため、具体的な記述が難しい場合もありますが、職務経歴書などには、マネジメント経験として同僚や部下との立ち位置やプロジェクト経験などを記載していくと伝わりやすくなるでしょう。

しかし中には、上司やグループ統括者がいる状態でマネジメント経験が乏しい場合もあるはすです。その場合は自己マネジメントでも構いませんので、プロジェクト成功のために自分がとった行動や業務内容などを記載していきましょう。

即戦力性

新卒社員に対しては、就活中にはインターン教育を施し、内定式後にOJT教育や新入社員研修を重ね、入社式後には企業にすぐなじめるよう事前教育を行います。しかし、中途入社の場合は「社員教育がすでに完了した状態」の人材を受け入れるわけですから、転職希望者に対しては、すぐに企業の戦力として働ける力を求めます。

企業も保守的な考え方よりも、進歩したものの考え方とスピード性がなければ淘汰される時代です。転職希望者に対しては常に先を見据え、スピード感を持って企業のために動ける人材を求めています。いわゆる「セルフスターター型」の人材で、新天地で仕事を覚えながら若い世代を指導し育成できる人材が優遇されやすい傾向にあります。

即戦力として働ける人材かどうかアピールすることは難しいかもしれませんが、職務経歴書の中でどのような仕事をしてきたかなど、業務経験を詳しくまとめると伝わりやすくなります。

30代の転職。メリット・デメリット

30代転職メリットデメリット
30代の転職、キャリアを形成するにはボーダーにある世代です。そのため、自分が成長することを期待した転職よりも、会社の質を高めるための転職を目的とすることがベストでしょう。
一般的にいわれる「転職でキャリアアップ・収入アップ」などの大きなメリットもありますが、転職にはデメリットやリスクを伴うことも理解することが大切です。
ここでは、30代の転職にともなうメリットとデメリットをまとめました。

30代で転職するメリット

30代で転職するメリットは、これまで培ってきたマネジメント経験や即戦力性を活かして自分自身が描いたキャリアアップを実現できる点にあります。中には、転職と同時にプロジェクトリーダーとして迎え入れられる場合もあります。
ヘッドハンティングによる転職や前職よりも規模が大きい企業への転職であれば、年収アップも見込めるでしょう。

転職は、「マイナスやゼロからのスタート」ではありません。これまで培ってきた人脈や取引関係の情報を転職先でも活かせる可能性が生まれます。
転職先の会社に新しい業態を取り入れることや、ノウハウを活かした経営戦略案を提示するといった「あなたにしかできない仕事」があるかもしれません。

30代で転職するデメリット

企業が求める社員像であげた通り、30代会社員はほぼ社員教育が終了しており、会社を担う人材として成熟していることが求められます。20代の転職活動であれば、伸びしろも考慮できるため「やる気や熱意」などで受け入れてもらいやすい部分がありますが、年齢的に意気込みだけでは受け入れてもらうことは難しいでしょう。

また、転職を試みても、成功する可能性は低いことが現状であり、転職がかなったとしても希望職種で受け入れてもらえないケースも見られます。「給与待遇は交渉次第」といわれる世界ですが、前職よりも収入が減ることは覚悟しておくべきでしょう。

経験不足を補うために今の仕事を見直す

自分にはマネジメント経験も即戦力性も無い…。そんな人は今の仕事を見直すことから始めてみましょう。
現在役職はついていなくても、チームリーダーの経験や後輩の指導から得た気づきがあるはずです。実務で得た経験とそれを今後の仕事に活かせる根拠を提示することで、「リーダーとして活躍できる人材である」とアピールすることは可能です。

即戦力性がない場合は、志望している企業に活かせるスキルを今の会社でどのように身につけるか。足りない経験をどのように補うかが重要です。

Web業界を例にお話します。未経験でWebデザイナーを目指す場合、ポートフォリオの良し悪しが選考に大きく影響します。
独学でもいいので、ポートフォリオを作るためのグラフィックソフトの使用方法やポートフォリオサイトを作るためのコーディング技術を習得します。未経験での転職をするなら、その職種に求められるスキルを身につけるためにがむしゃらに勉強することが必要です。
それができないのであれば、そもそも自分にはそこまでの熱意はなかったときっぱり諦めることができます。

厳しい現実ですが、焦って経験不足のまま転職に挑むことはおすすめできません。欠けてるスキルを補ってから転職活動を進めましょう。

30代転職、成功への5つのポイント


30代の転職についてメリット・デメリットをご紹介しました。
メリットが大きかった人、デメリットが大きくても転職したい。そんな人はこれから紹介する5つのポイントをチェックして転職活動に臨んでください。

  • ポイント1.後悔しない求人の探し方は「職種名のこだわりを捨てる」こと
  • ポイント2.職場環境を知るために社風を調べる
  • ポイント3.やる気だけのアピールはNG
  • ポイント4.妥協すべき点を見極める
  • ポイント5.転職活動は今の仕事を続けながら進める

ポイント1. 後悔しない求人の探し方は「職種名のこだわりを捨てる」こと

求人を探すときに職種名にこだわっていると、知らないうちにやりたい仕事から遠ざかっている可能性があります。実例をご紹介しましょう。

企業が求人サイトに情報を載せるには、ひとつの職種で数十万円かかることも珍しくありません。掲載費用を抑えるために、WebデザイナーとUIデザイナーをひとつの職種にまとめて掲載しているケースもあります。

求人票を一つにまとめる

職種名だけにこだわって探していると、自分の求めている求人を見逃してしまう可能性もあります。

隠れた求人情報を見抜くには2つの方法があります。
1.仕事内容を詳しくチェックする
2.企業の公式ページをチェックする

1.仕事内容を詳しくチェックする

1に関しては難しいことはありません。志望している企業の仕事内容を読み込めば、隠れた求人を発見することができます。

2.企業の公式ページをチェックする

2は気づきにくいチェック方法です。
志望する企業の求人情報をサイトで見つけたら、その企業のコーポレートサイトにアクセスしてみましょう。

求人募集を掲載するには多額の費用がかかりますが、自社のコーポレートサイトに載せるのは無料です。
求人情報サイトに「Webデザイナー」の案件しか載っていなくても、コーポレートサイトでは「Webデザイナー」と「UIデザイナー」が募集されている可能性もあります。

2つのチェック方法を使って、自分にとっての天職を見逃すことのないよう注意しましょう。

ポイント2. 職場環境を知るために社風を調べる

職種名や給与ばかりに目が行き、見落としがちなのが社風です。
会社独自で持っている社風はそれぞれです。同じ仕事でも会社が違えばやり方が全く違うことも当たり前。社風が合わないと精神的に消耗してしまいます。応募する企業の社風も忘れずに調べましょう。

社風を知るためにはまず企業のホームページをチェックします。
企業理念や事業領域などから、その会社がどんなところに重点を置いて仕事をしているのか。
提供しているサービスに対する心構えなどが見えてきます。

また、企業のFacebookページなどSNSの運用をしていないかもチェックしてみましょう。
Facebookは企業サイトよりもフランクな情報をうかがい知ることができます。
業務後の飲み会や社内イベントの雰囲気、休日にも社員同士の交流があるのかなど、仕事からは少し離れた観点で社風を知ることができます。

こんなチェック方法もアリ!?

・求人情報サイトやハローワークにいつも求人が出てる
→右肩上がりの成長企業は別として、応募者がいないのでは?と不安になりそう。入社してもすぐ辞めてしまう離職率の高い企業かも。

・採用担当者から夜中に連絡が来る
→いつも返事が来るのは夜の23時、24時。そんな時間までメールが返せないほど忙しい職場なの?

社風を知ることは自分に合った職場を見つけるのはもちろん、ブラック企業を見抜くヒントにもなります。
自分の身は自分で守るためにも社風のチェックは忘れずに。

ポイント3. やる気だけのアピールはNG

20代と同じように「やる気はあるので現場で学ばせて欲しい」といったアピールはNGが出る可能性が非常に高いです。
なぜなら企業が30代に求めるのは「マネジメント経験」「即戦力性」だからです。
経験はないけどやる気だけはありますというアピールは全くプラス要因になりません。

たとえマネジメント経験がなくても、チームのリーダーとしての経験や後輩の指導を通して得た気づきなどがあるはずです。
実務で得た経験とそれを今後の仕事に活かせる根拠を提示することで、「リーダーとして活躍できる人材である」とアピールすることは可能です。

たとえ実務の経験がなくても、いずれリーダーとして部下を率いるために今自分に足りないものを、どのように補っていくのかを話せるようにすることが大事です。
5年後、10年後どのように変化していきたいのかを、口先だけではない将来のビジョンを持っている人材であると示すことができます。

ポイント4. 妥協すべき点を見極める

まず「なぜ転職したいのか」を明確にすることが必要です。
100%自分の希望を叶えられる転職は存在しません。給料は良いけど勤務地が遠すぎる、やりたい仕事は実現できるけど契約社員での採用など「あちらを立てればこちらが立たず」という状況は必ず発生します。

「なぜ転職したいのか」を明確にすることで、その目標を実現するために妥協しても良い点を見極めることができます。
目標としていた年収アップが実現できるなら勤務地が少し遠くなるぐらい耐えられそう。もう少し探す範囲を広げてみようかな。と転職活動をスムーズに進めることにつながり、よりチャンスをつかむきっかけにもなります。

ポイント5. 転職活動は今の仕事を続けながら進める

転職を考えたとき、転職活動の始め方について悩むことでしょう。今の会社に辞表を出してから転職活動を始める方もいますが、あなたにとって必要なのは職歴であり収入です。
転職活動は、一般的に3ヶ月~半年ほどの期間が必要になるとされています。離職後の空白期間が出ないよう、仕事を続けながら転職活動を進めていきましょう。

「仕事をしながら、水面下での転職活動は難しい」と考えてはいませんか?
そんなときに、ぜひ利用して欲しいのが転職エージェントです。転職エージェントに登録をすることで、スマートフォンなどから簡単に求人情報をチェックすることができます。

これなら自分の時間を使ってチェックができるので、仕事への支障はありませんし、休日や仕事を終えたあとにエージェントのアドバイザーと面談を行うなど、時間の工夫を行うことができます。

いざ面接、となった場合に初めて有給休暇を取得し、採用決定の通知をもらったときに退職を切り出せば問題ないでしょう。

転職活動に迷ったら心がけたいポイント

転職活動が長引くほど、気持ちに迷いが生じてしまいますが、そうなった場合、まずは原点に戻りましょう。「私はなぜ転職をしたいと思ったのか」そこに戻るだけでも、新たなヒントが見出せるかもしれません。
ただし、あなたがなぜ「転職活動に迷い始めたのか」について、気づきがなければ次へ進むことができません。

迷う理由について、先に触れた「転職活動の長期化」が第一に挙げられるでしょう。
そこから、失敗が続くから転職は不向きではないかと自己肯定感が薄れ、悪循環に陥ることが一般的です。このほかにも、「今の会社に恩や義理があるから、水面下での転職活動に罪悪感がある」というような気持ちも見られます。
気持ちのうえでの迷いは、自分のメンタルトレーニングだけではどうしようもない部分もあります。

こういったときには、客観的な意見をくれる第三者の手を借りることが大切です。
転職エージェントのアドバイザーと面談し、迷いがあることを相談してみましょう。中立的な立場で、会社側の考えを代弁してくれることもあれば、あなたの迷いを断ち切るためのコーチングをしてくれることでしょう。

転職を考えた原点に戻ることも含め、自己分析なども取り入れながらアドバイスをもらうことで、「転職市場における自分の価値」を改めて見出すことができるはずです。

CREATIVE VILLAGEの転職サービスはクリエイターに特化したお仕事のサポートを行っています。30代の方の転職実績も多く有りますので、お気軽にご相談ください。

【無料】就業支援サービス

自分の年収と相場をチェックしてみよう


転職の条件として、年収が上がるか下がるかを重視する人は多いと思います。
一般的な相場と比べて「私の給料低すぎっ!?」と思ったら年収アップの可能性大です。
ここからは自分の年収相場を知るための方法をご紹介します。

職種別賃金と企業規模で比べる

総務省統計局のホームページに「賃金構造基本統計調査」として職種ごとの給与額が掲載されています。
職種の区分は細かく分かれているので、自分の給与額と照らし合わせてみましょう。
今の給与が掲載されている額よりも低いようなら、年収アップできる転職の可能性大です。

>平成27年賃金構造基本統計調査

1.リンクにアクセスしたら、表番号1の「職種別きまって支給する現金給与額、所定内給与額及び年間賞与その他特別給与額」欄にあるExcelアイコンをクリックします。
職種別賃金で比べる_01

2.Excelファイルから自分の見たい職種を探し、「きまって支給する現金給与額」を参照します。
基本的に企業の規模が大きくなれば給与額も比例して上がるケースがほとんどです。
上部の区分から企業規模を参照して、企業の大きさでどれぐらい給与額に差が出るのかを確認しましょう。
職種別賃金で比べる_02

産業別賃金で比べる

厚生労働省のホームページに「賃金構造基本統計調査」として産業ごとの給与額が掲載されています。
同じ職種でも、産業ごとに給与額に差があります。
より給与額の高い産業へ転身することで年収アップできる可能性大です。
賃金構造基本統計調査(産業別)

30代で未経験の職種にチャレンジできますか?

30代で未経験職種へ転職するのはかなり厳しいことを覚悟してください。
30代に求められるスキルでもお伝えしたように、企業が求めているのは「マネジメント経験」と「即戦力性」です。

未経験者となれば業務の方法を指導しなければいけませんが、先輩社員が年下というケースも多く、お互いに教えにくい・教わりにくい状況が生まれてしまいます。未経験者の30代に高い給料を出すわけにもいかず、企業と求職者の間に求めるもののギャップができてしまうことも理由です。

見直すべきポイント

30代で未経験職種への転職は確かに難しいですが、可能性は0ではありません。
キャリアチェンジを実現する糸口をつかむために、見直すべきポイントをご紹介します。

これまでの経験で何ができるのか

未経験職種を希望する場合、これまでの経験で何ができるのかが企業から問われることになります。また、これまでの職歴で培ってきたスキルを、新天地でどのような形で発揮できるかが重要になります。

30代前半で、異業種への転職希望と大きく不利な状況にあった人が、大手企業への転職を成功させたケースを紹介しましょう。

このケースでは、13年間書店で勤務し、ディスプレイの工夫や最新・話題の本のリサーチなどを経て、本の売り上げを伸ばすための売り場づくりをしてきた経験を持っています。その経験を転職希望先の飲料メーカーのルート営業でも活かせることを、入念に行った業界研究を根拠にしてアピールした結果、採用されています。

このように、未経験の職種への転職希望には不利な状況でも、これまでの経験をどのように活かせるかポイントを伝えられることができれば、30代からのキャリアチェンジへの期待が膨らむことでしょう。

チャンスはベンチャー企業にある

ベンチャー企業とは、ニッチな部分に入り込んでサービスの掘り起こしを行うほか、アイディアから生まれた技術をもとに、新しいサービスやビジネスを展開していく企業です。

創業後間もない小規模から中規模の企業であることが多いのですが、大手企業にはまねすることが難しいスピード感を持った業務ができるところが強みです。創業者も若手が中心ですので、30代が異業種への転職を試みた場合も、お互いが受け入れやすいメリットがあります。

ただし、念願がかなってベンチャー企業への転職がかなったとしても、これまで一般企業での勤務に慣れた人は、ベンチャー企業の革新的な部分についていけないこともあるようです。そのため、事前にベンチャー企業の業務内容を把握するとともに、企業が求める人物像を把握することをおすすめします。

一般論とはなりますが、ベンチャー企業が転職希望者に求める人物像を紹介します。

  • 有形、無形問わずアイディアを形にし、それをどう収益につなげていけるかを日々考えている人
  • 結果にこだわり、追及する気持ちを常に持つこと
  • 主体性を持った人材であること

ベンチャーの場合、提供する商品やサービスの具体化は社員のアイディア次第といったところが見られます。トレンドをとらえ、その日のうちに仕掛けを作ることが求められる世界です。

そんな中、ベンチャー企業で生き残るのは、主体性を持ち、常にアイディアを生み出せる人材ですので、職歴がある人の場合には、ベンチャー企業側はそれらが備わっているかどうかを重視しています。

また、社員の入社・退職も日常茶飯事的に行われるところが多く、フレックス勤務や長時間勤務、ワークシェアの概念はなし、といった一般企業にはない働き方も見られます。
これまで一般企業で働いてきた人が、ベンチャー企業にどこまで染まることができるか、ということも求められるのではないでしょうか。

>未経験者歓迎の求人一覧

まとめ

30代では、20代のように企業に育ててもらおうと考えての転職するのではなく、30代ならではのスキルと経験を活かして、利益をもたらす人材であることが「企業が転職希望者に求める人物像」となります。

転職を短期間で成功させたい場合には、これまでの仕事を通して身につけたスキルや経験を棚卸しして、自分が利益をもたらすことができる人材であるとアピールできる企業であるかどうかを見極める必要があります。それが難しく自信に結びつかない場合は、地盤を固めるために、今の会社で実績をつくり上げていくことを意識し準備をしていきましょう。

中には、転職を足掛かりに異業種や未経験の業種へ飛び込もうとする人も見られます。リセットしたい気持ちもわかりますが、これまでの職歴をすべて無駄にするのはもったいない話です。これまでの経験を新しい業種でどのように活かせるか、紐づけ作業も丁寧に行いましょう。

絶対に失敗できない30代の転職。有利に動くポイントを押さえ、後悔しない転職を実現しましょう。