クリエイティブ業界の注目情報や求人情報などを発信する、クリエイターのための総合情報サイトです。
ゲーム業界のサウンドクリエイターになるには?仕事と年収を知る

ゲーム業界のサウンドクリエイターになるには?仕事と年収を知る

ゲーム業界のサウンドクリエイターになるには、どのようなステップを踏めばよいのでしょうか。

この記事では、サウンドクリエイターの仕事内容、必要なスキルや年収など、転職するために押さえておくべき情報を紹介しています。

これを読めば、サウンドデザイナーについて理解を深めることができます。ぜひ一読ください。

ゲーム業界のサウンドクリエイターとは

ゲーム内で使われる音楽を作る仕事です。ゲーム会社に勤務することが多いですが、フリーで活躍している人も多々います。サウンドクリエイター自体にファンがつくことも多く、有名なクリエイターが制作に加わることでゲームの人気に大きな影響を与えることもあります。ゲーム内のサウンドは作品の雰囲気に大きな影響を及ぼすため、制作スタッフの中でも非常に重要な存在です。

仕事内容

ゲーム音楽の作成を行います。ゲーム内で使われるメインテーマやBGM、効果音などあらゆるサウンドを作成します。複数のゲームタイトルを1人で担当するケースが多く、ときには外注を使いプロジェクトを同時進行で回すことも珍しくありません。

求められるイメージに合ったサウンドを作曲し、制作スタッフと話し合いを重ね、必要に応じて手直しを行っていきます。

長いテーマ曲から一拍の短い効果音までさまざまな音を作っていかなければならないので、1つのゲームにおいて作成する楽曲が100を超えることも珍しくありません。社員であれば、基本的に社内でイメージを考え、数多くの仕事をこなしていきます。

年収

一般的なサウンドクリエイターの年収は、300~600万円程度です。(クリーク・アンド・リバー社調べ)しかし、実力によって収入は大きく異なります。知名度が高いサウンドクリエイターの場合は販促効果にもつながるため、収入も倍近く変わってきます。人気がある場合、ゲーム作品から派生してCDが制作されたり、コンサートが開催されたりすることもあります。実力と人気によって収入が大きく飛躍する職業と言えます。

作曲家との違い

サウンドクリエイターには、ゲーム会社に勤めてゲーム音楽を専門に制作するクリエイター以外に、サウンド制作会社でゲーム音楽に携わる場合があります。

サウンド制作会社では、ゲーム音楽以外にもドラマのBGMや効果音の制作にも携わります。
サウンド制作会社のクリエイターと比べると、ゲーム業界のサウンドクリエイターは活動の範囲は限定されます。ゲーム音楽においては、クラシック方面の作曲家がタイアップでゲームサウンドクリエイターとして起用されることもあるので、専門のサウンドクリエイターがいなければゲーム制作が成り立たないというわけでもありません。ゲーム業界のサウンドクリエイターは、作曲家の中でも“ゲームサウンド専門”という位置づけの職種です。

ゲーム業界のサウンドクリエイターになるには

ゲーム業界のサウンドクリエイターになるには
専門学校や音楽学科のある学校に進学し、その後ゲーム会社やサウンド制作会社に就職するのが一般的です。しかし、必ずしも専門課程の学校で学んでいなくても、独学でも作曲に関する知識やセンス、実力があれば学歴を問わずゲーム制作会社に就職することも可能です。

向いている人

作曲やゲームが好きな人に向いている仕事です。ゲームサウンドはシーンに合わせた雰囲気がとても大切であり、そもそもゲームサウンドに興味があるというような人でないと、これを作成するセンスの理解が難しいです。

クラシックを専門に学んだ人であれば、ポピュラーな曲を作曲してみたり、ゲームにふさわしい音楽とは何かを意識してゲームをプレイしてみたり、「ゲームサウンドとは何か」を日ごろから考えることが大切です。

また、楽曲制作にあたってはさまざまなスタッフと打ち合わせをすることになるため、コミュニケーション能力や協調性、どういったものを求められているのかという理解力、要求に対する折衝力なども必要になってきます。

人と関わることを得意とし、パソコンや音楽全般に対する造詣が深い、好奇心が良く多趣味、発想力が豊かな人に向いている仕事と言えます。さまざまなサウンドを作り出す楽しみはありますが、自分の思う音楽を作れば良いというわけではないため、この点は注意が必要です。

選ぶべき進路

将来を見据えて進路を考えるのであれば、サウンドクリエイターの人材育成を行っている専門学校や音楽大学に進学し、作曲について学ぶのも良いでしょう。ゼロ知識で採用してもらえる仕事ではないため、この仕事に就きたいのであれば、採用試験の段階でサウンドを作れるレベルになっていなければなりません。

こうした専門学校に通うことは、サウンドクリエイターになるための総合的なスキルを磨くのに役立つだけではありません。
ゲーム会社などの募集情報を集めてくれて、就職先の斡旋を行ってくれる学校もありますので、仕事を見つけやすいというメリットもあります。

ただ、昨今はパソコンを使い独学で作曲に勤しみ、スキルを磨いている人も多いので、必ずしも専門的な学校で学ばなければいけないということはありません。

学べる学校

エンターテインメント系の人材育成を行っている専門学校だと、サウンドクリエイターになるための勉強を専門的に行っていくことができます。東放学園専門学校やHALなどの専門学校が特に有名です。

必要なスキル・知識

作曲ができなければならないため、楽譜を読む能力は不可欠です。音源についてはコンピューターで作成できるため、楽器を弾けなければならないということはありません。
また、ゲーム内のサウンドというのはさまざまなメロディー、楽器の音色が折り重なるため、楽器について詳しい知識を持っていたり、クラシックから民族音楽まで幅広い知識を持っていると、サウンドクリエイターとして武器になるでしょう。そして、ゲームのサウンドは特殊なものが多いため、日頃からさまざまなゲームサウンドを耳にし、造詣を深めておくことも必要です。

必要な資格orおすすめの資格

一般社団法人である音楽電子事業協会認定のMIDI検定などがありますが、必須の資格は特にありません。サウンドクリエイターの世界は実力主義なので、作曲の能力とそのセンスが全てであり、仕事において資格がものをいうことはほとんどありません。

楽器演奏やマルチオーディオ業務などの実務経験を持っていると就職に有利なので、独学での勉強やゲーム制作会社でアルバイトなどを行っておくと良いでしょう。

サウンドクリエイターの将来性

スマホゲームの普及もあり、ゲーム業界全体は成長しているので、サウンドクリエイターの需要はとても高いです。しかし、大手ゲームメーカーの就職希望人気は高いため、サウンド制作会社に勤め、ゲーム音楽に携わるのも一つの方法です。人気も需要もあるので今後ますます重要になる仕事です。

まとめ

サウンドクリエイターは実力主義の世界であり、さらに実力を発揮できる場に身をおくことで大幅な年収アップも期待できます。そのためには、やはり有望なゲーム制作会社にサウンドクリエイターとして採用されることが有利です。普段から作曲のセンスと技術を高めて精度の高いデモテープを作成し、自らを売り込んでいく努力も大切です。

その他には、サウンド制作会社に所属し、独立系サウンドクリエイターとして名を売っていくことでも望む仕事を行っていくことが可能です。

クリーク・アンド・リバー社ではサウンドクリエイターの求人を紹介しています。「サウンドクリエイターになりたい」、「仕事内容についてもっと詳しく知りたい」などのご希望がありましたら、ぜひご相談ください。

サウンドクリエイターの求人一覧サウンドクリエイターの求人一覧