2020年春、新型コロナウイルスの感染拡大により、世界経済をとりまく状況は一変しました。それにともない、転職活動や働き方にも大きな変化がありました。特に、「転職したいが、この状況下で実現できるのか不安」「転職のタイミングを見計らっていたのに、動けなくなってしまった」といった方は、今後の状況が非常に気がかりでしょう。

今回は、コロナ禍で転職成功した方の経験をもとに、転職に向けての具体的なアクションを紹介します。

1 新型コロナウイルスの転職市場への影響は?

新型コロナウイルスの影響により経済活動の一部がストップしたため、多くの企業の今後が危ぶまれており、また転職市場にも大きな影響が出ました。

もちろん募集を停止したり延期したりする企業もありましたが、一方で、変わらず求人を出している企業も多く存在します。特にIT業界やWeb業界は需要の拡大も影響し、募集を拡大する企業も少なくありません。そのため、こまめに最新情報を収集しておきましょう。

コロナ 転職活動

「今すぐではないが、将来的に転職したい」と考えている方は、早い段階からプロの転職エージェントに相談してみるのもおすすめです。

突然のチャンス到来にも焦らず対応できるよう、しっかりと事前準備をしておくのがよいでしょう。

転職相談する

新型コロナウイルスの影響が少ない、ねらい目の業界は?

飲食業界やエンタメ業界、旅行業界など、新型コロナウイルスの影響で大きな痛手を受けています。

一方で、前述したように、オンラインで完結するIT業界やWeb業界については、反対に需要を伸ばしている状況です。

これらの業界はリモート化に対応しやすいこと、オンラインサービスの需要が高いことなどから、今後も安定して採用活動を行なうことが予想されます。転職を希望している方にとっては、今最もねらい目の業界といえるでしょう。

看護師→Webディレクター、アパレル販売職→Webデザイナーなど、大幅なキャリアチェンジを果たした求職者もいます。

クリーク・アンド・リバー社が運営するCREATIVE JOB(クリエイティブジョブ)では、IT業界やWeb業界のクリエイティブ系職種を中心に、幅広い求人を紹介するとともに、無料のエージェントサービスを提供しています。

Webの求人はこちら

2 Withコロナの時代は、転職活動や働き方も大きく変わった

新型コロナウイルスの影響により、今では対面を避け、インターネットを介したやり取りが当たり前になりました。

働き方も従来の形から変化し、転職活動で企業が求める人材・スキルも、まだまだ変容すると考えられます。ここでは、Withコロナの時代の働き方や、転職活動の変化について予測します。

2.1 面接方法

これまで:応募者が会社に出向き、対面で面接を行なう。
Withコロナの時代:電話やオンライン面接が主流に。

コロナ 転職活動

クリーク・アンド・リバー社(C&R社)では転職相談を随時受け付けております!

2.2 転職にかかる期間

これまで:平均2~3ヵ月程度かかる。
Withコロナの時代:3ヵ月以上かかる場合もある。

2.3 働く場所・働き方

これまで:オフィスワークが中心。
Withコロナの時代:テレワーク・リモートワークが主流になった。

2.4 求められる人材・スキル

これまで:近年は売り手市場であり、ポテンシャル重視の採用も多かった。
Withコロナの時代:経験・スキルを重視し、即戦力の人材を求める傾向が強まっている。

さらに、リモートワークの普及にともない、自己管理能力・文章で意図を伝える能力などが、今後さらに重視されると考えられます。

3 コロナ禍の今こそ始めたい!転職のための準備

新型コロナウイルスが今後どうなるのか、依然として先が見えない状況が続いています。コロナ禍での就活を成功させるために、まずは下準備をしっかりしておきましょう。

ここからは、実際にコロナ禍で転職に成功した求職者(20代・Webプランナー)のコメントを元に、有効な下準備を紹介します。

3.1 転職エージェントに登録する

以前までは、自分で転職サイトをみて、企業に直接応募をしていましたが、今回は、転職エージェントに登録しました。Withコロナ時代は市場の変化も激しいため「業界の最新情報を把握しているプロに相談できる」という点が非常に安心できました。

現在は求職者にとっては厳しい状況であるからこそ、プロの転職エージェントの助けを借りて、少しでも転職の成功率を上げるのが賢い選択のようです。

3.2 自身のスキルを棚卸しし、転職の目的を明確にする

リモートワークに伴い通勤時間が短縮されたため、これまでより自由時間を確保できるようになりました。その時間を使って、自分がこれまでに得た経験・スキルの棚卸しに集中できました。

やみくもに探すのではなく自分の弱みと強みを整理して客観的に分析することで、転職活動の方向性や、転職で何を実現したいのかという核の部分が見え、面接も有利になりそうです。

3.3 転職先に求める条件を決めておく

転職先に求める希望条件をあらかじめ明確にしておくことで、自分の基準にしたがって最適な選択ができました。

3.4 Web面接やリモートワークの環境を整える

事前にWeb面接やリモートワーク環境を完璧に準備することで、会話にズレが生じたり、相手の声が聞き取りづらかったりする事態を防げました。

オンライン面接やリモートワークが急速に一般化した状況下での転職活動には、安定した通信環境のほか、オンライン面接やリモートワークで使用するツールの用意が必須。映像や音声の途切れは印象に大きな影響を与えそうです。

また、直接対面して受ける面接とオンライン選考では、意識すべきポイントが少々異なります。オンライン面接で好印象を与えられるよう、以下の点をしっかり押さえておきましょう。

コロナ渦 オンライン面接

  • 背景は白い壁にする
  • 表情は豊かに、リアクションは大きくすることを心がける
  • ジェスチャーを交えて話す
  • 声色や抑揚を意識して話す

5 まとめ

コロナ 転職活動

前述のとおり、Withコロナの時代における転職は、活動期間が3ヵ月以上と長期化することも珍しくありません。「なかなか転職先が決まらない……」「思うように選考が進まず歯がゆい……」といった思いをする可能性も大いにあります。

しかし、疲れやストレスを溜めて体調を崩さないよう、就職活動は心に余裕を持って進めていきましょう。焦っても決して良い結果は生まれません。なかなか進展がない時こそ、履歴書や職務経歴書のブラッシュアップ、面接の練習などに時間をかけてみてください。このような時代だからこそ「今は何もできない」「転職は無理」と諦めるのではなく、積極的に就職活動を進めましょう。採用市場の厳しい状況に負けず、行動していくことが大切です。

今後、転職活動や働き方はさらに変化していくと予想されますが、決して焦らず、自分にとって最適な仕事への転職を実現してください。

転職相談する