データアナリストの求人や平均年収を紹介!仕事内容や必要スキルも解説

データの分析や調査、レポートなどを行なうデータアナリストは多くの企業で活躍できる仕事です。就職・転職をしたいけれど、実際にどのような求人があるのかが気になる方も多いでしょう。

そこで今回は、気になるデータアナリストの仕事内容や年収・必要スキルについて詳しく解説し、後半にはデータアナリストの求人をテーマ別に紹介します。同じデータアナリストでも仕事内容はさまざまなので、入社してから後悔しないためにも具体的に理解しておきましょう。

データアナリストの仕事内容とは?

データアナリストの求人内容を知る前に、まずはどのような仕事内容なのかを知っておくことが必要です。データアナリストは大きく分けて、コンサル型とエンジニア型の2種類があります。それぞれの仕事内容や特徴を知ることで探す求人も変わるため、しっかりと把握しておきましょう。

コンサル型

データ分析を通して、クライアントの課題解決や効果測定・検証するのがコンサル型データアナリストの仕事です。コンサル型の場合、問題点を解決するためのデータを選ぶところから業務がスタートします。解決するためのデータを選択後、分析結果をもとにクライアントが抱える課題について具体的な解決策を提案し、施策実施後の検証まで行なうのが一般的な流れです。

活躍の場はマーケティング会社やコンサルティング会社となり、統計学やSQLなどのスキルが求められます。

エンジニア型

Javaや機械学習といったプログラミングのスキルを求められるのがエンジニア型です。業務内容によっては分析データの選択から始まることもありますが、基本的に分析結果の解析からスタートします。分析結果を見て、サービスの品質向上を目的に消費者の動向や規則性・要求を探し出し、クライアントに具体的なプロダクトの改善や提案をします。

場合によっては、プログラミングのスキルを活かして、システムの実装に携わることもあるでしょう。活躍の場は、アドテクノロジー企業やWebメディア運営会社などです。

コンサル型とエンジニア型には業務の違いがありますが、2つの業務の領域には明確な線引きはなく、企業によって求められる役割が変わってきます。両方の業務を求められる場合もあるため、求人情報をしっかりとチェックしましょう。

データアナリストの気になる平均年収は?

データアナリストは、収集した情報を分析するプロフェッショナルとして活躍できる職業ですが、平均年収がどれくらいなのか気になる方も多いでしょう。データアナリストの平均年収は約600万円となり日本の平均年収と比較すると高くなっています。
専門性が高いこともあり給与相場も一般より高いですが、コンサル型・エンジニア型など求められるスキルによって、給与にも差があります。

勤める企業によっても大きく異なるため、平均年収の数値は参考程度に留めておきましょう。

データアナリストになるには?必要なスキル・資格を紹介


データアナリストは分析技術やスキルを求められますが、必要なスキルや資格を勉強すれば、未経験でもデータアナリストになることは可能です。ここでは、データアナリストになるために必要なスキル・資格を具体的に紹介します。

情報処理の基本スキル

情報処理は、ITに関わる方が扱うソフトウェアを活用するための知識や技術などを取り扱います。データアナリストになるには、情報処理の基本スキルは必ず押さえておきましょう。情報処理の資格としておすすめなのが、情報処理推進機構(IPA)が実施している「情報処理技術者試験」と「応用情報技術者試験」です。いずれもIT系の国家資格です。

「情報処理技術者試験」はスキルレベル2、「応用情報技術者試験」はスキルレベル3とスキルレベルが設定されているので、自分のレベルにあった試験を選択しましょう。

データ分析スキル

データ分析は必要な情報の選定や情報の読み解きに、統計学や数学の知識・スキルが必要です。就職後に困らないためにも、就職や転職の際は早めにデータ分析スキルを習得しておきましょう。データ分析の資格でおすすめなのが、「統計検定」「データベーススペシャリスト試験」です。「統計検定」は4級~1級まである資格で、データアナリストを目指すなら2級以上の取得をおすすめします。

「データスペシャリスト試験」は、経済産業省が認定している国家資格です。試験内容はデータベースの設計・管理に関する内容で、業務分析に関する知識が問われます。難易度が高い試験としても有名なため、受験する場合はしっかりと対策しましょう。

データベースの取り扱いスキル

データベースの取り扱いスキルは、分析するデータの抽出やプログラミングをするうえで必要になります。データベースの取り扱いにおすすめの資格は「Pythonエンジニア認定試験」「OSS-DB(オープンソースデータベース技術者認定資格)」です。

「Pythonエンジニア認定試験」はデータの可視化に必要な資格ですが、プログラミング初心者でも学びやすく、データ解析や分析に役立つのでぜひ取得しておきましょう。「OSS-DB(オープンソースデータベース技術者認定資格)」は、オープンソースデータベースに関する資格です。SilverとGoldの2種類がありますが、Gold認定はSilverを保有していることが条件となるため、最初は基礎的な知識を問われるSilverから挑みましょう。

データアナリストの求人をチェックしてみよう


データアナリストは仕事内容や必要なスキル、実務経験によって、チェックする求人の内容が変わります。

ここからは、クリーク・アンド・リバー社が保有している求人情報を紹介します。

【1】未経験OK!サポートから始められるデータアナリスト

エージェント推薦ポイント
推薦ポイント

最初にサポートや企画書を作成しながら経験を積んでいくので、働きながらデータ分析の知識を身に付けることが可能です。また、データ分析をするための上流工程の経験が積めることも魅力といえるでしょう。プロのデータアナリストのレクチャーを受けながら、未経験から成長できる環境に身を置けるため、未経験でデータアナリストを目指す方にとってうれしい求人です。

 


【2】経験者歓迎!幅広い業界の案件にジョインできる!

エージェント推薦ポイント
推薦ポイント

★稼働条件は柔軟に調整可能!
★週3日~ご相談可能です
★給与/報酬は、今までのご経験と実績によってご相談させていただきます。

 


参考になりましたか?

データアナリストは求人によって業務内容もさまざまで、未経験者が応募できる求人もあります。業務内容は、コンサル型とエンジニア型の2つに大きく分けられるので、自分がやりたい仕事を見極めて応募しましょう。

クリエイター特化型の求人・転職支援サイト「CREATIVE VILLAGE」では、データアナリストの求人をたくさん紹介しています。業界専任のエージェントから、希望や適正に合う求人を紹介してもらえるので、データアナリストの求人を探している方は無料登録をしてみてはいかがでしょうか。

 


【無料】就業支援サービス

クリエイティブ業界に精通したエージェントが、お一人おひとりの転職活動をきめ細かくフォロー。
会員にご登録いただくことで、社員や派遣から請負まで、さまざまな雇用形態の案件から最適な求人をご紹介します。
無料の就業支援サービスをご希望の方はこちら

Search

求人検索
Industry
職種を選択 Select
Location
勤務地を選択 Select

Pages

よく見られている求人
PAGE TOP▲