クリーク・アンド・リバー社は、「コピーライターになりたい!」という想いを持った方に向けて、「短期集中型の無料講座」を開催します。

期間は「約2カ月間(全10回)」。コピーの基礎が身につく「求人広告」をテーマに、ターゲット分析やコンセプト構築から、伝わるコトバの作り方まで、コピーライティングの作法をイチからじっくりと短期間でレクチャーします。今回の開催は、第2期目。第1期からさらにパワーアップしたモノをお届けします。

講座のコンセプトは、「かんたん、つかえる、おもしろい。(KATSUO)」
初めての方でも理解しやすい「かんたん」な内容。
実際の仕事で「つかえる」技術が身につけられる。
そして、コピーを書く「おもしろさ」に気づける。
そんな講座にすることを、ココにお約束します!

未経験から、プロのコピーライターとしてデビューしてみたい方。ぜひこのチャンスに、勇気を出して応募してみてください!

応募は締め切りました。

こんな方にオススメです

  • コピーライターになりたいけど、なかなかデビューできず困っている方
  • コピーの本格的な勉強をしたいが、費用を捻出できず困っている方
  • 本を読んだり文章を書いたりするのが好きで、それに関わる仕事がしたい方
  • 自分の書いたコピーで、誰かを喜ばせたり助けたりする仕事がしたいと思う方

当アカデミーのメリット

  • 受講費は、完全無料!
  • 約2カ月の短期間でスキルが身につく!
  • クリーク・アンド・リバー社(東証一部上場企業)が行っている講座だから安心!
  • 卒業後は、専属のエージェントが就業先や案件の紹介やサポートも行います!

カリキュラム

コピーライティングの作法を、座学およびワークショップ形式で習得を目指していきます。対象媒体は「求人広告」を扱います。これは、コピーの基礎となるコンセプト設定からライティングまでを早いサイクルで経験できる特性から。また、未経験からでもコピーライターとして就業しやすいことも大きな理由です。そして、より実践的なチカラを養うため、取材ロープレや写真講座も開催します。すぐに仕事で使える「総合的なコピーライティングスキル」が身につく講座となっています。

第1期受講生の声

  • 言葉(コピー)をより好きになって、もっと学んでいきたいと思うようになりました! by.受講生A
  • 講師の方々が優しく、毎回楽しく取り組むことができました。また、実際にコピーを書く機会が多く、実践も多かったので、タメになりました。 by.受講生B   
  • ただ漠然と考える、でなく目的を持って、誰に向けて、どんなことを伝えるか、考えることが身につきました。 by.受講生C
  • 初心者でも問題なく学び続けられる内容がとても良かったです!楽しくも充実感のある2ヶ月間でした。 by.受講生D

KATSUO修了生に聞く!

「KATSUO」第1期の修了生であり、クリーク・アンド・リバー社でコピーライターとして活躍するHさんに、講座の感想や仕事の面白さをお聞きしました!

――コピーライターになったきっかけは?
以前は、テレビの制作会社で働いていました。テレビ番組の企画書を書いたり、映像の管理なんかをしてましたね。それなりに楽しくやってたんですが、過労がたたってキャリアチェンジを決めました。

それでもともと、物語を考えたり文章を書くのが好きだったのもあって、次は「書く仕事」がいいかなと。そこで、コピーライターとしてクリーク・アンド・リバー社に入社したんです。でも、初めはなかなか上手くいかなくて…。文章を書くのとコピーを書くのは、結構勝手が違うことに気づきました。いきなり壁にぶち当たりましたね。

――駆け出しって大変ですもんね…。
そんなときに目に入ったのが、コピーライター講座「KATSUO」の告知でした。コピーライティングの「つかえる」知識が「かんたん」に「おもしろく」学べるなんてイイじゃん!って。でも、正直初めは不安もありましたよ。なんか変な名前だけど大丈夫か?って。でも、モノは試しだって思って受けてみることにしたんです。ま、無料ですしね(笑)。

――受講してみてどうでしたか?
まず、コピーや文章を書くための思考方法やアプローチの仕方が、明確に体系化されていることに驚きましたね。今までは、特別なセンスとか感覚のようなものがないと上手く書けないものだと思っていたので。

――印象に残った講座はありましたか?
普段の仕事では、取材をしてから原稿に起こすことが多いので、取材の心構えやワークショップは勉強になりましたね。あとは、ユーザー視点の思考方法でしょうか。これを身につけるだけで、文章がガラッと変わるのでかなり役立ちましたね。

――最後にひと言お願いします。
文章を書くというのは誰でもできるようで、できてない。そこが難しいんだと思います。だから、闇雲に書くよりは、まずは書き方の基礎から学ぶのが近道だと思います。そういった意味でKATSUOはお得な講座でした。もし受けようか迷ってる人がいたら、「とりあえず受けてみなよ!」って背中を押してあげたいですね。

応募は締め切りました。

講座コンセプト




「コピーライターになりたい!」…そんな想いを持っているあなた。
でも、はっきり言ってコピーの世界は厳しい。
途方もなく広がる、大海原のようなモノでしょう。
ときには、容赦のない荒波にさらされることもあります。
だからこそ、あなたにこの海で泳ぎ切るために必要な「コピーの技術」をここで授けます。
目指すのは、海をたくましく泳ぐ「鰹(かつお)」のように骨太なコピーライター。
コピーの世界は厳しいけど、泳げればきっと楽しい。
私たちは、そう信じています。
さあ、今こそ勇気を出してこの「大海」に飛び込みましょう。

講師紹介

高森 しんご
コピーライター/クリエイティブディレクター
千葉県松戸市生まれ。21歳の頃、中島らも氏に憧れてコピーライターを志す。制作アシスタントを経て、印刷会社、広告制作会社にて、コピーライター/編集ライターとして活動。オフィスカタログ、タウン誌、不動産広告などのコピーライティング・コンセプト設計を手がける。現在は、クリーク・アンド・リバー社にて求人広告の制作ディレクターとして活動中。好きな食べ物はラーメン二郎とコーラグミ。
高森 しんご

杉本 浩美
プロジェクトマネージャー/ディレクター・ライター
茨城県出身。高校生の時にジャーナリストを目指し、大学で国際政治を学ぶかたわら、サブカル雑誌の立ち上げ・編集に携わる。卒業後、オンラインニュースサイトの記者を経て、クリーク・アンド・リバー社のWebディレクター育成講座(WebDAS)一期生として、大手企業に派遣され、オンラインマーケティングの企画、ディレクションに従事する。数年前より求人メディアの制作に携わり、現在は求人制作チームの運営、新人育成をメインに活動している。
杉本 浩美

湯村 和哉
求人メディアユニット・リーダー/ディレクター
北海道出身。2008年より『ハンドメイド自転車メーカー』の商品開発・広報担当として、全国でセールスプロモーションや広告制作・各種イベントなどの開催を手がける。開発した自転車は2010年、2011年に2年連続でグッドデザイン賞受賞。その後、大手求人メディア会社に転職し、制作ディレクターとして約800社の企業取材を行った。同時にフォトグラファーとしての活動もスタート。企業撮影をはじめ、アーティスト・イベント撮影などに関わる。2016年よりクリーク・アンド・リバー社の求人メディアユニット・リーダーとして、各種大手求人メディアの制作に従事。好きな言葉は「でも、やるんだよ」。
湯村 和哉

応募は締め切りました。

開催概要

期間 2019年12月13日(金)~2020年2月21日(金)までの約2カ月間
【講義回数】全10回
金曜日 19:00~21:00(週1回開催)
場所 株式会社クリーク・アンド・リバー社
〒105-0004
東京都港区新橋四丁目1番1号 新虎通りCORE 5F ホールA
地図はこちら
応募資格 ◎20歳〜29歳くらいまでの方
◎金曜日 19:00~21:00 に毎回受講が可能な方
◎プロのコピーライターを目指している方
◎クリーク・アンド・リバー社会員登録および就職支援を受けられる方
◎職務経歴書と履歴書をお送りいただける方
受講料 無料
持ち物 筆記用具
定員 10名
主催 株式会社クリーク・アンド・リバー社
応募締め切り 2019年12月8日(日)23:59
備考 ※お申し込み後に、担当者よりご連絡いたしますので、ご返信にて履歴書・職務経歴書をお送りください。

応募は締め切りました。

お問い合わせ

株式会社クリーク・アンド・リバー社
デジタル・コミュニケーション・グループ
コピーライターデビュー講座担当
Email:CRwriter_academy@hq.cri.co.jp