クリエイターの求人・転職エージェントならCREATIVE JOB(クリエイティブジョブ)|求人・転職情報掲載

CREATIVE JOB

powered by CREATIVE VILLAGE
転職エージェントは利用すべき?クリエイティブ業界へ転職の場合

転職エージェントは利用すべき?クリエイティブ業界へ転職の場合

2021/07/13

転職エージェントは、転職を検討していたり、実際に転職先を探したりするときに利用する選択肢の一つですが、他の業種と同様にクリエイティブ業界への転職でも活用できるのでしょうか。

ここでは、クリエイティブ業界への転職でエージェントを利用するべきか、また、利用する場合どのようなメリットやデメリットがあるのかなどについて解説しています。

クリエイター系に強い転職エージェントも紹介しているので、転職エージェントの利用を迷っている方は、判断材料の一つとしてお役立てください。

クリエイティブ業界への転職は、転職エージェントを利用すべき?

転職エージェントと求職者

まずは、クリエイティブ業界へ転職する際に、エージェントを利用するべきかどうかについて解説します。

業界未経験の人は使うことをおすすめ!

特に、業界未経験でクリエイティブ職にチャレンジしたいなら、転職エージェントを活用したほうが転職活動を進めやすくなります。面接対策を考えるにも、未経験だと業界事情などわからないことが多いものです。

自分の力だけでは手探りで進めなければならない転職も、エージェントの協力があればポイントを押さえて効率的に行動できます。

クリエイティブ業界に特化した転職エージェントなら、詳しいところまでアドバイスをもらうことも可能です。面接対策などにも精通しているため、内定率もアップする可能性が高まるでしょう。

業界経験者の人もおすすめ!

クリエイティブ業界で勤務経験がある人も、転職エージェントを利用したほうが転職活動は有利に働きます。

企業が求める人材について、クリエイティブ業界の求人に関する多くの取り扱い実績を持つエージェントなら、利用者に合った案件を経験に基づいてピックアップし、紹介してくれます。

転職エージェントを利用すれば、自分だけではなかなか見つけられなかった案件に出会えるチャンスをつかみやすくなるでしょう。

特化したエージェントを利用したほうがスムーズ!

クリエイティブ業界への転職でエージェントを利用する場合、一般的な転職サイトやエージェントではなく、クリエイティブ業界に特化した転職エージェントを利用するのがおすすめです。

クリエイティブ業界に特化しているエージェントなら、他の転職サイトなどと比べて業界案件が豊富なため、自分に合う仕事も見つけやすいでしょう。

転職エージェントを利用するメリット・デメリット

転職エージェントを利用する求職者

ではここで、転職エージェントを利用するメリットとデメリットをそれぞれ見ていきましょう。

転職エージェントを利用するメリット5つ

転職エージェントを利用するメリットには、おもに以下の5点が挙げられます。

1.転職希望者が料金を払う必要がない

転職エージェントを利用して転職した場合は、採用した企業が成果報酬としてエージェントに手数料を支払う仕組みとなっているため、利用者が料金を負担することはありません。

スムーズに転職できるうえに、後述するさまざまなサポートが無料で受けられるのも、転職エージェントを利用する大きなメリットといえるでしょう。

2.さまざまなサポートをしてくれる

転職エージェント利用者は、エージェントから自分に合った求人案件を紹介してもらえます。それだけでなく、面接対策や履歴書作成にあたってのアドバイス、企業との条件交渉など、充実したサポートを受けることも可能です。

3.非公開求人が多い

転職希望者がエージェントへ登録すると、非公開求人へ応募することが可能になります。非公開求人は公開求人に比べて条件が良く、件数も多いのが特徴です。

これは「非公開で新規事業に関わる人材を募集したい」「希望する人材にフィットしたキャリアを持つ人だけに条件を開示したい」など、経営戦略的かつ即戦力を狙った求人を行なう企業が多いからです。

4.転職に関してなんでも相談できる

転職活動を始める段階では、希望条件やターゲットとする企業がまだ明確になっていない人も多いでしょう。

「どのような企業に自分が合うのかわからない」「キャリアパスの描き方で迷っている」といった転職に関する悩みや質問があれば、転職エージェントへ相談が可能です。

自分では思いつかなかったキャリアの活かし方や、予想以上の条件での採用がかなう可能性もあるでしょう。

5.面接通過率が高くなる

転職エージェントを経由して求人案件へ応募した場合、サポーターが転職希望者と企業との間を橋渡ししてくれます。
面接日程の調整はもちろん、企業へ自分のアピールポイントなどを推薦してくれるため、自力で応募するよりも面接通過率は高くなるでしょう。

転職エージェントを利用するデメリット3つ

転職エージェントを利用する際には、以下のようなデメリットについても理解しておきましょう。

1.自分のペースで転職活動できないことがある

利用する転職エージェントによっては、サポーターが強引に案件をすすめてくることもあります。

納得できる案件であれば良いのですが、希望していない内容の場合、しっかりと理由を告げて辞退できるよう、譲れないポイントなどは明確にしておく必要があるでしょう。

2.サポーターとの相性が合わないことがある

転職エージェントのサポーターとはいえ、人間同士には相性もあります。
意思疎通がうまくいかなかったり、自分の話を意図したとおりに聞いてもらえなかったりするケースもあるでしょう。
サポーターとの相性が合わないと、思うような案件に出会える確立も下がってしまいます。

3.希望求人に応募できないことがある

自分の希望に近い求人を見つけたとしても、エージェントから応募する際には、社内選考を通過しなければなりません。
採用する企業側が納得する人材を紹介するには、一定のキャリアや経歴をクリアしている必要があるからです。
エージェントの社内選考に漏れてしまうと、希望しても紹介してもらえない可能性があることは理解しておきましょう。

転職エージェントを上手に活用するポイント!

転職エージェントのメリットを最大限に活かし、デメリットを回避するには、自分が転職したい業界に強い転職エージェントを見つけることが大切です。
有名エージェントだからといって、必ずしも自分と相性が合うとは限りません。内部事情に精通していて、転職したい業界に強いエージェントサービスを利用するとよいでしょう。

また、希望条件やキャリアプランをある程度考えておくことも重要です。希望が明確になっていれば、サポーターも案件紹介やサポートがしやすくなり、結果として転職が早く決まる可能性が高くなります。

クリエイター系に強い!クリエイティブヴィレッジの特徴

クリエイター業界に強い転職エージェントとして、ここではクリエイティブヴィレッジの特徴を解説していきます。

クリエイティブ業界の求人に特化している

クリエイティブヴィレッジは、クリエイティブ業界の求人に特化している転職エージェントです。クリエイティブ業界の求人を多く扱っているため、紹介できる案件が豊富にあります。
クリエイティブ業界の非公開求人も多数あり、一般の転職サイトでは得られない求人情報が見つけやすくなっています。

転職支援サービスの利用は無料!

クリエイティブヴィレッジでは、クリエイティブ業界への転職に特化した転職支援サービスも行なっています。面接対策や条件交渉などのほか、就業決定後のフォローまで、サポーターからのきめ細かいサポートが無料で受けられます。

独自のコンテンツでキャリアの幅を広げられる!

案件の紹介や就業サポートだけでなく、クリエイティブヴィレッジにはクリエイター業界の最新情報が満載です。
勉強会やセミナーなども開催されているので、業界の動向をチェックしたり、キャリアの幅を広げたりするきっかけやチャンスを多く得られるでしょう。

転職の選択肢の一つとしてエージェントの活用は有効

クリエイティブ業界への転職を考えるなら、業界に特化した転職エージェントを利用することで、希望する条件にマッチする案件に巡り合う確率が高まります。
転職活動をする場合は、自分の目指したい業界に特化した転職エージェントの利用をぜひ検討してみてください。

新着求人

新着求人一覧
LINE@ メールマガジン