クリーク・アンド・リバー社(C&R社)は6月15日(火)、CXO/組織開発/経営に関わる方々を対象に、「ダブルハーベストから学ぶ!”生産性を上げる組織のつくり方”〜組織のデータ活用術〜」オンラインセミナーを開催します。

応募は締め切りました。

本セミナーでは、株式会社シナモン 執行役員/フューチャリストの堀田創氏にご登壇いただき、書籍『ダブルハーベスト 勝ち続ける仕組みをつくる AI時代の戦略デザイン』を基に、データ分析/活用をテーマとした”生産性を上げる組織のつくり方”について、お話をしていただきます。

セミナーでは、「データを農耕的に育てると事業/組織の価値が上がっていく」というダブルハーベストの考えのもと、組織開発/チーム運営をする中で、どのようにデータ活用していくと「生産性が上がる組織」へと変わっていくのか。この問いを主軸に、「企業におけるデータ活用の考え方・組織/チームへの組み込み・仕組み作り」など、書籍からの具体事例を交えて、データ活用の理解を深めていく場にしていきます。

シナモンAIの執行役員/フューチャリストの堀田氏の専門領域とする”AI/データ分析”のお話を通して、ご参加の皆様の組織開発にお役にたてるよう、ダブルハーベストの事例を基にご紹介させていただきます。

組織開発に課題をお持ちの皆様、この機会にぜひ本セミナーにご参加ください。

登壇者

堀田 創氏

堀田 創氏
株式会社シナモン 執行役員/フューチャリスト

1982年生まれ。学生時代より一貫して、ニューラルネットワークなどの人工知能研究に従事し、25歳で慶應義塾大学大学院理工学研究科後期博士課程修了(工学博士)。2005・2006年、「IPA未踏ソフトウェア創造事業」に採択。2005年より株式会社シリウステクノロジーズに参画し、チーフアーキテクトとして位置連動型広告配信システムAdLocalの研究開発を主導し製品化まで実現。また在学中にネイキッドテクノロジーを創業。その後、同社をmixiに売却。

その後AI-OCR・音声認識・自然言語処理(NLP)など、人工知能のビジネスソリューションを提供する最注目のAIスタートアップ「シナモンAI」を共同創業。現在は同社のフューチャリストとして活躍し、東南アジアの優秀なエンジニアたちをリードする立場にある。また、「イノベーターの味方であり続けること」を信条に、経営者・リーダー層向けのアドバイザリーやコーチングセッションも実施中。認知科学の知見を参照しながら、人・組織のエフィカシーを高める方法論を探究している

応募は締め切りました。

開催概要

開催日時 2021年6月15日(火) 15:00~16:00
スケジュール 14:50~ 開場
15:00~15:45 講演
15:45~15:55 質疑応答
15:55~16:00 C&R社からお知らせ
場所 オンライン開催
登壇者 堀田 創氏
参加対象者 ・CXO/組織開発/経営に関わる方
・クリエイティブ部門で経営に近いポジションを目指す方
参加費 無料
定員 100名
主催 株式会社クリーク・アンド・リバー社
応募締め切り 2021年6月15日(水) 14:00

応募は締め切りました。

お問い合わせ

株式会社クリーク・アンド・リバー社
CXOエージェント事業部
Email:cxo_seminar@hq.cri.co.jp