クリーク・アンド・リバー社(C&R社)は6月29日(水)、ライブ配信担当者やライブ配信に興味があるクリエイターを対象に、「ゼロから学ぶ、視聴者を惹き付けるライブ配信の画作り・音作り」を開催します。

コロナ禍の需要拡大も後押しし、動画広告市場は拡大を続けています。
サイバーエージェント(オンラインビデオ総研)とデジタルインファクトが発表した国内動画広告の市場動向調査によると、2021年の動画広告市場は、4,205億円(前年比42.3%増)と算出されました。以降も成長を維持し、2025年には1兆円に達する見込みです。

そんなマーケットの動きを受けて、個人/法人問わず様々なプラットフォームから動画配信を行う必要が出てきた方も増えたのではないでしょうか?

今回は動画配信の中でも「ライブ配信」にフォーカス。
ライブ配信ならではのクリエイティブとディレクションを学ぶウェビナーをご用意しました。

第一回目は、ライブ配信に興味のあるクリエイターやライブ配信担当になったばかりの方に向けて「ライブ配信担当者必見!ゼロから学ぶ、参加者を惹き付けるライブ配信の画作り・音作り」を開催します。


締め切りました。

こんなことが学べます

  • ライブ配信に用いる機器と仕組み
  • ライブ配信の画づくり(映像デザイン)
  • ライブ配信の音づくり(音響デザイン)

ライブ配信とは?

その名のとおり、撮影した映像をリアルタイムでプラットフォームの視聴者に配信するサービスのことです。テレビでいう生放送と同様の手法であり、臨場感や一体感を配信者(ライバー)と視聴者が共有する感覚や、相互性が人気となり、2017年頃から急成長を遂げています。

登壇者

田口 真行(たぐち まさゆき)氏
1999年、フリーのウェブディレクターとして独立後、株式会社デスクトップワークス(現・株式会社エンタミナ https://webdirection.jp)を設立。企業サイトのディレクションを手がける傍ら、攻殻機動隊トリビュートアルバムのアートディレクションやSKYPerfecTV!『DesktopTV』のプロデュース、セミナーイベント主催など幅広く活動。ウェブディレクター育成機関『ウェブディレクタースクール』、ウェブディレクション支援ツール『Webディレクター手帳』、書籍『ディレクション思考』、ウェブディレクターの能力を可視化する業界初の試み『ディレクション検定』などの独自サービスを展開。動画制作や動画配信にも意欲的に取り組んでおり、2014年~2021年の7年間で1,400本以上のライブ配信を実施。2021年、書籍『ライブ配信ハンドブック(玄光社)』を執筆。

Facebook@TaguchiMasayuki
twitter@webdirection
YouTube@webdirection
note@webdirector

プランニング&マネジメント支援ツール
『ライブ配信ディレクション』
https://webdirection.jp/tool

田口 真行(たぐち・まさゆき)氏

開催概要

開催日時 2022年6月29日(水) 19:00~20:00
スケジュール 19:00 開場、オープニング
19:05 講師登壇
19:55 クロージング
場所 オンライン開催
登壇者 田口 真行(たぐち まさゆき)氏
参加対象者 ライブ配信担当者やライブ配信に興味があるクリエイター
受講料 無料
定員 50名
主催 株式会社クリーク・アンド・リバー社
応募締め切り 2022年6月29日(水) 12:00


締め切りました。

こちらもおススメ

お問い合わせ

株式会社クリーク・アンド・リバー社
ウェビナー担当
Email:webinar_cr@hq.cri.co.jp

「このイベントは参加できないけど、今後のイベント情報は欲しい」
そんなあなたは、下記よりイベント情報メールマガジンにご登録ください


メールマガジンご登録はこちら