年収アップやキャリアステップを考えたときに転職が選択肢の一つとなりますが「自分に合った仕事がわからない」「自分に何ができるのか」と悩む人も多いかと思います。

そのような人にまず必要なことは、スキルの棚卸しをすることです。
スキルの棚卸しをすることで自分の強みを理解し、キャリアステップの方向性やアピールポイントを明確にすることができます。

自分自身を客観的に見つめなおすことで、今までは気付かなかった新たな可能性が見つかるかもしれません。

なぜ転職前にスキルの棚卸しが必要なのか?

転職の際に大事なことは、自身のスキルと転職先企業が必要とするスキルがマッチしているということです。
相手企業に対して、自分にはこんなスキルや経験があるので貴社に貢献できますよ、ということをアピールする必要があります。

そのためにまずは棚卸しによって、自分にどのようなスキルがあるのかを整理することです。自分のできること、得意なことを客観視することで自分がどのような人材なのかを確認することができます。

しかし、スキルの棚卸しだけではまだ不十分です。
ここからさらに自己分析をすることによって、より深く自分自身を掘り下げていきます。
棚卸しに自己分析を加えることで、自分という人材の強みや特性を明確にし、相手企業への有効なアピール方法を見つけ出すことができるのです。

たとえば、今までの経験や自分の得意分野を伝え、さらに今後のキャリアステップの方向性をイメージしてもらうことで、自分自身を相手企業が必要とする人物像に近づけることができます。
自分に今現在どれだけのスキルがあるのか、今後はどのように成長していきたいのかを伝えることは、転職先企業とマッチする可能性を上げるために必要不可欠なのです。

特にクリエイターはスキルが重要視される仕事なので、自分に何ができて何に強いのかを知ることは、自分自身の今後の成長にも大きくかかわる重要なポイントとなります。

転職前のスキルの棚卸しでは何をすればいいのか

転職前のスキルの棚卸しでは何をすればいいのか

スキルの棚卸しと一言でいっても、具体的に何をしていけばいいのでしょうか。
棚卸しの方法は大きく分けて3つあります。

  • 今までの成果物の一覧を作る
  • 使ってきたツールをすべて書き出す
  • メインの業務とは別に覚えたスキルを書き出す

難しいことは必要なく、過去の業務でやってきたことを洗い出し、一覧として抜き出していけばいいだけです。
それではひとつずつ見ていきましょう。

今までの成果物の一覧を作る

まずは学生時代および、業務上で制作してきたものをすべて洗い出して、一覧表を作成します。成果物という名前の通り、今までにどのような成果を上げてきたのかという視点でまとめます。

ライターなら自分でライティングした文章になりますし、デザイナーなら実際に作成したWebページやデザインしたPOPとなります。
プログラマーなら開発したアプリなどでしょうか。

各成果物に対して、作成した際の目的や狙いなども記載できると、なおよいでしょう。
実績としての説得力が増します。

使ってきたツールをすべて書き出す

次に、洗い出した成果物を作成するにあたって使用した技術やツールを書き加えていきます。バージョンがあるものは使用したバージョンも記載します。

加えて、技術やツールの習熟度や使用年数なども記載しておくとよいでしょう。
これらを見れば、自分は何ができる人材なのかがはっきりしてくるはずです。

メインの業務とは別に覚えたスキルも書き出す

たとえばライターの方だと、Webデザインや出版業界と近い関係で仕事をされているケースが多いと思います。

  • 「CSSやHTMLが書ける」
  • 「Web制作の企画とディレクションができる」
  • 「流し込み程度だったらイラストレーターやインデザインを使って印刷用の版が作れる」

というような関連業務についての経験もあるかもしれません。
これらは一般の方にはなかなかできないことですので、自分のスキルとしてアピールできるポイントになります。

スキルの棚卸しをした結果を基に自己分析する

スキルの棚卸しをした結果を基に自己分析する

棚卸しした結果、自分のスキルについて客観的に見ることができるようになったと思います。さらにそこから自己分析をして、自分の強みや足りないものがなにかということを掘り下げていきましょう。

これらは後述するポートフォリオ作成に役立ちますので、しっかりと書き込んでいくことをおすすめします。

得意分野からアピールポイントを明確にする

たとえば、得意分野があればアピールポイントとしてより強く印象付けるにはどうするか、得意分野がなければ、アピールポイントを作るために必要なものは何なのかということを考えます。

自分のクリエイターとしての個性を表す部分ですので、相手に与える印象やインパクトを考えて形作っていきましょう。

苦手なことにも目を向ける

自己分析では苦手なことにも目を向けましょう。
過去の業務で苦労したことや足りなかったスキルを見つめなおすことで、自分に必要なことや得手不得手の傾向がよりはっきりします。

また、今後のキャリアステップにおいて、躓きそうなポイントを予め認識しておくことで、事前対策を講じることもできるでしょう。

今後のキャリアステップについて考える

今後のキャリアステップについて、自分の希望する方向性と、客観的に見た自分のスキルや経験がマッチしているかどうかも確認します。
そこから現在の自分に必要なものや、今後習熟すべきスキルを書き出し、将来のイメージをより具体的にしていきましょう。

大事なことは具体的なイメージができることです。
細かな部分まではっきりとイメージできるまで練り上げることで、相手にも自分の希望する方向性を明確に伝えることができるようになります。

転職に向けてポートフォリオを作成する

転職の際には履歴書や職務経歴書を作成しますが、クリエイターであればポートフォリオの作成も必須事項となります。
ポートフォリオを通して、採用担当者に自分がどういう仕事をしてきたのか、どういったことを得意としているのか、どのような考えを持っているのかという部分までアピールすることができます。

ポートフォリオを作る際の注意点やポイント

ポートフォリオといっても、単純に今までの仕事の作品集ではいけません。
あくまで、今までの成果物を通して自分自身を知ってもらうための資料となりますので、それぞれの成果物に対して書くべきポイントがあります。

まず、ポートフォリオの表紙となる冒頭ページには、自分のプロフィール、キャリア、スキルや経験、クリエイターとしてのポリシーや考え方、これからどんなクリエイターを目指したいのかといったビジョンをまとめます。

ここでスキル棚卸しにおいて掘り下げてきたことが活きてきます。
自分がどういった人間なのかをわかりやすくまとめることで自己紹介ページとし、次のページから成果物の紹介に移ります。

ライターのポートフォリオ作成のポイント

ライターの作品は文字ベースのため、ただ並べただけではインパクトのあるアピールにはつながりません。
その文章にどういったコンセプトや狙いがあるのか、キーワードやテーマがあればそれらの説明を加えていきましょう。

また、得意ジャンルのものをいくつか用意することで知識の深さを、複数のジャンルで用意することで知見の広さをアピールできるので、自分の方向性に合わせて準備しましょう。
雑誌の誌面、Webサイトなど最終的に掲載された媒体のキャプチャ画像を用意したりするのもよいでしょう。

エンジニアのポートフォリオ作成のポイント

エンジニアであれば、チームでの業務や開発も多いと思います。
しかし、チームでの仕事は自分の担当業務が伝わりにくいため、書き方に注意が必要です。

まずは自分が成果物のどの部分を担当したのかを明確にしておく必要がありますが、「○○を担当」といった簡潔な表現では相手にイメージが伝わりません。
全体的な業務や開発のなかで自分がどこにどのように関わったのか、できるだけ詳細に伝わるように気を配りましょう。

また、プログラミング系エンジニアの場合は、開発環境や開発言語、開発に要した時間なども記載しておきましょう。

デザイナーのポートフォリオ作成のポイント

Webデザイナーの作品は視覚的にわかりやすいため、ほかの職種と比べてポートフォリオの構成がしやすいでしょう。

自分が制作したWebサイトのトップページなど自分の作品性をアピールできるページの画像をいくつか挿入し、成果物作成時の作業環境や作成期間、担当した箇所などの説明を加えていきます。

ただし、画像だけではページの「動き」を表現しにくいため、WebページのURLを記載しておくと興味を持ってもらえたページを実際に見てもらえるかもしれません。

スキルの棚卸しは転職前だけでなく、常日頃から行うようにしよう

スキルの棚卸しは転職時だけでなく、在職中に行うことでも現在の自分の状況を明確にし、将来的なキャリアステップをイメージしやすくなるため、定期的に行うことをおすすめします。

特にプロジェクトが一段落した際には、そのプロジェクトで得た経験やスキルを加えていくことで自分の成長を実感しやすくなり、モチベーションにもつながると思います。

また、ポートフォリオはブラッシュアップしていくことで自分の強力な武器になるため、常日頃から整理・更新を心がけておくと、いざというときに心強いパートナーとなることでしょう。