「Webデザイナーになりたいけれど、何から学べばいいのか分からない」
「プロのWebデザイナーになるために必要なものは何なのか」
などなど、未経験者にとっては分からないことばかりです。

美大卒じゃないから、美術専門的な教育を受けていないから…と不安になっている方も多いと思いますが、Webデザイナーにとって必要なものは他にもたくさんあります。それらは意外と日々の生活に繋がる要素も。

そこで、今回は2022年4月28日に行われた“未経験からWebデザイナーになるには vol.1 〜Webデザイナーになるための必要条件〜”のイベントレポートをお届け。これから業界の知識やスキルを身につけていきたい方は必見です!

【この記事で得られる学び】

  • 未経験者がWebデザイナーになるために押さえておきたいポイント
  • プロのWebデザイナーが持っているスキル
  • Webデザイナーとして幅を持たせるために必要な要素

講座概要

Webサービスの普及とともに需要が高まっているWebデザイナー。コロナ禍の影響もあり、Webデザイナーを目指す未経験者も増えてきています。
Webデザイナーになるためにはソフトが使えたり、デザインスキルを持ったりすることも大切ではありますが、それ以前に知っておきたいことも。Webデザイナーになるための基本について説明します。

登壇者紹介

内田 祐生(うちだ さちお)氏
design fleet inc. 代表取締役/ディレクター、デザイナー、ライター、インストラクター

1969年東京都大田区生まれ。神奈川県横浜市在住。
大学は文学部国文学科へ進み、近代文学を専攻。在学中、出版や編集への興味からエディトリアルデザインへの興味が強くなり、後に専門学校でデザインを学ぶ。DTP制作会社から雑誌出版社編集部を経て、1999年にデザイン事務所のdesign fleet inc./有限会社デザインフリートを開業。
現在はデザイン(印刷/Web)のディレクションや制作、執筆活動の他、クリエイティブ系の専門学校で講師も務める。

design fleet inc. 代表取締役 内田 祐生氏

Webデザイナーになるために

未経験者がWebデザイナーになるためには「センスが必要なのか?」とよく聞かれますが、PCやネットに詳しいか、Webデザインを全体的なビジネス(商売)として考えられるかどうかが大切です。

そして、どうしても避けることができないのは、コーディングという作業。PCの前でソースコードを入力していく作業は多くのWebデザイナーが行っていることです。

<Webデザイナーになるための必要条件>
・PC・ネットの専門的な知識と、実務能力がある
・コーディングが苦手ではない
・Webデザインをビジネスとして深く考えることができる

この3つが基本です。ここからはキャリアの段階に合わせて、必要なスキル・考え方を整理してみます。