クリエイティブ業界の注目情報や求人情報などを発信する、クリエイターのための総合情報サイトです。

グーグルがスター・ウォーズ仕様に–「a long time ago in a galaxy・・・」と検索すると

 インターネットが、映画マニアたちに乗っ取られた。それも、いつになく斬新な方法によってだ。最新作『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』(原題:Star Wars: The Force Awakens)に関するありとあらゆる宣伝に、Googleが仕込んだ新たな「Easter Egg」(こっそりと仕込まれた裏機能のこと)が加わった。

 (Chromeブラウザで)Google検索に「a long time ago in a galaxy far far away」と入力すると、画面が暗い宇宙空間に変わり、John Williams作曲の有名なテーマ音楽が再生され、同シリーズの作品のオープニングでお馴染みの、あのスクロール画面に検索結果が表示される。

 同作(「エピソード7」)の封切りを目前に控え、Googleはスター・ウォーズ仕様のアプリ群を公開したり、仮想現実ゴーグル「Google Cardboard」向けのコンテンツの配信を予定したりしている。

提供:Screenshot by Eric Mack/CNET

提供:Screenshot by Eric Mack/CNET

(2015年11月26日 CNET Japan)
《Eric Mack (CNET News) 翻訳校正: CNET Japan編集部》

関連記事