プロフェッショナル×つながる×メディア
CREATIVE VILLAGE

データサイエンティストの平均年収は?求められるスキルと目指す方法

高い収入が期待できる、と言われるデータサイエンティスト。実際に、どのくらいの収入が得られるのでしょうか。

この記事では、データサイエンティストの平均年収や、求められるスキル、なり方などを詳しく解説します。データサイエンティストを目指している人や仕事に興味をもっている人は、ぜひ参考にしてください。

どんな仕事内容なのか?どのくらいの報酬がもらえるのか?詳しくは、実際の求人正社員・契約社員・派遣【データアナリスト】【データサイエンティスト】の求人特集をチェックしてみてください。

データサイエンティストは高収入の職業

データサイエンティストは、データ解析に関する高度な専門性とスキルが必要な職業です。現在は需要が高く、人材が不足しています。そのため、国内外を問わず、高収入の職業として知られています。データサイエンティストの収入が高い理由については、下記で詳しく説明します。

【国内】データサイエンティストの平均年収と近い職種の平均年収の比較

国税庁の「平成30年分民間給与実態統計調査」によると、日本人の平均年収は約441万円です。
以下で、データサイエンティストとそれに近い職種の平均年収を紹介します。どのくらい年収が違うのか比較してみましょう。

データサイエンティストの平均年収

データサイエンティストの平均年収

データサイエンティスト(正社員)の平均年収は、約730万円です。日本人の平均年収と比べると、かなり高めなことがわかります。

データサイエンティストは、重要な意思決定の局面で、データに基づいた合理的な判断を行うのが主な仕事です。膨大なデータや情報を適切に扱うスキルとともに、ビジネスやマーケティングなどに関する幅広い知識が必要です。

平均年収の算出方法
クリーク・アンド・リバー社が保有するデータサイエンティストの求人情報より、集計対象求人における給与水準の中央値の平均を示しています。

「データアナリスト」「データサイエンティスト」の求人特集

 

データアナリストの平均年収

データアナリストの平均年収

データアナリスト(正社員)の平均年収は、約640万円です。こちらも平均年収よりは高いですが、データサイエンティストより低くなっています。

データアナリストは、ビジネスに必要なさまざまなデータを分析する仕事です。データサイエンティストと異なるのは、意思決定そのものに関わるのではなく、分析業務に特化している点です。

平均年収の算出方法
クリーク・アンド・リバー社が保有するデータアナリストの求人情報より、集計対象求人における給与水準の中央値の平均を示しています。

マーケッターの平均年収

マーケッターの平均年収

マーケッター(正社員)の平均年収は、約570万円です。日本人の平均年収よりは高いものの、データサイエンティストに比べると低いです。

マーケッターは、マーケティングを行う専門家です。社会や市場のニーズを把握し、商品を売るための戦略を考えます。企業によっては商品やサービスの販売戦略を考えるだけでなく、企画や開発に関わることもあります。

平均年収の算出方法
クリーク・アンド・リバー社が保有するマーケッターの求人情報より、集計対象求人における給与水準の中央値の平均を示しています。

【海外】データサイエンティストの平均年収は?

海外でデータサイエンティストとして働く場合、年収は国内よりも高くなる可能性が高いです。もっとも年収が高いアメリカの場合、データサイエンティストの平均年収は約1,200万円といわれています。

アメリカで年収が高いのは、データの分析や活用がビジネスにとっての要だと考えられているからです。日本でもビックデータは重要なものとして捉えられていますが、アメリカではその傾向がより強くなっています。

また、日本よりも海外のほうが人材の流動性は高いため、優秀なデータサイエンティストを確保したいという企業が多いことも、年収が高くなる理由の一つです。

データサイエンティストが高収入な理由とは?

データサイエンティストは、国内外を問わず高収入な仕事です。ここでは、年収が高い理由を見てみましょう。

ビッグデータを取り扱うため

企業は、ビジネスのためにさまざまなデータを扱っています。特に近年はビジネスに関わるデータ量が増え、ビッグデータを保有する企業も増えています。そのような膨大なデータは素人には扱いが難しく、専門家でないと対応できない場合が多いのが実情です。

ビッグデータを持っているのは、大手企業が中心です。大手企業はもともとの給与水準が高いため、データサイエンティストの収入も高くなる傾向があります。

求められるスキルが高く人材が不足気味のため

データサイエンティストには、データを分析するスキルだけでなく、プログラミングやマーケティングなどさまざまなスキルが必要です。特別な資格こそ不要ですが、そのような高いスキルをもち合わせている人材はそれほど多くありません。

企業が優秀な人材を確保するためには、収入を上げる必要があります。人材が不足していることも、収入が高い理由の一つです。

データ分析の需要が高く求人数が増えている

企業が保有するデータ量は年々増加しています。それに伴い、データ分析の需要もどんどん高まっています。膨大なデータを分析するにはシステムによる効率化も有効ですが、そもそもシステムを活用するにも、データ分析の知見を持つ人材が不可欠です。

そのため、近年データサイエンティストの求人数は増えています。必要な人員を確保する手段として、収入も高く設定されることが多いのです。

特に、フリーランス求人は、高い報酬が得られます。どのくらいの報酬がもらえるのか?詳しくは、【データアナリスト】【データサイエンティスト】のフリーランス求人特集をチェックしてみてください。

データサイエンティストに必要なスキルは?

データサイエンティストには、専門性とともに高いスキルが必要です。
まず、ビジネスの課題を見つけ、解決する力が求められます。また、データを分析するために、人工知能を活用したり統計学を使ったりしなければなりません。単にデータ分析の方法を知っているだけでなく、実際に活用できることが重要です。

加えて、データの分析結果をもとに意思決定の基礎を作るデータエンジニアリングのスキルも必要となります。

データサイエンティストになるには?

データサイエンティストになるには、必要な知識やスキルを習得しなければなりません。大学で統計学やデータ分析などを学び、専門的な知識とスキルを身につけましょう。そのうえで、新卒で企業に入社し、キャリアを積んでいく必要があります。

ただし、高い専門性が求められるため、すぐにデータサイエンティストとして配属されるとは限りません。一定のキャリアを積みながら転職を目指したほうが、データサイエンティストとして活躍できる可能性が高まります。

 

データサイエンティストの求人一例

データサイエンティストに求められるスキルを知るためには、実際の求人情報をチェックするのが一番の近道です。
求人の一例をご紹介するので、参考にしてみて下さい。

まとめ

データサイエンティストは、ほかの職業に比べて年収が高い傾向があります。その分、専門性や高いスキルが必要なため、しっかり勉強してキャリアを積む必要があります。

クリエイティブ業界での転職斡旋に特化している「CREATIVE JOB」では、データサイエンティストの求人情報をたくさん取り扱っています。ぜひ自分のスキルと経験に合う求人を見つけて、転職で年収をアップさせましょう。

データサイエンティストの求人一覧

データサイエンティスト・アナリスト専門転職エージェントサービス

【無料】転職エージェント

データサイエンティスト・データアナリスト・データエンジニアなどに特化した求人情報を多数取り扱っています。
高い専門性を持つ専任の転職エージェントが、貴方のお悩み・課題を解決しマッチング率の高い転職支援をします。
ご登録・詳細はこちら
より豊かなクリエイター人生を!
様々な知見・発見を得てください。
CREATIVE VILLAGEは、

クリエイターの生涯価値向上のため、
有益な各種コンテンツを発信しています。
BACK TO TOP クリエイター求人を探す