日本新聞協会広告委員会は、プロ・アマを問わず、全国の若手クリエーターを対象に、今年も新聞広告クリエーティブコンテストを実施します。
今年度のテーマは『新聞』。新聞広告の可能性を広げる、独創的で斬新な新聞広告を作ってください。入賞作品は、全国の新聞に掲載されます。

募集要項

応募期間 7月18日(水)~8月1日(水)午後4時必着

応募先〒100-8543
東京都千代田区内幸町2-2-1 日本プレスセンタービル7階
日本新聞協会「新聞広告コンテスト」係

※ 郵送、宅配、持ち込み(平日の午前10時から午後5時まで、最終日は午後4時まで)のいずれも可能です

テーマ 新聞
サイズ ブランケット判全15段(天地511mm×幅378mm)
※ 底辺から68mmの部分は完全に空白にしてください
※ 作品部分と余白を隔てる罫線は不要です
カラーまたはモノクロ
応募方法 作品は厚紙、パネル、イラストレーションボードのいずれかに貼って提出してください。データでの応募は受け付けません。応募票をダウンロードし、作品の裏面に貼り付けてください。
応募票ダウンロード(PDF形式・76KB)
最優秀賞 1点(賞状と副賞50万円)
優秀賞 1点(賞状と副賞10万円)
デザイン賞・コピー賞・特別賞 各1点(それぞれ賞状と副賞5万円)
学生賞 若干数(賞状と副賞3万円)
表彰 10月19日(金)に開催する「新聞広告の日」記念式典で表彰します
発表 10月上旬に、新聞協会会員社が発行する新聞および新聞協会ウェブサイトで発表します

注意事項

  • 一人何点でも応募できますが、シリーズ作品の応募は受け付けません
  • 未発表のオリジナル作品に限ります
  • 著作権、商標権、肖像権などで第三者の権利を侵害しないよう十分に配慮してください。第三者が権利を持つ写真、ロゴ、キャラクターなどを利用する場合は、権利者の許可証を添付してください。第三者とトラブルが発生した場合は、応募者自身の責任と費用において解決していただきます
  • 実在する個別企業(個人)名や新聞社名(題字、紙面、広告なども)は使わず、架空のものを作成してください
  • 新聞広告倫理綱領、新聞広告掲載基準にそぐわない作品は審査の対象となりません。こちら(http://www.pressnet.or.jp/outline/advertisement/)でご確認ください
  • 入賞作品は紙面掲載にあたって補作する場合があります。カラーの入賞作品でもモノクロ掲載となる場合があります
  • 入賞作品の著作権は新聞協会に帰属します
  • 入賞作品は、コンテストの趣旨に沿って、新聞協会ならびに新聞協会会員各社のPR活動に独占的に使用します
  • 応募時の個人情報は、選考・発表に関わる事項以外には使用しません
  • 入賞作品の発表時には、氏名、年齢、所属企業、学校などを公表します。受賞者の個人情報は、取材のため新聞協会会員各社に提供しますのであらかじめご了承ください
  • 応募作品は返却しません

審査委員

審査委員長 副田高行氏(アートディレクター)
審査委員 一倉宏氏(コピーライター)
児島令子氏(コピーライター)
照井晶博氏(コピーライター)
服部一成氏(アートディレクター)
新聞協会広告委員会の正副委員長

※ 50音順

詳細ページ

http://www.pressnet.or.jp/adarc/adc/2018.html

お問合せ先

〒100-8543
東京都千代田区内幸町2-2-1 日本プレスセンタービル7階
日本新聞協会「新聞広告コンテスト」係
TEL:03-3591-4407
Email:koukoku@pressnet.or.jp